【袴田事件と世界一の姉】弁護団も驚愕した「巖さん」の釈放 急きょテレビ局が確保したホテルへ

【袴田事件と世界一の姉】弁護団も驚愕した「巖さん」の釈放 急きょテレビ局が確保したホテルへ

釈放当日、ホテルでの袴田さん(袴田弁護団提供)

 1966(昭和41)年、静岡県清水市(現・静岡市清水区)で味噌製造会社「こがね味噌」の専務一家4人を殺害した強盗殺人罪で死刑が確定し、囚われの身だった袴田巖さん(85)が静岡地裁の再審開始決定とともに自由の身になったのは、2014年3月のことだった。実に47年が経ち、30歳で逮捕された男は、この時78歳になっていた。筆者が確定死刑囚の生の姿をテレビのニュースで見たのは、1980年代の「死刑囚四大冤罪事件」の免田事件(熊本県)の免田栄さんや、財田川事件(香川県)の谷口繁義さん(いずれも故人)以来だった。(連載第3回・粟野仁雄/ジャーナリスト)

 ***

「飛び出してきた弁護士が垂れ幕を広げる前に“勝った”と確信しましたよ。『やった!』と思いました」

 裁判所の重要な判決や決定で、関係者や支援者に速報するため、弁護士が法廷から飛び出して「勝訴」などと書いた垂れ幕を広げるのは、ニュースでもお馴染みの光景だ。ちなみに、裁判所敷地内では示威行動に当たるとされるので、垂れ幕を広げられない。

 2014年3月27日午前10時過ぎに、静岡地裁で歴史的瞬間を見届けた「袴田巌さんを救援する清水・静岡市民の会」の山崎俊樹・事務局長が振り返る。山崎さんは、法廷ではなく裁判所の外でその瞬間を待っていた。再審請求審は公開されず、この日は刑事部の窓口で決定 文書が渡されるだけだった。

「紙なら弁護士が折り畳んで持っている時もピシッとしている。でも走っている弁護士が持っていたものは柔らかい感じで、布だと思ったんです」と山崎さん。若い弁護士が誇らしげに示した「再審開始」と書かれた垂れ幕は、山崎さんが雨天でも墨が流れないようにと染物屋で布を染めてもらい用意したものだった。

「駄目だった時の『再審棄却』と書いたほうは、あとで破り捨てようと思って紙にしていたんですよ」(同)


■裁判長が「捜査機関の捏造」と明言


 ついに、第2次再審請求(2008年4月)が実った。静岡地裁(刑事部=村山浩昭裁判長、大村陽一裁判官、満田智彦裁判官)が再審開始を決定したのだ。

 請求審の焦点として弁護団が求めていたDNA鑑定について、筑波大学の本田克也教授(法医学)は「(犯行時に着ていたとされた)5点の衣類の血痕と袴田さんの血液のDNAは一致しない」という鑑定を出していた。村山裁判長は、このDNA鑑定結果を「無罪を言い渡すべき明らかな証拠に該当する」と決定理由の中で評価した。

 判決文は「死刑確定判決が最も重視した5点の衣類が袴田の犯人性を基礎づけるものではないことが明らかになったばかりか、捏造されたものではないか、との疑いを相当程度生じさせるものだ」とし、さらに「各味噌漬け実験の結果や、5点の着衣の発見経緯などに捏造を再確認させる証拠や、事情が複数存在するのだから再審審判で袴田に無罪判決が下される蓋然性がある」とした。

 加えて、巖さんについて「捜査機関によって捏造された疑いのある証拠によって有罪とされ、死刑の恐怖の下で拘束されてきた」とし、「これ以上拘束を続けることは耐え難いほど正義に反する」として拘置停止を認めたのだ。村山裁判長は完全に捜査機関の捏造を認めている。検察側にとっては驚天動地の衝撃的な決定だった。連載第1回でも記したが、過去の再審決定でも「捏造」などという大胆な言葉を使った裁判官などいない。ましてや「捜査機関の捏造」と明記した決定は過去に例がない。

 巖さんの姉・袴田ひで子さん(88)は最近、筆者に「弁護団から『捏造だと言っては駄目』と言われていたし、私も捏造だとかでっち上げだなんて言わないようにしていました。ところが村山裁判長が捏造とはっきり言ったもんだから驚きましたね」と話していた。

 これによって即刻、巖さんは釈放されることになった。無罪が決定する前の再審開始決定の段階で死刑囚が釈放されたのは初めてのことだ。再審開始決定では「刑の執行停止」とされているが、それは絞首刑の執行停止ということであり、拘置自体は継続されるという解釈が一般だったからだ。


■弟との再会


 この日、午後5時頃、巖さんは東京拘置所から釈放された。ひで子さんが振り返る。

「東京拘置所に行くと職員から、巖が『もう終わってるんだ。帰ってもらってくれ』と言っていたと聞かされたんです。仕方ないので帰ろうとしていたところ、職員に応接室に呼ばれて『お金をお返します。今ご本人が来ます』と言われました。そして巖がぽつんと現れて『釈放された』って言ったんですよ。もう、驚いて、驚いて。手を取り合って喜びました」

