神戸5人殺傷事件、2回目の鑑定は5分程度 「精神鑑定」は犯人の意のままになる?

神戸5人殺傷事件、2回目の鑑定は5分程度 「精神鑑定」は犯人の意のままになる?

神戸地裁

 4年前、無辜の人々が突然襲われ、3人が落命、2人が重傷を負った神戸の事件。だが判決は無罪。心神喪失とした精神鑑定が受け入れられたのだが、実は鑑定は、かなり被告の意のままになる。結果、「妄想殺人者」が野に放たれるなら、こんなに怖いことはない。

 ***

 今月4日、無罪判決が言い渡されると、巻き添えになった被害者の遺族らは報道陣を前に、「絶望」を口にした。現場で起きたことを知れば、その言葉に得心しない人はいないだろう。

 2017年7月16日。祖父母、母親と4人暮らしの竹島叶実(かなみ)被告(30)は、金属バットや包丁で祖父母を殺し、止めに入った母親にも重傷を負わせたうえ、近所の民家で目についた女性を包丁で刺殺。別の女性も深く傷つけた。すなわち3人を殺害、2人に重傷を負わせたのである。

 ところが、神戸地裁での裁判員裁判で言い渡された判決は「無罪」。飯島健太郎裁判長は、「被告は(刑事責任能力が認められない)心神喪失状態だった疑いが残る」と述べた。取材を重ねてきた地元の記者が、ここに至る経緯を説明する。

「竹島被告は事件の前年から引きこもり始め、同時期に連想癖が生じ、あるマンガに隠された暗号を解いて宝くじを当てる作業に没頭したとか。また株で稼ごうとし、株関係のネット掲示板で見た数字13に、元中日の岩瀬投手の背番号13が思い浮かび、続いて高専時代の同級生で、出席番号13だった女性を連想したそうです。事件前日、この女性の“神社に来て”という声が聴こえ、行けば結婚できると思い、礼服を着て神社に行っています。そしてその晩、その女性の“この世界の人間は、君と私以外は哲学的ゾンビなんだよ”という声を聴き、結婚への試練だと思い込んで、犯行に及んだとのことです」


■心神喪失であったと簡単に証明できるのか


 ちなみに竹島被告は、外見は人と同じだが意識はない「哲学的ゾンビ」という哲学用語を、ネットで見知っていたそうだ。

「このように、本人の思考なのに、女性から言われたと完全に思い込んでしまうのは、統合失調症の症状です。実際、公判での被告の説明は一貫し、証拠もついてきていた。事件前日、礼服を着て神社に行った映像は、神社の防犯カメラに映っていました。事件の2日前、母親と一緒に妹の家に行った際、“トイレの動画を撮って”という最初の幻聴が聴こえたそうですが、実際、スマホで撮った動画が残っています。だから、妄想があったという点については、検察側と弁護側の間に争いがなく、“どれだけ信じきっていたのか”という程度の問題でした」

 検察は2人の精神科医に鑑定を依頼。そして、

「1人目の医師は11回も被告に会い、“妄想の圧倒的影響下で犯行に及んだ”と判断。一方、2人目の医師は“犯行を思いとどまる能力があった”と判断したものの、1回、5分ほどしか面談できていなかった。公判には弁護側の証人として、別の精神鑑定の専門医も出廷し、1人目の鑑定を支持。判決は、1人目の医師の鑑定を採用した格好です」

 元裁判官で弁護士の高橋隆一氏は、

「“疑わしきは罰せず”という刑事裁判の原則において、大きな要素になるのが“責任能力の有無”。責任能力がなければ刑事責任を問えません。仮に、人を殺すという故意があったとしても、それが統合失調症による妄想に支配されていたことになると、“心神喪失”で無罪という結論に導かれてしまうのです」

 と話すが、ここで疑問が湧かないだろうか。すなわち“心神喪失”であったと、そんなに簡単に証明できるものなのか。それに、どうして2人目の医師の鑑定は5分で終わったのか。

 甲南大学名誉教授の園田寿氏(刑法)は、判決文からの判断に加え、自身が精神医療審査会委員を務めた経験から、「被告人の妄想はかなり強かったのではないか」と言いながらも、精神鑑定の問題点を説明する。


■鑑定に答える義務がない


「1回目の起訴前鑑定では、“責任無能力”という結果が出たので、検察側は異例ですが、それに食い下がり、2人目の鑑定医が面会に行きましたが、5分ほど話して終わっています。あまり報道されていませんが、2人目による2回目以降の鑑定を、弁護人のアドバイスによって被告人は拒否して、結果的に、2人目はあいさつをした程度で、書類を見て“限定責任能力”という鑑定書を書いた。結果、裁判所は説得力があるという理由で、1人目の鑑定に従った。取り調べを拒否できるのと同じで、被告人には、鑑定医のいろいろな質問に答える義務はないと考えられています」

 さらに、園田氏はこんな点も指摘してくれる。

「08年の最高裁判決で、専門家の鑑定は、公正さに疑いがある、手続きに問題があるという場合以外、原則として尊重すべきだとされました。鑑定の中身に立ち入るのは学問的議論で難しいので、鑑定は尊重しましょうというわけです」

 被告は、自分の話を受け入れてくれる鑑定医だけを相手にすればいい、というのが実態のようなのだ。

 また、竹島被告を疑うのではないが、統合失調症の患者の話は、一般にどこまで信用できるのか。精神科医のSidow氏が語る。

「統合失調症の患者さんの症状や病態の評価、判断は、非常に難しい。目に見えない部分を評価することになるし、症状がよい時と悪い時とで、波や変動があるので、100%の正しい判断はできません。診察する精神科医によっても評価が変わることがあります」

 そして、こうも言う。

「統合失調症と診断された方に、当時のことを尋ねたとき、本当は記憶があるのに“覚えていなくて”と言われたり、実際に感じていたことと違うことを言われたり、症状を偽られたりしたとき、それを見抜くのは極めて難しい」

 Sidow医師によれば、統合失調症は慢性疾患なので、薬やストレスがない生活によって、症状をかなり抑えることができるものの、完治は困難だという。


■数年で病院から出てくることも


 むろん、統合失調症の患者が凶悪犯罪を起こすケースはまれで、偏見は慎むべきである。しかし、少なくとも完治しない以上は、一度凶悪犯罪を起こした人間が、簡単に無罪になっていいものなのか。

 前出の記者によれば、控訴されるのはほぼ確実だが、新証拠がないかぎり、一審の「心神喪失」の判断が維持されそうだという。そして無罪が確定すれば、

「心神喪失者等医療観察法に基づき、入院等の措置がとられると思いますが、具体的な治療手段は法に書かれておらず、期間に上限や下限もない。医師が治ったと判断すれば退院することになり、裁判所は関与できません。一般に短いと感じられても、数年で出てくる可能性もあります」

 と前出の高橋氏。しかも医療観察法には、処遇が決まった加害者の情報を、被害者側に伝える規定もない。完治しないまま野に放たれた加害者が、いつの間にか被害者の近くに舞い戻っていた、ということも、理論上はありうるのだ。

「心神喪失と判断された人が、また罪を犯す可能性は、少なからずあるのですから、場合によっては、入院させたら一生出さない、といった措置も必要だと思います。医療観察法の改正も一つの方法でしょう」(同)

 善悪の判断がつかずに人を殺してしまう人ほど、怖い存在はないのに、そういう人ほど無罪放免になる。そんな矛盾もあるまい。

「週刊新潮」2021年11月18日号 掲載

関連記事(外部サイト)