違法残業の「小山ロール」 著書で検証、パティシエ「小山進氏」も“やりがい搾取”された修行時代

違法残業の「小山ロール」 著書で検証、パティシエ「小山進氏」も“やりがい搾取”された修行時代

小山氏やりがい搾取被害者か

違法残業の「小山ロール」 著書で検証、パティシエ「小山進氏」も“やりがい搾取”された修行時代

小山氏の著作『「心配性」だから世界一になれた』(祥伝社)

 マスコミ各社は11月3日、ロールケーキ「小山ロール」で知られる洋菓子店「パティシエ エス コヤマ」(兵庫県三田市)の運営会社が、社員の半分に過労死ラインを超える残業をさせていたと報じた。担当記者が言う。

 ***

「労働基準監督署が残業の是正勧告を行ったという記事でしたが、これが2回目の勧告だったことも注目が集まりました。最初は2018年1月、社員や契約社員など約100人のうち55人に、そして21年1月には48人に、“過労死ライン”とされる月100時間を超える時間外労働を課していました。更に、一部社員への残業代の未払いも発覚しました」

「パティシエ エス コヤマ」は、“カリスマ・パティシエ”とも称される小山進氏が経営している。

「小山さんは1964年2月生まれの57歳。90年代末、『TVチャンピオン』(テレビ東京系列・1992〜2006年)のケーキ職人選手権でグランドチャンピオンに輝き、一気に知名度を獲得しました。その際に看板商品の『小山ロール』が誕生。2003年に兵庫県三田市に『パティシエ エス コヤマ』をオープンしました」(同・記者)

 県庁所在地の神戸市が人口約152万人なのに対し、三田市は約11万人。マーケティング理論からすると、人口密集地への出店は“常識”だ。

 それこそ小山氏なら、東京でも成功しただろう。三田市への出店は、融資を担当する銀行が難色を示したというエピソードも残っている。


■ブラック企業の定義


「味はもちろんですが、自然が豊かな郊外に建つ“高級スイーツの工房”というコンセプトも消費者から評価されました。『小山ロール』の値段は1本1000円を超え、賞味期限は“当日”とされているにもかかわらず飛ぶように売れ、1日に1600本を販売したという記録も残っているそうです」(同・記者)

 2011年からはフランスで開催されるチョコレートの品評会「Club des Croqueurs de Chocolat」にも参加。最高位賞を8年連続で受賞した。

「小山さんが非常に優れたパティシエであるのは論を俟ちません。Twitterを見ると今回の報道に、『バリバリのブラック企業だったんかい』という批判も殺到していますが、残業問題には触れず『小山ロール美味しい』という投稿もかなりあります」(同・記者)

 労働基準監督署から2回も是正勧告を受けているという事実だけでも、「パティシエ エス コヤマ」の悪質性は明らかだ。

 とはいえ、「典型的なブラック企業」の手口というわけではないようだ。労働問題に詳しい専門家は「やりがい搾取」の側面を指摘している。


■人材育成か、使い捨てか


 まず、改めてブラック企業の定義を見ておこう。一般的には「採用した若手人材を育成する考えがなく、人件費の安いうちに使い潰す企業」と説明している。

「例えば野村証券やリクルートといった企業でも、長時間残業や過重なノルマが問題になったことがあります。しかし、2社はブラック企業と言えないところもあります。まず、低賃金ではありません。更に両社は、脱サラ組を含め優秀な人材を輩出しています。企業風土に問題があったにせよ、両社が大卒の新人を育て、一人前の社会人にしようと考えていたことまでは否定できません」(同・記者)

 正真正銘のブラック企業は、人材を育てるという考えがない。目標は「人件費の圧縮」だけだ。

「学校を出たばかりの新人を筆頭に、20代は社会人の経験に乏しく、会社の指示に従ってしまう傾向があります。これをブラック企業は悪用し、若者を低賃金と異常な残業でこき使うのです。労働環境に社員が疑いを持てば、これ幸いと会社から追い出してしまうケースもあります。『経験を積んだ社員など必要ない。代わりに若い素人が入社してくれたほうがありがたい』と考える会社もあるほどです」(同・記者)


■今も残る“徒弟制度”


