情緒不安定の妻にフライパンで殴られ…不倫がバレ、子どもに会えない夫が語る“泥仕合”

情緒不安定の妻にフライパンで殴られ…不倫がバレ、子どもに会えない夫が語る“泥仕合”

妻とは大恋愛で結婚、それなのに…

 不倫がバレたら、どういう理由があっても不倫した側が責められてしまう。たとえ“された側”に相手を陥れる意図があったとしか思えない場合でも。今回は、妻側から詳細を聞いたわけではないが、さすがに気の毒だと思う事例ではある。【亀山早苗/フリーライター】

「裁判、相変わらず進展はないんですよ」

 数ヶ月に一度、ある会合で顔を合わせる田村圭祐さん(44歳・仮名=以下同)は、少し疲れたような表情でそう言った。彼から「妻が離婚調停の申し立てをおこなった」と聞いたのはコロナ禍の半年ほど前、つまり2年と数ヶ月になる。その後、調停は決裂、裁判になだれこんでいる現状だ。

「不倫していた僕が悪いのはわかっているんですが、これほど揉めることになるとは思いませんでした」

 そのころ彼はそう言っていた。

 圭祐さんが結婚したのは33歳のとき。1年ほどつきあっていた2歳年下のゆかりさんが妊娠したのを機に婚姻届を出した。大恋愛といってもいいほどだったから、もともと結婚するつもりだった。式の前に妊娠がわかっただけだ。

「年子で子どもができて、ふたりとも仕事を続けて。忙しかったけど楽しかったですよ、今思えば。協力体制ができていたし、愛があった。いつもオレたち最強の夫婦だよねと言っていたんです」

 ところが子どもたちが4歳と3歳になるころ、ゆかりさんがときおり荒れるようになった。仕事や家庭でのストレスが原因らしい。彼女はその後、休職した。

「あなたも仕事を休んで私の看病をしながら子どもの面倒もみてと言われたんですが、そんなことをしたら食べていけません。彼女は母がもう亡くなっているので、やむをえず、僕の母に上京してもらった。そうしたら母と妻の折り合いが悪くて、母は実家に戻ってしまうし、妻はさらに荒れるし……。僕、いきなりフライパンで頭を殴られたことがあるんです。何が原因だかわからなかった」


■フライパンで殴られ、ついに入院させた


 子どもたちが寝入った深夜だった。ゆかりさんが「仕事を休んでいる自分はダメな人間だ」と言い出したので、「その気持ちはわかる。でもきみはダメじゃない」と受け入れつつ慰めていると、彼女がふいっと寝室を出ていった。疲れていた圭祐さんはすぐに寝落ちしたのだが、次の瞬間、ものすごい衝撃で飛び起きた。

「フライパンを持った妻が僕のベッドに仁王立ちになっていたんです。刃物じゃないから切れはしなかったけど、見る見るうちに腫れ上がって大きなコブができました。何だよと言ったら、『私がこんなに苦しんでいるのに寝るなんて許せない』と。もう僕もこの状態には耐えられない。だから医師と相談し、彼女にも話をして入院させたんです」

 また母親に来てもらい、久しぶりに穏やかな時間を過ごした。子どもたちが寂しがらないので、それとなく聞いてみると「ママが怖かった」とようやく気持ちを吐き出した。ふたりとも泣いていたという。それからは、母とふたりで子どもの心の回復に努めた。家族でゆっくり過ごしたり遊園地につれて行ったり。

「私が来たころ、この子たち笑わなかったんだよ、あんた、気づかなかったのと母に言われて反省しました。妻の機嫌ばかりうかがう日々だったので。妻が子どもたちを叱る声が怖かったんです」


■たまたま出会った子供の保育士


 妻にはたびたび面会していた。日を追うにつれて表情が柔らかくなるのがわかった。妻自身も「私、どうしてあんなにカリカリしていたのかしら」と言うほどに回復したのが3ヶ月後。自宅療養を経て、そろそろと仕事にも復帰したが、なんとかやっていけそうだった。もちろん、しっかり安定したわけではないが、彼女自身が子どもたちと過ごすことを希望したのだ。

「ほっとしたのが38歳のころでしたね。僕が40歳のときに上の子が、翌年、下の子が小学校に入学して、これでもう大丈夫かなと思ったときに、子供の保育園でお世話になっていた先生とばったり会って……」

 ある夜、大学時代の友人数人と久しぶりに食事をしていたら、社内の他部署の女性に声をかけられた。彼女の席を見ると、そこに保育園の先生がいたのだ。どうして、とつぶやくと、彼女は「え、知り合い? 妹なんですけど」と驚いていたという。

