小室眞子さん・圭さん「日本に長くはとてもいられなかった」…渡米が早まった理由とは

小室眞子さんと小室圭さん夫妻の渡米が早まった理由 背景に眞子さんの精神状態か

記事まとめ

  • 小室眞子さんと小室圭さん夫妻は、11月14日にアメリカ・ニューヨークへ旅立った
  • 小室圭さんが先に渡米し小室眞子さんを迎える展開も想定されたが、そうはならなかった
  • NY行きが早まった背景について、眞子さん精神状態や圭氏の事情が絡んでいるとみられる

小室眞子さん・圭さん「日本に長くはとてもいられなかった」…渡米が早まった理由とは

小室眞子さん・圭さん「日本に長くはとてもいられなかった」…渡米が早まった理由とは

14日に旅立った小室夫妻

■金銭トラブルにも決着がついたが


 11月14日、小室眞子さんと圭さん夫妻は米NYへ旅立った。当初は、圭さんが先に渡米して眞子さんを迎えるという展開も想定されたが、そうはならなかった。ようやく母・佳代さんの元婚約者との金銭トラブルにも決着がついたようなので、その点では少し重荷を減らしての出発となったということだろうか。今回、NY行きが早まった背景などについてレポートする。

「日本に長くはとてもいられなかったというのが正直なところのようです。特に眞子さんの精神状態が不安定だということでした」

 と、宮内庁担当記者。

 複雑性PTSDを発症していることが明らかになっている眞子さん。その状態はいかなるものなのか。

「圭さんがNYフォーダム大に留学してから、徐々に精神面での不調を訴えるようになったと聞いています。お二人が会えない時間は3年2カ月にわたりました。その間に圭さんの母・佳代さんと元婚約者との金銭トラブルは解決せず、眞子さんは『結婚宣言』を出し、圭さんと合作の28ページにのぼる『小室文書』を公表するなどの紆余曲折があり、ずっと国民の関心を集め続けてきた。孤立感も味わわれたのでしょう。結婚直前には圭さんの帰国を強く切望していたと言います」

 圭さんの帰国後は結婚会見の準備、入籍、秋篠宮家からの巣立ち、紀子さまの父で学習院大名誉教授の川嶋辰彦氏の死去など慌ただしい日々が続いていた。


■物事に過剰に反応してしまう


「一時期に多くの出来事が重なったこともありかなり精神的に疲れたということでした。健康な人でもそういうことは普通にありますから、さもありなんというところでしょう。特に眞子さんの複雑性PTSDの場合、物事に過剰に反応してしまうという特徴があるようです。眞子さんは自身の考えをしっかり持ち、論理的ではないことにはきっちり意見し、何事もきっちりとやり遂げたいという性格の持ち主だと聞いたことがありますが、そういった長所が悪い方に影響しているのかもしれません」(先の記者)

 加えて、眞子さんのみならず圭さんも「日本に長くはいられなかった」のだという。

「司法試験不合格の影響がかなりありますね。宮内庁はもちろん、秋篠宮さまも、そして圭さん自身が合格を信じて疑わなかったということでした。合格するのを前提に一時帰国や結婚や会見の日程を組んできただけに、ショックも大きかった。不合格が事前にわかっていたら結婚は延期されたはずだと、宮内庁の人間は明かしていました」(同)

 結婚が具体的に動き出したのは、昨年11月の秋篠宮さまの誕生日に際した会見で「結婚を認めるということです」というご発言だった。


■現地の領事館は?


 この記者が続ける。

「その後に宮内庁は納采の儀など結婚に関する儀式を行うべく努めたものの、『小室文書』への国民の反発が大きいことから断念。儀式ゼロという異例の結婚に突き進んでいくわけですが、その中でも結婚が進展したのは小室さんの就職が決まったという点が大きかった。それは当然、試験合格を前提にしていますから、”この結婚までの経緯は一体何だったのか?”という声も宮内庁内から聞こえてきますね」

 とても新婚気分とはいかないようで、

「圭さんは就職先の弁護士事務所から”できるだけ早くNYへ戻ってきてほしい”とメッセージを受け取っていたと報じられました。事務所からそれだけ必要とされているということなのか、弁護士未満の元学生を新婚とはいえ放っておいてくれるほど甘くはないということなのか、事務所側の真意は定かではありませんが、この間、圭さんはリモートワークなどで対応を続けてきたということです」(同)

 眞子さんと圭さん。それぞれの事情が絡んでの渡米。

「想定された額ほど圭さんは報酬を得られず、しばらくは眞子さんの貯金を取り崩すことになりそうだと聞きました」(同)
 
 たとえ皇籍を離脱されたとはいえ、放っておくわけにはいかず、現地の領事館は二人を迎える対応に追われているようだ。

デイリー新潮編集部

2021年11月15日 掲載

関連記事(外部サイト)