ヨーロッパの王室離脱劇に見る「王族の条件」 平民と結婚した事例の顛末、求められる覚悟とは?

ヨーロッパの王室離脱劇に見る「王族の条件」 平民と結婚した事例の顛末、求められる覚悟とは?

現在アメリカ在住のヘンリー・メーガン夫妻

 王族の結婚が一大騒動になったのは、日本だけではない。数々の王室が残るヨーロッパでは、数十年前まで何人もの王族が、身分違いの結婚で王位継承権を剥奪されたり、王家を追われている。そこから王室はどう変わったのか。そして元王族とはどんな関係を築いてきたのか。

 ***

 古今東西歴史のなかには王侯の座を追われたものたちが大勢いる。「王侯」などという存在ははるか昔の物語などと思ってはいけない。第2次世界大戦後のアジアやアフリカでも、エジプト、イラク、リビア、エチオピア、イランなど、皇帝や国王たちが革命やクーデターによって玉座を追われた。21世紀になってからも、ネパールで王制が倒されたのは読者のご記憶にも新しいのではないか。

 しかしこれらの事例はすべて、主には政治的な理由によって追い出された王様たちの物語である。これ以外にも、儀礼や規律の厳しいヨーロッパ王室では、「結婚」によってその地位を追われた人々も大勢いた。

 現代において最も有名な事例は、英国王エドワード8世(在位1936年1月〜12月)が離婚歴のあるアメリカ出身の女性ウォリスと不倫の末に退位したものであろう。日本では「王冠をかけた恋」などと呼ばれ、世紀の大恋愛のように報じられたものである。

 しかしその実、エドワードの退位は「究極の無責任」ともいうべき事件であり、退位の翌年に結婚したふたりには苛酷な試練が待ち受けていた。第1次世界大戦を機にハプスブルクやロマノフといった帝室が次々と姿を消した当時にあっては、英国王室はヨーロッパ社交界の頂点にあり、そこから追い出されたふたりに近づこうとするものなどいなかった。

 こうした隙をついてエドワード夫妻にすり寄ってきたのが、かのアドルフ・ヒトラーのドイツ第三帝国だった。ヒトラー総統は、ベルリンを訪れた夫妻をまるで本物の「国王夫妻」であるかのように国賓待遇で大歓迎し、ふたりは有頂天になった。しかしそれは欧米各国からのふたりに対する視線をさらに厳しくしただけにすぎず、そのヒトラーが巻き起こした第2次世界大戦後に、エドワード夫妻はパリ郊外で静かな余生を過ごす以外になかった。

 ふたりは時折、英国王室の行事がおこなわれるときに帰国を許されたが、人生の大半はパリ郊外の屋敷にとどまっていた。エドワードは1972年に、ウォリスは86年にそれぞれ長寿を全うし、ふたりはいまではウィンザーの墓地に静かに眠っている。

 ウォリスの死から32年後の2018年5月に、そのウィンザーの王室チャペルで華やかな結婚式を挙げたのが、エドワードの姪にあたるエリザベス2世女王の孫ヘンリー王子であった。しかしそれからわずか2年後、ヘンリーとメーガン妃は突如、英国王室から離脱し、アメリカ大陸へと渡ってしまった。アメリカでは一時的に「時の人」としてもてはやされたふたりだが、イギリス国民の怒りは収まっていない。このふたりも、かつてのエドワード夫妻のように、しばらくは英国に戻ることはできない様子である。


■平民と結婚すると――


 ヘンリーとメーガンの場合は、自ら王室を離脱した事例であるが、厳格な規律を重んじるヨーロッパ王室では「身分違いの結婚」によって王位継承権を剥奪されたケースも多い。俗に「貴賤婚(きせんこん)」と呼ばれている。

 第1次世界大戦の原因となった、サラエボ事件の犠牲者である、ハプスブルク帝国の帝位継承者フランツ・フェルディナント大公もそのようなひとりであった。大恋愛の末に結婚した相手が、伯父である皇帝のお眼鏡にかなわず、大公自身の帝位継承権は認められたものの、妃との間に生まれた子どもたちは帝国を継承できなかったのだ。大公妃の実家は「伯爵家」であったにもかかわらず。皇帝や国王の妃は同じく王侯家の王女でなければならないと固く決められていた時代のことである。いくら伯爵家のお嬢様でも「貴賤婚」の対象とされる時代であった。

