世界的旅行誌のイチ推しに「四国」が選ばれた理由 お遍路の「お接待」文化に注目が

世界的旅行誌のイチ推しに「四国」が選ばれた理由 お遍路の「お接待」文化に注目が

青い目の“お遍路さん”が増えるか

 外国人にお薦めの日本の観光地といえば、京都か奈良か、浅草か。世界的に有名な旅行ガイドブックの出版社「ロンリープラネット(以下LP)」が選んだのはナンと驚き、四国だった。

 LPといえば、個人旅行のための情報の充実ぶりで知られ、運営するサイトは月1300万人もの訪問者がいるという。毎年10月頃に次年の注目旅行先を国、地域、都市別にそれぞれ10位まで発表、本に編んで発売しているが、地域部門で6位に四国が入ったのだ。

 選定のポイントは「話題性」「ユニークな体験」「スゴい要素」「持続可能性」の四つがあるかどうか。この点、四国は本の中で〈外国人がなかなか垣間見ることのできない日本人の“ホンネ”に触れられる〉と評価され、徳島県の上勝(かみかつ)町と祖谷渓(いやだに)、そして四国八十八カ所を巡るお遍路が推奨されている。

 一体、何がいいのか。

 まず上勝町は「ごみゼロ宣言」をしたところが好ましく、読者にホームステイをして地域に貢献することを勧める。祖谷渓はご存じ「平家の落人」が逃れた地との伝説が残るが、奇橋「かずら橋」や、その奥地の「名頃(なごろ)集落」にも触れている。ここは、人間そっくりの“かかし”があちこちに置かれていて、

〈バス停で待っていたり、畑で働いていたりする人々は“かかし”だ。かつての友人や親戚を偲ぶために、そして過疎による孤独を癒やすために作られている〉

 そこには日本の都市化、少子化の断面が覗くというわけで、渋いところに注目したものだ。


■「お接待」文化


 そしてお遍路。これは巡礼者に対する「お接待」文化が白眉だとか。

〈お婆さんが徒歩のお遍路さんに10円を手渡してきたり、暑い日には車の運転手が冷たいソーダをくれたりすることもある〉

 なるほど、快適さやラグジュアリーさよりも体験や思索を重視するあたり、バックパッカーのバイブル的な位置づけからスタートしたLPの面目躍如か。

 四国の観光事業を後押しする「四国ツーリズム創造機構」の担当者に聞くと、

「昨年度からLP編集部に働きかけを行い、四国に興味を持ってもらったことで選出にいたりました」

 というから、四国側の売り込みが奏功したらしい。

 お遍路経験がある旅行ライターの高田京子さんは、

「2019年に公表されたある調査では、お遍路さんは10年間で4割減なのに、外国人は10倍になったとか。アドベンチャー気分が味わえるうえ、日本の歴史や文化にも触れられる。アフターコロナの時代に四国旅行は“3密”を避けられる意味でも人気が出そう」

 と見立てつつも、

「外国人が予約もないまま“ここに泊めろ”と英語で騒ぎ立てる光景も過去に見ました。今後、対応に苦慮する場面も出てくるかと」

 一層の外国人増に四国の人が迷惑しなきゃいいが。

「週刊新潮」2021年11月25日号 掲載

関連記事(外部サイト)