藤井聡太が4冠へ王手 竜王奪取なら“あらゆる意味”で棋士のトップになる理由

藤井聡太が4冠へ王手 竜王奪取なら“あらゆる意味”で棋士のトップになる理由

第34期竜王戦七番勝負第3局(日本将棋連盟提供)

 優勝賞金4320万円。将棋の竜王戦七番勝負の第3局が10月30、31日の両日、カラスなぜ鳴くの…の「七つの子」や、赤い靴履いてた女の子…の「赤い靴」などで知られる詩人、野口雨情ゆかりの老舗旅館、福島県いわき市の「雨情の宿 新つた」で行われた。(粟野仁雄/ジャーナリスト)

 破竹の勢いの挑戦者、藤井聡太三冠(19=王位・叡王・棋聖)が93手で豊島竜王(31)に快勝して3連勝とした。早くも、11月12、13両日に山口県宇部市で行われる第4局に勝って竜王を奪取し、史上最年少の19歳3カ月で4冠になる可能性が出てきてしまった(最年少四冠記録は羽生善治九段(51)の持つ「22歳9カ月」)。

 なにしろ藤井は昨年夏、王位戦に初挑戦しながら木村一基王位(48)を4タテにして二冠目を奪っているのだ。

 藤井は昨年まで6連敗と「天敵」と見られていた豊島に対し、今年に入って11勝3敗と圧勝し、これで通算11勝9敗となった。

 双方、序盤ですぐに角を交換して二人が持ち駒にし、じっくりした戦いになった。豊島は一日目の終わる46手目の「封じ手」に1時間14分も使った。その封じ手「三四金」が開封された二日目。しかし、午後3時ごろになってもAI(人工知能)の評価値はほとんど五分だった。だが、勝負の決め手となったのが61手目の藤井の「2二角」である。銀と角が連携して守っていた豊島陣の狭っ苦しい場所に、割り込むように藤井が持ち駒の角を打ち込んだ。素人目には「もっと後で王手とかができそうな有効なところに打てばいいのに」などと思ってしまった。ところがこの手から、豊島の評価値が少しずつ下がってゆく。さらに豊島が1時間27分も長考した「2四桂馬」から急に評価値が下がり出し、最後まで藤井の優勢は動かなかった。

 最後は藤井の3四香車の王手で豊島竜王が投了したが、少し前から、豊島は盤から目を離して上方を見やったり、マスクを外してペットボトルの飲料を飲んだり、諦めたような様子だった。

 対局後、豊島は「あまり自信がなかった。どこでまずくしたのかははっきりはわからない。2二角と打たれて厳しかった」と振り返った。

 勝った藤井は「(豊島に)積極的に動いてこられて、どう対応すればいいか分からなかったです」。次への抱負を問われても「本局はわからないところが多くて…第4局までに少しでも修正していい状態で臨めればと思います」など、相変わらず謙虚な発言だった。

 感想戦は1時間も行っていた。普通は30分ほどで切り上げるが、二人は様々な可能性を盤上に現して研究し合っていた。AbemaTV解説の女流棋士が「ものすごく多くのいろんな変化をやってましたね」と話していた通り、二人は「勝負師」から「研究者」に変わっていた。


■深浦九段に敗退の理由


 藤井聡太三冠の将棋はますます「盤石」になってきたようだ。ところが、この日の熱戦の最中だった日曜の昼にNHKで放映されたNHK杯トーナメントでは、藤井は深浦康市九段(49)に敗れてトーナメント敗退した(NHK杯対局の収録はずっと前だが、放映まで勝敗は「極秘」になっている)。深浦は王位3期の経験のある実力者とはいえ、テレビを見ていた限り、藤井はなぜか見せ場もなくあっさりと深浦に負けてしまったのだ。

 NHK杯は番組放映中での1時間半弱で勝負がつく早指し将棋である。

 タイトル戦に初登場した頃の藤井は持ち時間の長い二日制の対局などでの時間配分が懸念材料とされていた。前半に持ち時間を多く消費し過ぎて終盤、秒読み将棋に追われてしんどくなっていたこともあった(だからこそ大逆転も目立ったのだが)。しかし、最近は落ち着いた時間配分をしている。この日の勝利では持ち時間を余していた。

