脱税容疑で逮捕の日大「田中理事長」 7年前に“相撲部口座”で国税からの呼び出しを拒否していた

脱税容疑で逮捕の日大「田中理事長」 7年前に“相撲部口座”で国税からの呼び出しを拒否していた

田中英寿容疑者

 附属病院の事業を巡る背任事件で、理事に続き理事長までもが逮捕された日本大学。だが、日大にまつわる疑惑はいまになって始まったわけではない。日大構内の自動販売機設置や損害保険代理店事業など日大事業部が展開するビジネスに絡み、多額のリベートが同大の田中英壽理事長(74)に還流している。その舞台となっているのは理事長の妻が経営する、東京・阿佐ヶ谷のちゃんこ料理屋だ――。こんな情報が約10年前から日大関係者やマスコミの間で流布していた。2014年8月5日には、東京国税局が満を持して日大本部の税務調査に乗り込んでいた。

 ***


■相撲部名義の二つの口座


「そのターゲットはもちろん、理事長の田中容疑者=脱税容疑で逮捕=の最側近である井ノ口忠男被告(64)=背任罪で逮捕・起訴=が理事長付相談役兼事業企画部長(当時)として権勢をふるう利権会社の株式会社日本大学事業部でした。『同事業部の裏帳簿が東京・世田谷区の日大アメリカンフットボール部の部室に置かれている』といったタレ込み情報もあり、調査対象は全国15学部に及びました。そしてこの調査は当初から、理事長の田中容疑者が標的でした」(当時この調査を取材した経済事件ジャーナリストの田中周紀氏)

 相撲部主将から体育助手となった田中容疑者は、保健体育局の職員として総長選挙のカネ集めや票集めで頭角を現して、08年には遂に日大理事長にのし上がった。日大関係者によると、カネ儲けの感覚は非常に鋭いという。前出の田中氏が解説する。

「調査は、大学などの公益法人を担当する課税第二部資料調査第三課が行いました。査察部(マルサ)のような強制調査権限こそありませんが、通称料調(リョウチョウ)と呼ばれる、腕利きの調査マンを抱えるセクションで、隠した所得が3年間で1億円を超えるような悪質事案は査察部に連絡し、強制調査の端緒を作ります。この時彼らが目を付けたのが、日大本部近くの三菱東京UFJ銀行(現・三菱UFJ銀行=日大の長年のメインバンク)市ヶ谷支店に開設されていた日大相撲部名義の二つの口座。一方は大学からの補助金などが振り込まれる表の口座で、もう一方は角界入りした相撲部OBからの“御礼金”や、支援者からの寄付金などが振り込まれる口座で“別口”と称されていました。2 つの口座はともに相撲部総監督の田中容疑者の管理下にありました」


■東京五輪の影響


 そして田中容疑者はこの別口口座から自らカネを引き出し、これも日大本部の至近距離にあるSMBC日興証券市ヶ谷支店に開設した自分名義の証券口座に移して株取引、それもハイリスク・ハイリターンの信用取引を執務室のパソコンで行っていたという。

「料調が田中容疑者の証券口座を調べた時点で、口座には約3億円が存在していましたが、この口座からカネが引き出された形跡は一度もありませんでした。そのため3億円は信用取引の委託保証金ではないかとも言われました。同容疑者は学内で『調査に入られて以降、株取引はやっていない』と話していたようです」(田中氏)

 こうした結果を受けて、東京国税局は田中容疑者が相撲部の資金を着服している可能性があると考えた。だが、同容疑者が相撲部の資金を自身の証券口座で運用している理由や資金の帰属など不明確な点が多いため、同容疑者から直接事情を聴く必要があるとして、15年春には再三にわたり聴取に応じるよう要請した。ところが同容疑者がこれを頑なに拒み、国税局側も細部まで詰め切れないまま調査を打ち切らざるを得なかったとされる。田中氏が語る。

「当時の田中容疑者はJOC副会長の地位にありました(17年に辞任)。5年後の東京五輪開催を控え、安倍晋三・自民党政権(当時)に忖度した当時の国税庁上層部が、同容疑者へのさらなる追及を控えるよう調査現場に指示した可能性がないとは言えません」


■現金の受け渡し場所だったちゃんこ屋


 ただ、東京国税局の調査の手が及んだため、田中容疑者がそれまでのように相撲部の別口口座の資金に手を着けることが難しくなった。そこに新たな資金源として井ノ口被告が連れてきたのが、大阪市の医療法人グループ錦秀会理事長(当時)藪本雅巳被告(61)だった。日大は17年4月以降、医療機器のほか、医薬品や医療器具などの調達の契約事務を日大事業部に集約しており、19年12月に同社取締役に就任した井ノ口被告は、画像診断機や電子カルテシステムなどの調達を通じて藪本被告と急接近。日大板橋病院建て替え計画をめぐる今回の背任事件を引き起こした。

 その過程で藪本被告は井ノ口被告の仲介により18年と20年、仕事をもらったお礼と理事長5選祝いの名目で計7500万円の現金を田中容疑者に渡した。また、井ノ口被告も日大との取引業者から集めるなどした計約300万円を理事長5選祝いの名目で田中容疑者に渡していた。藪本被告が20年8月7日に都内の焼き肉店で3000万円を渡した際は井ノ口被告も同席していたという。

 そして、こうした現金の受け渡し場所の一つとして使われたのが、冒頭で取り上げた阿佐ヶ谷のちゃんこ料理屋だった。前出の日大関係者が話す。

「そもそもこのちゃんこ料理屋は田中容疑者のA子夫人の実家の小料理屋ですが、地元の人が利用するのを殆ど見掛けません。同容疑者を裏から操っていると言われるA子夫人に取り入って日大関連の仕事をもらおうとする業者や、同容疑者の腰巾着の日大本部職員が頻繁に出入りして夫人のご機嫌を取っている。同容疑者よりA子夫人に先に気に入られないと、日大関連のビジネスに絡ませてもらえないからです。井ノ口被告が学内の飲料自販機設置の件で某大手飲料メーカーの担当者を連れて来た際には、何としても設置を実現させたい担当者が現金3000万円を持参したという情報もあります。A子夫人のご機嫌伺いは、学内で『阿佐ヶ谷詣で』と呼ばれています」


■被害届提出へ


 この関係者によると、井ノ口被告は日大アメフト部OBとはいうものの、大阪市内で広告代理店を営む実姉がA子夫人に取り入って気に入られたことで、初めて田中容疑者の側近となるチャンスをつかんだ。同被告の息子2人も同部OBだ。在学中から阿佐ヶ谷詣でを欠かさず、夫人の肝煎りで日大職員に採用された長男は、彼女が所有するベンツの運転手を務め、子供のいない夫人から孫のように可愛いがられているという。

 ある日大職員はこう嘆く。

「この組織は完全に腐りきっていました。側近の理事が逮捕されたのちも、田中さんは平然と理事会に参加し、『自分は関係ない』と居座り続けようとした。大学が被害を被っているというのに、被害届すら出そうとしなかったのです」

 田中容疑者の逮捕を受け、日大では12月1日にも臨時理事会が開催され、被害届の提出を決議する予定だという。だが、大学はいまだに記者会見すら開いていない。トップの逮捕を受けて、果たして日大に自浄作用が働き出すのか。今後を注目していきたい。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)