社内不倫していた繊細な夫 彼女と別れた今、「妻と愛人」へ不信感を抱いてしまう理由

社内不倫していた繊細な夫 彼女と別れた今、「妻と愛人」へ不信感を抱いてしまう理由

初めて自分を見失う体験をしたと潤さんは言う

 現在の婚姻制度では、“不貞”をしてはいけないことになっている。だが実際には、おそらく繁華街で石を投げれば不倫している人に当たるくらい、「よくある話」だ。

「結婚したら他の人に恋をしてはいけないというのが、そもそも無理なこと」と言われる。結婚してから本気で好きになる人と出会ってしまうこともあるのだから。【亀山早苗/フリーライター】

「僕の場合、妻に非はない。それなのに恋をしてしまいました。でも彼女とは愛があるのに、いや、愛があるからこそ別れました。身が引き裂かれるほどつらいけど、彼女が同じように感じているかどうかはわからない。理不尽な話ですよね」

 目を潤ませながらそう訴えるのは、宮田潤さん(43歳・仮名=以下同)だ。同い年の妻・奈美絵さんとの間に、14歳のひとり娘がいる。

「妻とは友だち婚ですね。同じ会社の同期なんです。奈美絵は出会ったころからまったく変わっていません。友人が多くて明るくて、彼女が落ち込んだところをほとんど見たことがないんです。異常なほどのポジティブ思考(笑)。それで仕事もうまくいっている。だけど陰気な夫としてはつらいこともあります」

 10年ほど前、奈美絵さんは若くして婦人科系のがんにかかった。ごく初期に発見されたものの、「普通だったら、やっぱりショックで落ち込むのではないか」と潤さんは言う。ところが奈美絵さんは宣告されたその日に、グーグーいびきをかいて寝ていたそうだ。あとから聞くと、「体力つけないといけないと思って、いつもよりたくさん食べたらすぐに眠くなった」と笑っていたという。どれほどの胆力なのか。

「僕は奈美絵よりもうちょっと繊細なんですよ(笑)。たとえば洗濯物ひとつとっても畳み方が気になるし、料理も繊細な和食が好き。でも奈美絵は洗濯物なんて乾いていればいいし、料理はボリュームのあるものが好き。がさつというと言い過ぎですが、大雑把ではありますね。だからといって、僕が繊細であることを笑ったりはしない。そこが彼女のいいところです」

 惚気ているように聞こえるが、決してそういう意味ではない。一緒に生活していくには繊細な潤さんのほうが「我慢することが多い」のだそう。だからといって離婚したいわけではないし、妻の大雑把さを好ましく思ってもいる。

「ひとり暮らしの母が風邪をひいて寝込んだとき、奈美絵はすぐに駆けつけてくれる。だけど手の届くところに飲み物や熱いおかゆなどを用意すると、さっと帰ってしまうと母が言っていました。奈美絵としては風邪がうつったら大変だし、自分がいてもしてあげられることは他にはないという考え。重病ではないし、対応としては正しいんですが、そこが奈美絵の奈美絵たるゆえんなんですよね。普通はもうちょっと情のある接し方をするでしょ。彼女は情が深いタイプです、本当は。だけどいざとなると理屈で動く。しかも大雑把に。そこがおもしろいんですけどね。僕なら用がなくても病人のそばに居続ける。そこが違う」


■「奥さんは出世しているのに、きみはダメだなあ」


 理と情のバランスが絶妙なのかもしれない。ある意味ではわかりやすいので、潤さんとしては、「こういうとき奈美絵ならどう動くか」はすぐ察知できるという。

「それだけに人としての興味を失ってしまったのかなあ。言い方が悪いですね。そうじゃなくて、奈美絵をリスペクトはするけど、感情の起伏がなさすぎて一緒にいると疲れるというか……」

 贅沢な言い分である。決して不機嫌にならない妻がいることを、世の男性がどれほど羨ましがるかわからない。

「隣の芝生は青いんでしょうかね」

 潤さんは苦笑した。

 奈美絵さんは会社の花形ともいえる営業部に所属している。取引先を熱心に訪問することから信頼も厚い。次期営業部長という噂もある。

 一方の潤さんは、入社当初から総務や人事など会社の土台を支える部署を行ったり来たり。華やかに活躍するタイプではないと自分でもわかっている。

「昔は『奥さんは出世しているのに、きみはダメだなあ』と上司に言われて傷ついたこともあります。でも娘の世話は僕のほうがうまかったし、今も僕に懐いている。向き不向きがありますから、彼女は仕事に向いていて、僕は家庭に向いていたんでしょうね」

 奈美絵さんも、「ダンナの立場も考えてやれ」と職場で言われたことがあるそうだ。もちろん、奈美絵さんはそんなことは気にもせず、自分の道をまっしぐらに進んできた。そういうところも潤さんから見ると「羨ましいし尊敬する。でも僕にはできないなと思う」そうだ。