 第1次世界大戦と時を同じくしてヨーロッパでは、ハプスブルク家(オーストリア=ハンガリー)、ホーエンツォレルン家(ドイツ)、ロマノフ家(ロシア)の三つの帝室と無数の王侯家が姿を消した。しかし「貴賤婚」を厭う慣習は、生き残った各国の王家で続いていった。特に厳しかったのが北欧のスウェーデンである。


■厳格なスウェーデン王室


 スウェーデンでは1932年から46年の間だけで実に4人もの王子たちが、「平民」の女性たちとの結婚を理由に王位継承権を剥奪され、王室から追い出された。現在の国王カール16世グスタフ(在位1973年〜)のふたりの叔父たちもしかりである。

 そればかりではない。国王の3人の姉たちも同じ運命をたどっていったのだ。国王には4人の姉がいる。長女のマルガレータはイギリス人の実業家と結婚し、そのままイギリスへと移り住んでしまった。三女のデジレも同じく王室から離脱したが、彼女の結婚相手は「男爵」だった。それでもスウェーデン王室の慣例からすれば「貴賤婚」なのである。四女のクリスティーナもやはりスウェーデンの実業家と結婚した。

 姉妹のなかでは唯一、次女のビルギッタだけがホーエンツォレルン=ジグマリンゲン家の御曹司と結婚し、いまでも「王族」として遇される資格を有している。彼女の嫁ぎ先は、ルーマニア王家も輩出し、もとはプロイセン王家(ドイツ帝室)の分家にもあたる由緒正しき一族となる。

 ビルギッタ以外の姉妹たちは、本人だけは「王女(プリンセス)」の称号を名乗ることはできるが、「殿下(ハイネス)」の尊称で呼びかけられることはなく、また夫も子どもも王族扱いは受けず、王位継承権もないのである。

 こうした慣習に終止符が打たれるようになったのは、現在の国王の御代(みよ)になってからのことである。国王自身、いまだ皇太孫(国王の父は彼が1歳になる前に飛行機事故でこの世を去っていた)だった時代の1972年、自国選手団を応援しに向かったドイツのミュンヘンでオリンピックのコンパニオン役を務めていたドイツ人のシルヴィア(現王妃)と出会い、翌年に祖父が亡くなって王位を継ぎ、1976年にようやく彼女と結婚できた。

 シルヴィアはドイツ人の父とブラジル人の母のもとに生まれた「平民」である。その後、国王との間に生まれた王女ふたりと王子ひとりはいずれも「平民」と結婚している。

 こうして「貴賤婚」という言葉はスウェーデンにおいてももはや死語となりつつある。


■大反対された王女の結婚


 スウェーデンのお隣にあるノルウェーでも「貴賤婚」の伝統はやはり長らく続いていた。現在の王朝の初代国王ホーコン7世(在位1905〜57年)の妃は英国王エドワード7世の末娘モードであり、ふたりから生まれた次の国王オーラヴ5世(在位1957〜91年)はスウェーデン王女マッタと結婚している。

 そのオーラヴとマッタの身にも「貴賤婚」という運命が突然降りかかってきた。第2次世界大戦が終結してまもない1948年のことだった。

 ノルウェーは、1940年4月にナチス・ドイツ軍の急襲を受け、2カ月ほど抵抗したのちにホーコン国王とオーラヴ皇太子はイギリスへと亡命し、国内に残ったレジスタンス(抵抗運動)をBBC(英国放送協会)のラジオを通じて鼓舞していった。この間にマッタ皇太子妃と3人の子どもたちは、フランクリン・デラノ・ルーズべルト大統領からの招きを受けてアメリカで亡命生活を送っていた。

 1945年春にノルウェーは連合軍によって解放され、国王一家も故国に戻って国民とともに勝利を祝った。戦後から老国王の護衛官を務めるようになった若き将校もレジスタンスの闘士のひとりであった。その名をエアリング・ロレンツェンといった。やがて彼はアメリカから帰国した女性と恋に落ちる。誰あろう、そのお相手こそが皇太子夫妻の長女ラグンヒル王女であった。

「貴賤婚」に厳しいスウェーデン王室の出身であるマッタ皇太子妃がふたりの関係に真っ先に反対した。彼女のすぐ下の妹はベルギー王室に嫁いでいたが(現国王の祖母にあたる)、姉妹の弟は「平民」と結婚して1937年にスウェーデン王室から追放されていた。大事な長女をそのような目には遭わせたくない。マッタ妃の偽らざる気持ちであった。