「お互いにそんな偶然ってあるの、という感じでした。先生は『タカコさん』というので、子どもたちからタカちゃん先生と人気があったんです。僕も感じのいい先生だから、よくいろいろ話していた。でもレストランで会うと、先生というよりはとても素敵なひとりの女性でした」

 そのときは挨拶しただけだったが、友人たちと別れて駅に向かうと、またもばったりタカコさんに会った。ふたりとも笑ってしまったという。

「姉がカラオケに行こうと言ったんですが、今日はちょっとその気になれないと断って帰るところだった、と。僕も友人たちのもう一軒行こうという誘いを断ったんですよ、とまた笑い合って。最寄り駅が隣同士なので、同じ電車に乗って行きました」


■逢瀬は「ご褒美みたいなもの」


 だが、彼女が先に降りるとき、なぜか彼も降りてしまった。どうしても別れがたかったのだ。気持ちより先に体が動いた。申し訳ない、どうしてもまだあなたと別れたくないと彼は言った。

「彼女はクスッと笑って、『私も。もう一軒行きましょうか』と。駅前のバーで飲んでしゃべって。時間を忘れました。彼女もけっこう酔っていたので、送っていったんですが、部屋の前で彼女が『もうちょっと飲みましょ』って」

 もうこうなるとお互いに確信犯である。相手の気持ちをわかりながらいろいろ言い訳をしているだけで、ふたりきりになるのは暗黙の了解になっているのだ。これが不倫の始まりである。

「そんなつもりはなかった……と思います。でもねえ、ひとり暮らしの女性の部屋に入ったら、それはもう」

 彼女は彼より4歳下。実はバツイチなのだという。保育の仕事をしながら、今は大学院にも通っていると聞いて、その熱心さに圭祐さんは驚かされた。

「それを機会にときどき会うようになりました。彼女はうちの妻の病気のことも知っているので、僕自身はちょっと負い目みたいなものを感じていたんですが、まったく気にせず、目の前の僕のことだけを見てくれました」

 1年にわたって関係は続いた。もちろんその間、彼は早く帰れるときは子どもたちの夕飯の支度もしたし、妻のケアも心がけた。週末は家族で外出したりもした。ただ、妻の精神状態は不安定が続いた。けっきょく仕事は続けられず、退職して近所で週に数回、パートで働くようになっていた。ちょっとしたことで怒ってテーブルにおいてあったカップを投げつけられたこともある。

 それもあって、彼の心の中にはいつもタカコさんのことがあった。タカコさんと会うのは、いつも一生懸命がんばっている自分へのご褒美みたいなもの。逆に言えば、ふだんがんばっていないとタカコさんには会えないと自分に暗示をかけていた。家庭と恋を両立させるために、彼にはそういう思い込みが必要だったのだ。


■「不倫をしているのは知っています」


 ところが1年と少したったとき、帰宅したら妻も子どももいなかった。リビングの明かりをつけると、妻がいつも座っているソファがない。テーブルの上に置き手紙があった。

「不倫をしているのは知っています。いつやめるのかずっと待っていた。出ていきます」

 それだけしか書いてなかった。あわてて妻の携帯を鳴らしたが出ない。どこにいるのか連絡してほしい、連絡がなければ110番するとメッセージを送った。すると〈あとは弁護士に任せますから〉とだけ返ってきた。

 なぜバレたのか。圭祐さんは考え込んだ。のちのち弁護士との話し合いでわかるのだが、妻は彼の携帯にGPSを入れていたのだ。しかもそれは彼がわからないような形で仕込まれていた。妻が家を出ていくまでの数ヶ月間、彼は監視されていたのである。

「その後、家庭裁判所から連絡がきて、妻が離婚調停を申し立てている、と。そこから調停地獄が始まりました。その間、とりあえず婚姻費用を請求されました。別居中の生活費ですね。妻はパートで働いていて僕の被扶養者になっているので、年収が低い。結局、毎月20万円近い婚姻費用が算出されたんです。家のローンもあるのでそこまでは払えないと言ったら、『子どもさんに普通の生活をさせてあげてください』と言われて。サラリーマンだから額面はそこそこ高くても、実際に使えるお金はそんなにないんですよ」

 それでも婚姻費用は算出表に基づいて、あっけなく決定された。個々の事情はそれほど勘案されないようだ。

「妻は離婚を求めている。僕はできればやり直したいと思っていた。まずそこで意見が合わない。調停決裂、裁判離婚も考えましたが、離婚してくれれば子どもには会わせると妻は言う。しかたがないので離婚を受け入れるしかないかと思い始めたところで、コロナ禍になり、調停が一時期、まったくおこなわれなくなったんです」