「帰ってもらってくれ」と言っていた割には、なぜか姉に会うことを拒否しなかった。ハグするような世代ではないから、手を取り合ったのだろう。お金とは巖さんが拘置所内で所持していた金のことだ。

「拘禁症」の影響から巖さんは、「俺に姉などいない」などと言って面会を拒絶していたため、ひで子さんが弟に会えたのは2010年8月以来のことだった。その久々の再会が「アクリル板越し」ではなかったのだ。78歳になった巖さんは、髪も薄くなり太っていた。

 その後、巖さんは、ひで子さんを密着取材していたテレビ朝日が手配したハイヤーに乗り込んだ。世紀の釈放劇の報道は同局の独断場で、多くのメディアは歯噛みした。当の巖さんは、ホテルに到着するとそのまま寝てしまったそうだ。

 翌日、弁護団とともに会見したひで子さんは「(昨夜)巖は夜中に暑がっていたけど、自分でちゃんと服も着替えられるようです。でもホテルから東京湾を見せたら、巌は『ここは大井川かなあ』って言ってたんですよ」と笑わせた。


■「まさか釈放するとは思わなかった」


 半世紀もの間、拘置されていた死刑囚の釈放など、世界でも稀有な出来事である。巖さん釈放のニュースは、アメリカの「ニューヨーク・タイムズ」、トルコの「ヒュッリイェト」、フランスの「フィガロ」など、海外の新聞やニュース番組でも大きく取り上げられた。

「再審決定はある程度予想していたが、まさか釈放するとは思わなかった。慌てましたよ」と振り返るのは、西嶋勝彦弁護士(袴田再審弁護団団長)である。

「審理の最終段階で、村山裁判長は検察官が求めた立証を認めなかった。腹を決めたんだな、と思いました。だから、その時点で再審決定はある程度予測できました。ただ釈放は意外でした。拘置所からいきなり巖さんが出てきたから、弁護団は面喰らったんです。急いでひで子さんと2人のためスイートルームを2部屋確保しようとしたんですが、結局はテレビ局が確保したホテルに滞在してもらうことになり、20万円くらいしたホテルの料金は弁護団で払いました。その後、巖さんを診断し、(死刑執行を止めるため)心神喪失の鑑定書を書いてもらったことがある東村山市の病院に、47年の拘置所生活の心身を癒すため入院治療してもらうことになりました。テレビ局(テレビ朝日)は、浜松からひで子さんに同行していたので、釈放の様子をしっかり密着取材していました。彼らの独占スクープでしたね」(同)。

 袴田事件では、第1次再審請求(1981年)は2008年3月24日に棄却された。直後の4月に行われた2度目の再審請求が実り、巖さんの釈放に繋がったのだ。


■検察による証拠の隠蔽


 袴田事件については、2013年の秋ごろからメディアが「2014年の春ごろに再審の可否が判断されそうだ」という見通しを盛んに報道し始めた。その根拠のひとつが、再審請求審では原田保孝裁判長や村山裁判長の訴訟指揮で、検察が初めて約600点の証拠を開示したことだった。

 その中で、5点の衣類のうちズボンに付いていた「B」というタグについて、検察が重要な証拠を隠していたことが判明した。東京高裁の控訴審で、5点の衣類を袴田さんが実際に着る実験をした際、ズボンが小さすぎて腿までしか上がらなかった。弁護団はこれを「袴田被告の衣類ではない証拠だ」としたが、検察は「被告人が太った」とか「ズボンが味噌に浸かって縮んだ」などと主張していた。ところが開示された調書には、「Bは大きさではなく色を示すアルファベット」と話した製造メーカーの証言が含まれていた。それにもかかわらず、県警と静岡地検はこれを「肥満体向けのサイズを示す」と嘘をつき、「犯行時に履けたはず」と主張していたのだ。

 また2013年11月には、袴田さんの同僚が袴田さんのアリバイを供述していたにもかかわらず、検察はアリバイがなかったような供述に捏造していたことも発覚した。さらに12月には、前述のDNA鑑定を弁護側が提出した。そして翌年3月27日の劇的な「再審開始」に至る。


■「巖が帰ってきただけでいい」 盛り上がった静岡の集会


 釈放から3日後の3月30日には、静岡市の労政会館で巖さん不在の報告集会があり、筆者も駆けつけた。西嶋勝彦弁護団長、小川秀世事務局長らが次々と登壇し経過を説明した。ある弁護士は「弁護団の中では『警察の証拠捏造』を前面に出さないほうがいいとの意見もあったのですが、小川弁護士が捏造で押し通したんです」と明かした。

 なんと、この集会に「死刑囚四大冤罪事件」のひとつ、1954年に起きた静岡県の幼女誘拐殺人「島田事件」で逮捕された赤堀政夫さんが登壇した。赤堀さんは、死刑囚として獄に34年8カ月繋がれ、1989に再審無罪となった。この時84歳。拘置所で歯がすべて抜けてしまい、言葉は聞き取りにくかったが、「昭和29年、幼女誘拐事件で逮捕された。(中略)市民が悪いのではなく警察が悪い」などと話し、「お姉さんにおめでとうと言いたい」と巖さんの釈放を喜んだ。壇上には「足利事件」の菅家利和さんと「氷見事件」の柳原浩さん2人の冤罪被害者も列席していた。