■一回り年下の茉利奈さんと出会い…


 3年ほど前、潤さんが所属する部署に異動してきたのが、一回り年下の茉利奈さん。前は営業職で、「奈美絵さんに憧れていました」と頬を上気させて話してくれたことから、潤さんは「いい子だな」と率直に感じた。

「彼女は仕事のできる人だから、今のうちに社内のいろいろな部署を経験させておこうということじゃないかと僕は思っています。奈美絵は営業一筋ですけど、それは奈美絵がすごくエネルギッシュな人材だから。茉利奈ちゃんは、もうちょっといわゆる“女の子っぽい”感じでしたね」

 茉利奈ちゃん、という言い方にそこはかとなく愛情が漂う。指摘すると照れたものの、彼はずっとその言い方を貫いた。

 潤さんが仕事の説明をすると茉利奈さんはメモをとりながらきちんと聞く。だがふいに、必要以上に近づいてきたりするので潤さんは閉口した。茉利奈さんがまとっている香水が潤さんの心を惑わせるのだ。

「女性にクラクラしたのは彼女が初めてです。いい年したオヤジが何を考えているんだと自分で自分を戒めていたけど、そのうち顔を見るだけでクラクラきて」


■男でいられるのはあと何年なんだろう


 初めて自分を見失う体験をしたと潤さんは言う。それでも家庭をもつ身、しかも妻は同じ会社なのだと必死で自分を抑え込んだ。そんなとき、学生時代の友人が離婚したと聞いた。

「会って飲んだんですが、この年で離婚するのは大変だと言いながら、なんだか楽しそうだった。実は他に好きな人ができて、それがバレての離婚だったそうです。彼には子どもがいなかったから、妻に愛想をつかされた形で離婚できたけど、うちだったらそうはいかないなあとつくづく思いました。でも彼の言葉は印象的でした。『男でいられるのはあと何年なんだろう。そう思ったら、人生の後半、本当に好きな女性と一緒にいたいと思ったんだよ』と。『恋がしたかったと思いながら死ぬのは嫌だった』とも」

 ちょうど“恋”を意識していた潤さんにとって、その友人の言葉はよほど心に突き刺さったようだ。家庭は大事、だけど最後の恋をするのも悪くないかもしれない。ふとそんな思いがよぎった。それでもまだ、理性で自分を抑え込むことはできていた。


■彼女には素の自分を見せられた


 それができなくなったのは、彼女への恋心を意識してから1年近くたったころ、ひとり暮らしの母が急逝したのがきっかけだった。持病もなかったのにスポーツジムで突然倒れ、そのまま帰らぬ人となってしまった。

「いきなり死なれてあまりのショックで、10日ほど会社を休んでしまいました。奈美絵は葬式が終わるとすぐ仕事復帰していましたが、僕はとても仕事などできなくなって。僕には兄がひとりいるんですが、遠方に住んでいるので、やはり葬式が終わるとバタバタと帰っていきました。ひとり取り残されたような気がしてね。その2日前に娘と一緒に行って食事をしたんですよ。奈美絵は残業で来られなかったけど、母は娘の大好きなハンバーグや煮物を作って待っていてくれた。いつもと変わらなかった。ただ、70歳を越えた母が少し小さくなっているような気がして、帰り道、そろそろ同居を考えようかと思っていたところでした」

 茉利奈さんはすぐに連絡をくれた。さりげなく慰め、励ましてくれた。いくつになっても親が亡くなれば悲しいことを、この子はわかってくれる。潤さんはそう思ったという。

「やっと会社に出た日、茉利奈ちゃんが食事に誘ってくれたんです。その日は奈美絵が早く帰れると言っていたから、ふたりで食事に行きました。『宮田さん、痩せましたね』と言われて不覚にも涙ぐんでしまった。恥ずかしかったけど、なぜか彼女には素の自分を素直に見せることができたんです。ああ、オレは泣きたかったんだと初めてわかりました」

 店を出ると、茉利奈さんは「うちで飲み直しませんか」と言った。潤さんがともするとすぐに涙ぐむのを案じて言ってくれたのだ。ありがたかった。自分の悲しみに埋没していた彼は、その誘いを受けてしまう。

「部屋に入ると茉利奈ちゃんが抱きしめてくれて。自分が母親に抱かれているような安心感がありました。もう、頭がこんがらがってそこからのことはほとんど記憶にないんですが」

 潤さんはそう言ってごまかした。だが、柔らかく抱きしめられたとき、母への思慕が高じたのは確かだろう。


■「料理教室に通う」と家族に告げ


 だが現実は「不倫」である。どんなに優しさに満ちたきっかけでも、始まってしまえば「ただの不倫」として見られるのだ、世間的には。そしてそういうことをわかっていながらやめられないのもまた恋である。