 反対したのは彼女だけではない。老国王もオーラヴ皇太子も、エアリングのレジスタンス時代の功績に文句は付けられなかったが、王女との結婚ともなると話は別だった。ロレンツェン家は、ノルウェーでも屈指の商船業の大立者であったが、「王侯家」との結婚にこだわる当時の王室としてはふたりの結婚を認めるわけにはいかなかった。


■貴賤婚という考え方は徐々に消滅


 エアリングもこれ以上国王や王室、なによりラグンヒルに迷惑をかけたくないと、一度ならず関係を諦めようとしたが、最終的にふたりは愛を貫いた。ついに老国王がふたりの結婚を認め、1953年5月に華燭の典を挙げることができた。

 しかしふたりは結婚後すぐに海外へと旅立った。行き先はブラジル。ここでエアリングは家業に精を出し、やがてブラジルでも最大級の製紙会社まで傘下に収める大実業家となった。この間に、ラグンヒルにとっては祖父のホーコン7世、父のオーラヴ5世も亡くなり、1991年からは弟のハーラル5世がノルウェー王となった。ラグンヒルは、ノルウェー王室に関わる行事に招かれる以外はほとんど故国に戻ることもなく、ブラジルで生活した。

 ノルウェーでも母マッタの急逝(1954年)以後は、「貴賤婚」という考え方は徐々に衰えを見せていった。現国王のハーラルも「平民」出身のソニア(現王妃)との結婚を父王に認めてもらうのに9年の歳月を要した。ふたりの子どもたちはいずれも「平民」と結婚し、北欧の王室はもはや「貴賤婚」とは無縁のような存在となっている。


■21世紀の王室


 このように、つい70年程前まではごく普通におこなわれていた「王室からの追放」という処遇も、21世紀の今日には見られなくなった。古代や中世から続く王室も「時代とともに変わる」柔軟な姿勢を身に付けているのである。

 とはいえその一方で、時代とは関係なくいつまでも変わらない姿勢というものも感じられる。それは「覚悟」と「道徳的な態度」である。

「庶民」から王室に入る場合であれ、逆に「庶民」との結婚により王室を出て行く場合であれ、彼らには相当な「覚悟」が必要であった。それと同時に、王族であれ「元王族」であれ、彼らには「道徳的な態度」が求められたのである。

 スウェーデンでは1980年より絶対的長子相続制となっていたが、皇太子のヴィクトリア王女が、恋人のダニエルと付き合い始めた当初は父王からも国民の大半からも反対を受けていた。だがダニエルが外国語や歴史、政治や法律などを必死に勉強するとともに、宮廷儀礼なども学んで、7年後にようやく結婚したのである。

 また一方、同じスウェーデンのクリスティーナ王女は、弟のカールが国王となり、シルヴィアと結婚するまでの間、国会の開会式や国賓の接遇などさまざまな行事に出席し、「平民」と結婚した後もスウェーデン赤十字社の名誉総裁などを務め、数々の公務をこなしてきた。しかしこの間に彼女は王室からの歳費はいっさい受け取らなかった。

 クリスティーナの姉たちにしても、王室から離脱した後はそれぞれの人生を歩むことになったが、実家に金を無心することなどいっさいなく、また「元王族」の威光を借りて私利私欲に走ることなどもなかった。

 またノルウェーのラグンヒルは実業家としての夫の成功もあったが、2012年に82歳で天寿を全うするまで、父や弟に迷惑をかけることなどなかったのだ。

「貴賤婚」に基づく王室からの追放がまかり通っていた時代が遠く過ぎ去ったとはいえ、どのような出自であろうと、王族と結婚するからには、これからは「国民統合の象徴」の一翼を担うのだという「覚悟」と、あらゆる誘惑にも乗らない「道徳的な態度」とが問われるのが、21世紀の現代ヨーロッパ王室の姿なのかもしれない。

 19世紀のイギリスの政治評論家ウォルター・バジョットがいまから150年前に「王室はいまや国民から道徳的指導者とみなされている」と喝破したが、その傾向は現在でも変わりがないのではなかろうか。

 それはむろん、日本の皇室にも当てはまることなのである。

君塚直隆(きみづかなおたか)
関東学院大学国際文化学部教授。1967年東京都生まれ。立教大文学部卒。英オックスフォード大留学、上智大大学院史学専攻博士後期課程修了。博士(史学)。東京大客員助教授、神奈川県立外語短大教授などを経て現職。著書に『立憲君主制の現在』『悪党たちの大英帝国』など。

「週刊新潮」2021年11月4日号 掲載

関連記事(外部サイト)