 そして新田渉世さんがマイクを持った。新田さんは国立大学(横浜国大)出身の元プロボクサーで、日本プロボクシング協会の中で巖さん救援活動の先頭に立ってきた人物だ。

「袴田さんは自由の身となり『日本のルービン・カーター』と言われる悪夢を経て正義が勝利しました」と挨拶した。

 ルービン・カーターとは米国のミドル級の黒人プロボクサーで、袴田事件と同じ1966年6月にニュージャージー州の酒場で3人の白人を射殺したとして逮捕され、終身刑の判決を受けた。のちにこの判決は誤りだと明らかになった。陪審員がすべて白人だったために、カーター氏に対する人種差別が引き起こした誤った判決だったのだ。

 カーター氏が獄中から無実を訴えると世論が高まり、「ハリケーン・カーター」のリングネームから、彼を支援する有名歌手ボブ・ディランの「ハリケーン」もヒット。映画化もされた。そして、1985年にようやく冤罪を晴らし出獄した。

 カーター氏は巌さんの釈放を支援してきた。彼はこの集会少し後の2014年4月20日、巌さんの釈放を見届けるように75歳で亡くなっている。

 今でこそ一流ボクサーはスターだが、1960年代、柔道や相撲が正当な格闘技と見做される一方、ボクシングは荒っぽい不良青年のやる喧嘩のようにも見られていた。

 ファイティング原田氏、輪島功一氏、矢尾板貞雄氏ら往年の名ボクサーや、現役時代の巖さんのライバルだった選手たちに加え、著名なボクシング評論家の郡司信夫氏らは、「袴田事件はボクサー崩れ」の言葉が象徴する当時のボクサーへの偏見が生んだ冤罪と考え、ボクシング協会あげて巖さんを支援してきたのだ。


■会見に挑むひで子さん


 一方、この日、執念の味噌漬け実験が実った司会役の山崎俊樹さん(「袴田巌さんを救援する清水・静岡市民の会」事務局長)は嬉しさのあまり、肝心のひで子さんの紹介を忘れて閉会しかける興奮ぶりだった。笑いながら登壇したひで子さんが「山崎さん、私を忘れちゃった。弁護士の皆様、支援者の皆様、外国の皆様、本当にありがとうございました。巖は帰ってきました」と力を籠めると大喝采。

「私は巖が帰ってきてくれただけでいいと思ってるんですが、みんな(記者たち)が31日の抗告はどうだとかこうだとか言えっていうんです。ノーコメントと申し上げております」と笑った。

 そして「私たちは6人きょうだいでして、兄2人は亡くなりました。女が3人いまして一番上は88歳、二番目は84歳かな。私は81歳。昨日姉に電話しましてね。『せっかくだから。会場で立ってるだけでいいから』と言ったんですよ。そしたら『行きたいけど腰を曲げて杖ついてるのなんて恥ずかしい』って言うんです。下の姉も『腰が痛い』。ほんとうは、3人きょうだい(姉妹)は美人ですから(会場爆笑)、お見せしたかったんですが、私一人でお礼を申し上げることになりました。私はね、母親の悲しそうな姿を今でも目にして(目に焼き付いて)いるんです。私のできる親孝行はこのことだけと思って巖を支援してきました。巖は帰ってきました。これだけで大変おめでたいことでございます。今は入院中ですが、調子がよくなりましたら会っていただきたく思います。皆々様、本当にありがとうございました」と満面笑みで挨拶し、マイクを置くと会場は大拍手に包まれた。

 肝心の巖さんの姿はまだない。だがこの日、弟の無実を信じて闘ってきたひで子さんは会場に入ってくると、駆け寄った支援者に記念撮影を求められるなど、スターのようだった。何があっても冷静なひで子さんも、さすがに嬉しさのあまり、上気した様子だった。

 1964年の東京五輪、新幹線開通など日本が高度経済成長真っただ中に突入し、列島に活気がみなぎった時代、キャリアウーマンとして「青春を謳歌していた」という袴田ひで子さんは、弟の逮捕で33歳にして人生が一変してしまった。巖さんの一審での死刑判決の直後にみるみる弱り、亡くなった母への親孝行として、半世紀間も「塀の中」の弟を支えてきた「世界一の姉」は、生来の笑顔を取り戻していった。

粟野仁雄(あわの・まさお)
ジャーナリスト。1956年、兵庫県生まれ。大阪大学文学部を卒業。2001年まで共同通信記者。著書に「サハリンに残されて」(三一書房)、「警察の犯罪――鹿児島県警・志布志事件」(ワック)、「検察に、殺される」(ベスト新書)、「ルポ 原発難民」(潮出版社)、「アスベスト禍」(集英社新書)など。

2021年11月16日 掲載

関連記事(外部サイト)