 まさか、タイトル戦があまりにも多くなって、強かったはずの「早指し将棋」の感覚が鈍ったわけでもないだろうが……。


■「席次」の意味


 さて、藤井が竜王位を奪って4冠になれば、全8冠のタイトルに関して言えば続く棋士は渡辺明の三冠(名人・棋王・王将)そして永瀬拓矢(王座)だけだ。藤井はもはや、十代にして事実上のトップと言ってよい存在になるが、これを明確にする評価基準がある。

 あまり知られていないが現役棋士の「席次」である。もし、藤井が竜王位を奪取すれば、現役棋士の「席次トップ」になるのである。

 将棋界には年度ごとに勝ち数、勝率などで棋士を「査定」したランキングがあるがこれとは別である。この「席次」という概念、将棋ファンにはさして気になる順位ではないが、棋士にとっては非常に意味が大きい。

 なぜならば対局の時に座る位置を決める基準になるからだ。「席次」はその名の通り、対局で座る席に影響する。将棋では盤を挟んで「上座」と「下座」がある。これをめぐっても最近、逸話があった。2019年6月、永瀬拓也叡王が、既に無冠になっていた羽生九段と対戦した。「席次」ルールでは永瀬が上座だった。しかし、レジェンドに遠慮してしまった永瀬が下座に座っていた。しかし後から入室してきた羽生が、「いやいや、そちらへ」と上座へ行くように永瀬を促したのだ。これはとても「癒される」光景だったが逆もある。

 下座のはずの棋士が上座に座っていたケースである。主役はヒフミンこと、加藤一二三九段(81)である。1984年のある対局で、前年に加藤を破って名人を取った谷川浩司名人と加藤が対局した時のことだ。谷川が入室すると加藤が先にデーンとばかり上座に座っていた。若い谷川は「あれっ、自分が上座じゃないか」と思い、どこうともしない加藤の姿に名人の権威を傷つけられ、怒りもこみ上げた。しかし年長の大棋士を相手に「席を替わってくださいませんか」と言えずに我慢した。だが、怒りの気持ちを持ったまま勝負すれば負けてしまうと思い、冷静になるために洗面所にいって顔を洗ったという。ちなみに谷川が勝った。

 これらは有名棋士同士の話だが、将棋ライターの松本博文氏によれば、タイトルホルダーの席次は竜王と名人が別格だ。その他の順位はスポンサーや賞金額などで流動的だが、複数のタイトル訴持っている場合はこの順位から「席次」が決められる。「席次」はタイトル保持者だけではなくすべての棋士(四段以上)に適用され、「座る位置」は細かく決められている。

 さて、豊島は、藤井に竜王を奪われれば、無冠に転落する。わずか2年前には、豊島は三冠(竜王、叡王、棋聖)だったのだ。藤井はこれまで並み居る名棋士、大棋士を下してきたが、豊島が叡王に続いて藤井に二冠目の竜王を献上してしまうと「藤井台風」の「最大の被害者」と言ってもよい存在になってしまう。

 豊島は感想戦で、「ああーっ」「ああ」と指した手を後悔しているような声が目立った(いつものことかもしれないが)。どことなく、元気がなさそうな印象が気になる。第二局で連敗した時、加藤九段は「豊島さんの指し手がさえませんね(中略)。豊島さんが一矢報いると面白いですし、作戦を練りに練って臨んでほしいですね。そうじゃないと、一方的になりそうですから」と話していた。(ひふみんEYEより)。そして3局目も豊島は負けてしまった。

 記者会見などでの印象でしかないが、藤井聡太は極めて礼儀正しいが、誤解を恐れずに言えば、精神的に「図太い」ところがある気がする。一方の豊島は非常に繊細で少し気が弱いように見える。「藤井台風」で崖っ淵に飛ばされてしまったが、ここは女性ファンも多い豊島竜王に開き直ってもらい、奮起を期待したい。

 何しろ伝統の竜王戦では2008年、24歳だった渡辺竜王が38歳だった羽生名人の挑戦を受け、3連敗して絶体絶命に追い込まれてから4連勝して「奇跡の防衛」を果たした有名な歴史があるのだから。

粟野仁雄(あわの・まさお)
ジャーナリスト。1956年、兵庫県生まれ。大阪大学文学部を卒業。2001年まで共同通信記者。著書に「サハリンに残されて」「警察の犯罪」「検察に、殺される」「ルポ 原発難民」など。

デイリー新潮取材班編集

2021年11月6日 掲載

関連記事(外部サイト)