「定期的に会うようになってから、茉利奈ちゃんはことあるごとに『私は宮田さんに家庭があるのはわかっていますから』『憧れの奈美絵さんに申し訳ない』と言うようになりました。そういうことは言わないでおこう、ふたりだけの関係を大事にしたいと僕は言っていたんですが、彼女はやはり思うところがあったようです」

 だが数ヶ月たつうちに茉利奈さんも落ち着いていった。潤さんは「学生時代の友人に誘われたので、毎週土曜日に料理教室に行ってみる」と家族に告げた。教室に申し込んだのは本当だが、友人に誘われたというのは嘘だった。実は月に2回なのだが、毎週だと嘘を重ねた。どうしても茉利奈さんに会う時間がほしかった。

「娘が喜んでいましたね。妻に『毎週、作ったものを持って帰ってきてよ。楽しみにしてるから』と言われてぎくりとしました。毎週は持って帰れない。でも適当にごまかそう、なんとかなると見切り発車しました」


■自宅で“鉢合わせ”


 料理教室に通い始めて3ヶ月がたったころ、その日に作ったものを持って帰ると玄関に女性ものの靴があった。

「茉利奈ちゃんの靴に似てる。そう思いました。まさかとリビングに入っていくと、奈美絵と茉利奈ちゃんがソファにくつろいでお茶を飲んでいたんです。茉利奈ちゃんは立ち上がって『急にお邪魔してすみません』と頭を下げました。奈美絵が『さっきうちの部の若手と電話で打ち合わせしていたら、茉利奈さんの話が出たのよ。また営業に戻ってきてほしいねって。それで急に会いたくなって誘っちゃったの。今日はうちにおいしいものがあるからおいでって』と笑っていました。女性ふたりは落ち着いていたけど、僕はもう心臓がバクバク音を立てていて……。茉利奈ちゃんがよく平気でうちに来るものだとびっくりしました」

 その日、潤さんは動揺のあまり皿を2枚割った。茉利奈さんは潤さんが持ち帰った料理を食べ、さらに奈美絵さんに勧められるままに宅配でとったピザもおいしそうに食べた。そのうち娘も帰宅し、世代の違う女性3人が仲良くしゃべり続けていた。潤さんは早々に自室に引き上げたという。

 茉利奈さんからは〈いいご家族ですね〉とあとからメッセージが来た。本当は家に来てほしくはなかったが、妻が誘ったのだから茉利奈さんに文句を言うわけにもいかない。

「次に会ったとき、なぜか僕も茉利奈ちゃんも燃えました。茉利奈ちゃんは嫉妬したと言いながら、その嫉妬が快感を呼んだみたいで。女って怖いなというのが僕の本音です」

 そのころから茉利奈さんの体が貪欲に変わったと潤さんはため息をついた。それから2年、このコロナ禍でも在宅ワークの日に出社だと言って茉利奈さんの部屋に行ったりしながらふたりは互いを求め続けた。


■妻が「茉利奈さん、結婚するみたいよ」


 そしてこの夏、潤さんは茉利奈さんを突然、解き放ったという。

「もう限界でした。妻に嘘をつくのも、茉利奈ちゃんに会い続けるのも。会えば会うほど好きになるけど、それは家庭の崩壊が近づくだけ。娘が悪気なく僕の携帯を見ようとしたとき、思わず強く叱責してしまったんですよ。その瞬間、もう無理だと思った。茉利奈ちゃんには謝るしかありませんでした。泣いている彼女を部屋に残してドアを閉めたときのやるせない気持ちがずっと後を引きました」

 ところが今月に入ってから、奈美絵さんが「まだ内緒だけどね、茉利奈さん、結婚するみたいよ」と突然言った。そして妻は言い放ったのだ。

「あなたも大変ね」

 潤さんは卒倒しそうに驚きながら、「な、なにが?」と返すのが精一杯だった。

「妻は、『同じ部署の若い女性が結婚するんだから、いろいろ大変でしょう』とさりげなく言ったんですが、僕は妻が茉利奈ちゃんとの関係を知っていると思いました」

 茉利奈さんが本当に結婚するのかどうか、今のところはまだわかっていない。そして妻が夫の不貞を知っているのかどうかもわからない。ただ、潤さんは自分の「純愛」をふたりの女性に汚されたような気がしてならないのだという。

「こんなに愛していたのに、僕の気持ちはもてあそばれただけだったのか。妻も知りながら素知らぬふりをしていたのか。女性はわからない。妻も恋人も信用できない……」

 最後は小声でつぶやいた。

亀山早苗(かめやま・さなえ)
フリーライター。男女関係、特に不倫について20年以上取材を続け、『不倫の恋で苦しむ男たち』『夫の不倫で苦しむ妻たち』『人はなぜ不倫をするのか』『復讐手帖─愛が狂気に変わるとき─』など著書多数。

デイリー新潮取材班編集

2021年11月10日 掲載

関連記事(外部サイト)