 ブラック企業の場合、「この仕事をどうしてもやりたい」という社員ばかりではない。入社して異常な就労実態に気づく者もいる。

 一方、やりがい搾取が横行する職場は、「どうしてもこの仕事をやりたい」と強い意欲を持つ新人が少なくない。低賃金や残業に直面しても、それを是認する傾向がある。

「一説によると、やりがい搾取が横行する業界は、医療、介護、教育機関、アニメやテレビ番組などの制作、そして飲食だそうです。医療や教育などは社会的に重要な仕事だと考えられており、患者や老人、子供のため、従事者は身を粉にして働きます。映像や飲食業界は職人的な技能を継承する側面があり、依然として“徒弟関係”が存在します。先輩の言うことは絶対で、『一人前になるためには低賃金もやむを得ない』、『優れた作品や商品を作るには時間をかける必要がある』という考えが横行しやすいと言えます」(同・記者)

「パティシエ エス コヤマ」は毎日放送(MBS)の取材に、「時間をかけていいものを作る、技を磨くというスタイルを誰も疑ってこなかった」と弁明した。まさに「やりがい搾取」が常態化していたことが分かる。


■小山氏も“やりがい搾取”の被害者!?


 小山氏は『丁寧を武器にする』、『「心配性」だから世界一になれた』、『あなたの「楽しい」はきっと誰かの役に立つ』(以上、祥伝社)などの著作を上梓している。

 3冊の著作に目を通すと、小山氏自身が「やりがい搾取」の横行する環境で修行を積み、パティシエとしての才能を開花させたことが分かる。

「小山さんのお父さんもケーキ職人だったそうですが、忙しくて家にはほとんどいなかったそうです。著書には、母親の『ケーキ屋は夜は遅いし、休みも少ないし、給料も安い。クリスマスとか、お正月とか、みんなが楽しいときに楽しまれへんで』との言葉が紹介されています」(同・記者)

 母親の言葉に従い、小学校や中学校では勉学に力を入れ、成績はトップクラスだったという。だが高校生になって父親の元でアルバイトをすると、菓子作りの魅力の虜になってしまった。調理の専門学校に進学し、将来はケーキ職人になりたいと打ち明けると、母親は泣き崩れたという。

「中堅の洋菓子メーカーに就職したそうですが、そこは直営店も展開していました。小山さんは最初、喫茶部門を担当させられます。ケーキと紅茶を出す仕事ですが、メニューにトーストもあったそうです。小山さんは自分のアイディアで、バターをバラの花の形にしました。これがたまたま社長の目に留まって絶賛され、パティシエに大抜擢されたそうです。著書の中で『自分は心配性だから充分に用意をしておかないと不安で仕方がない。人と同じことをしていたら気が済まない。どんなことでも、他の人が1なら、僕はその倍をやろうと思った』と述懐しています」(同・記者)


■出世しても苦しい生活


 みるみるうちに頭角を現し、21歳で小山氏は店長を任された。会社側としては筋金入りの菓子職人ではなく、経営全般を見ることのできるオールラウンダーとして育成しようとしたようだ。

「28歳の時、小山さんは営業を担当するように言われたそうです。デパートを回ったり、イベントを企画する傍ら、パティシエのコンクールには出ていいと会社から許可をもらったそうです。営業マンとしてフル稼働していますから、休日を潰すことも少なくなかったはずです。その結果、いくつもの賞に輝き、テレビ東京から『TVチャンピオン』の出演依頼が持ち込まれたわけです」(同・記者)

 これだけ会社から評価されていた小山氏が独立することになったのは、やはり給料が安かったからだという。

「特に子供さんが難病で、治療費の捻出が大変だったそうです。いわば生活費を稼ぐために辞めたようなものです。ご本人が著作やインタビューで恨み節を口にしたことはありませんが、客観的に見ればやはり、“低賃金でこき使われていた”と言われても仕方ないのではないでしょうか」(同・記者)


■残業代未払い


 独立してからの快進撃は前に見た通りだ。こういう経歴の持ち主であることと、今回の残業問題は、やはりリンクしている可能性があると言わざるを得ない。

「時間をかければかけるほど、商品の質が上がるというのは事実かもしれません。ただ、1回目の是正勧告に従っていない点は、やはり消費者からの批判が強いようです。更に、残業代の未払いは大きな問題ではないでしょうか。20年8月期の売上高は約18億6000万円です。飲食業界で残業を減らすのは大変なのかもしれませんが、ならば少なくとも給与で報いるべきでしょう。低賃金でこき使っているのであれば、やはりブラック企業と批判されても仕方ないはずです」(同・記者)

デイリー新潮取材班

2021年10日10日 掲載

関連記事(外部サイト)