■タカコさんとも疎遠に


 それでも婚姻費用は毎月かかる。同情したタカコさんが、ときおり食事をごちそうしてくれたが、彼女の家に行くときも彼は誰かに見られているのではないかとドキドキしていたという。

「そのうち、タカコさんに妻から慰謝料請求が行きました。職場にバレたら大変ということで、お互いに恋愛感情が一気に吹き飛んでしまった。もともとその程度の恋愛だったんでしょうね。いつの間にか会わなくなりました」

 仕事もリモートワークが推奨されたものの、彼は週に2回ほどは出社し続けた。そうでなければできない仕事が多かったからだが、たとえ在宅でできたとしても家にひとりいると気が滅入ってたまらなかった。

 その後、再度、調停が始まったわけだが、コロナの影響もあってなかなか事態は進んでいない。

「僕自身は弁護士をつけなかったんですが、そんなとき学生時代の友人が『それ、わざと長引かせているんじゃないか』と言ってくれた。妻側は婚姻費用目当てに引き延ばしにかかっている。確かにそうだ、と思いました。調停が決裂して裁判で争ったほうがいいかもしれないと思い、友人に弁護士を紹介してもらったんです」

 今年になってから裁判を起こしたが、離婚で合意しているものの、親権や財産分与では歩み寄りが見られない状態だ。

「いろいろ考えて、僕が親権をとろうと思ったんです。不貞を働いた身でと言われていますが、妻の暴力や精神的不安定を考えたら、僕のほうがマシなはず。弁護士さんががんばってくれていますが、婚姻制度ってとにかく妻側に有利にできているんですよね。裁判中ですが、子どもたちとの面会を要求しつづけ、先日、ようやく会えました。ごめんな、と泣きながら謝るしかなかった。子どもたちも泣いて。『もしおかあさんにぶたれたりしたら、こっそりおとうさんに言うんだよ』と言い聞かせました。子どもたちはけっこう僕の母に懐いていたので、おばあちゃんに電話してもいいんだからと。別居して約2年、今年11歳と10歳の子がすっかり大きくなっていました。これからはもう少し会うことができそうです」


■「妻を傷つけた」という認識の欠如


 本来は調停中、裁判中であっても子どもには会えるはず。会わせないのは違法なのだが、妻は何かと理由をつけてドタキャンしてきたのだという。

「妻も妻の弁護士もそうやっていろいろ画策するんですよ。もう僕は本当に疲れた。何もかも妻にあげて離婚しようかとも思うんですが、親権だけはとらないと……。そう思ってがんばっています」

 別れ話が長引いたせいで、子どもたちが自分の意志を反映できる年齢になってきたのはむしろ彼には好都合のようだ。

「どうなるかわかりませんけどね……。こんなにこじれるとは思いもしなかった。本音を言うと、僕自身、不倫したことなんてほぼ忘れているくらいです。離婚原因はなんだっけと先日も考えちゃいました」

 離婚の係争は長引くことが多いし、特に親権を巡ってはお互いに熱くなりがち。むしろ熱くさせて妻の精神的な不安定さを露呈させたほうが自分に有利になるかもしれないとまで、彼は考えている。

「あんなにゆかりのことが好きだったのに、どうしてこんなことになったのか。僕の不倫が原因だというけど、あれはあくまでも一時の恋。離婚して一緒になろうなんて考えてはいなかった。それなのにこんな泥仕合をしなくてはいけないなんて」

 長い間、断続的に話を聞いてきたので、圭祐さんには同情している。妻に何かしら意図があったのかどうかもわからない。ひょっとしたら「入院させられた恨み」があるのかもしれない。もしかしたら、彼にとっての「不倫の恋」と、されてしまった側の妻にとっての「夫の不倫の恋」とは、重みがまったく違う可能性もある。とはいえ、起こってしまったことは早期に決着をつけたほうがよさそうだ。今後も裁判に翻弄される年月が続くのは誰にとっても幸せではないのだから。

亀山早苗(かめやま・さなえ)
フリーライター。男女関係、特に不倫について20年以上取材を続け、『不倫の恋で苦しむ男たち』『夫の不倫で苦しむ妻たち』『人はなぜ不倫をするのか』『復讐手帖─愛が狂気に変わるとき─』など著書多数。

デイリー新潮取材班編集

2021年11月3日 掲載

関連記事(外部サイト)