NYライフを楽しむ小室夫妻、最大の敵は英「デイリーメール」 コメント殺到で決まった今後の取材方針

小室圭さんと眞子さんの様子をデイリーメールがスクープ カメラマンはキス写真狙う?

記事まとめ

  • 新生活をスタートした小室圭さんと眞子さんの様子を、英デイリーメールがスクープ
  • 日本のメディアが宮内庁との協定に縛られている中、デイリーメールは自由に取材
  • 2人が抱き合ったり、キスをしたりする場面も、カメラマンは撮ろうとするはずとも

NYライフを楽しむ小室夫妻、最大の敵は英「デイリーメール」 コメント殺到で決まった今後の取材方針

NYライフを楽しむ小室夫妻、最大の敵は英「デイリーメール」 コメント殺到で決まった今後の取材方針

小室眞子さん、小室圭さん

 秋篠宮さまの長女・小室眞子さん(30)と夫の圭さん(30)は11月14日、ニューヨークに到着、新生活をスタートした。早速、現地の様子をイギリスのタブロイド紙「デイリーメール」が相次いでスクープしており、日本でも注目を集めている。

 ***

 同紙が電子版に掲載した記事から、日本のメディアも大きく取り上げた2本の見出しをご紹介しよう。

▼スクープ:結婚のため王室の称号を放棄したプリンセス・マコと、“庶民”の夫であるケイ・コムロがニューヨークに到着 ヘルズ・キッチンの「家賃4800ドル(註:約55万円)のワン・ベッドルーム」へ向かう(11月14日)

▼スクープ:“庶民”の夫とニューヨークに到着し新生活を始めてから1週間 日本のプリンセス・マコは「ベッド・バス・アンド・ビヨンド」(註:北米でチェーン展開する雑貨店)でタオルを買い、ヘルズ・キッチンの自宅に戻る際に迷子になる(11月22日)

 担当記者は「デイリーメールの公式サイトをチェックすると、小室夫妻が渡米する前から精力的に報道を続けていたことが分かります」と言う。

「眞子さんが複雑性PTSDを罹患したことも、圭さんがニューヨークの司法試験に不合格だったことも、細かく報道しています。記事の量も質も日本メディアに劣りません。圭さんがニューヨークのパブで仲間と飲酒しているところは、動画で配信されました」


宮内庁との協定


 圭さんと結婚した眞子さんは「降嫁(こうか)」して一般人になった。デイリーメールの記事には「結婚のため皇室離脱を選択した」とも読める見出しが散見される。

 欧米人が日本の皇室制度を理解する難しさが伝わってくるが、それもご愛敬と言ったところだろう。

 NEWSポストセブンは11月26日、「『小室夫妻の映像は撮らない』日本のテレビメディアと総領事館が協定結ぶ」の記事を配信した。

 記事では《宮内庁関係者》が女性セブンの取材に応じ、次のように説明している。

《「ニューヨークの日本総領事館に小室夫妻の担当者が置かれ、“日本人要人”として最重視しています。最近、総領事館と、ニューヨークに拠点のある日本のテレビメディアとの間で、協定が結ばれました。その内容は、“小室夫妻の生活の様子などの映像は撮らない”こと。海外メディアや週刊誌、個人のSNSなどの映像を使用することも同様です」》


■協定とは無関係のデイリーメール


 デイリー新潮が11月24日に配信した記事、「小室佳代さん『金銭トラブル』対応の背景に眞子さんが 『先方の代理人は週刊誌記者なので接触は…』と進言」には、以下のような記述がある。

《到着後はNY市警の警官らにガードされながら、待ち受ける車へ。空港には日本のメディアが勢揃いしていた》

 だが、現地での取り決めで、日本のメディアは到着取材を終えたら小室夫妻の追尾はしないことになっていたという。

《その間隙を縫うように英紙「デイリーメール」は、夫妻が新居に到着したとされる場面を撮影、電子版に掲載した》

 日本のメディアが宮内庁との“協定”に縛られている中、デイリーメールが自由に取材している様子が浮かび上がってくる。


■盛り上がるコメント欄


 英国王室に詳しいジャーナリストの多賀幹子さんは「眞子さんのことを精力的に報道する欧米メディアがあるとすれば、その中にデイリーメールは必ず入っているはずだ」と予想していたという。

「デイリーメールの創刊は1896年。イギリスで最も古いタブロイド紙というのがキャッチフレーズです。論調は保守的で、最近ではメーガン妃に辛辣な報道を続けて注目を集めました。そもそも同紙は英王室だけでなく、モナコ、オランダ、スペイン、ノルウェーといったヨーロッパ各国の王室についても詳報を重ねてきた歴史を持っています。その伝統が眞子さんに関する報道でも発揮されたわけです」

 イギリスは立憲君主制のため、読者は外国の王室にも高い関心を示すという。一方、王室のないアメリカでは読者の関心が低い。アメリカのタブロイド紙が精力的に眞子さんを追いかけない理由だという。

「身も蓋もない言い方かもしれませんが、デイリーメールは眞子さんに関する一連の報道で、“金脈を見つけた”と思ったのではないでしょうか。同紙の公式サイトでは記事にコメントを投稿できます。『ベッド・バス・アンド・ビヨンド』で買い物をする眞子さまの記事には11月25日の段階で、コメントが1000件を超えました。同紙の他記事と比べても、多い数字です」(同・多賀さん)


■狙うはキス写真!?


 多賀さんによると、コメント欄では「次回は野菜を買っているところを撮ってください」、「まるでベッドから出てきたばかりの姿のよう」などと、非常に盛り上がっているのだという。

「イギリス人が眞子さんに関心を持つ理由として、英王室と日本の皇室が古くから交流を重ねてきたことがあるでしょう。その上で、眞子さんとメーガン妃を重ね合わせているところはあるようです。神秘と謎に包まれた“菊のカーテン”から、1人の若い女性が飛び出してきた。こともあろうにニューヨークで新生活をスタートさせた。一体、眞子さんという女性はどんな人物なんだろう、と少なからぬイギリス人が興味津々で見ているのだと思います」

 こうなると、ライバル紙も黙っていないだろう。イギリスの各メディアが、ニューヨークを舞台に報道合戦を過熱させるかもしれない。

「各紙は『とにかく面白い写真』を欲しがるのではないでしょうか。例えば、眞子さんがニューヨーク名物のホットドッグやハンバーガーにかぶりついている姿などは、『眞子さんもすっかりニューヨーカー』といったキャプションを付けやすいですね。食事の光景は狙われてもおかしくありません。眞子さんが圭さんと抱き合ったり、キスをしたりする場面も、カメラマンは撮ろうとするはずです」(同・多賀さん)


■日英の違い


 言わずもがなだが、イギリスのメディアが宮内庁に“忖度”することはない。

「2012年、キャサリン妃がウィリアム王子とフランス南部に休暇へ行った際、親族の別荘のテラスで上半身裸で日焼けクリームを王子に塗ってもらう姿を、女性のパパラッチが望遠レンズで撮影しました。フランスなどヨーロッパのメディアは写真を掲載しましたが、イギリスでは国民的な議論に発展、最終的にはデイリーメールなども掲載を見送りました。『裸の写真を載せるか載せないか』を議論するという時点で、日本のメディアとスタンスは全く違います」

 小室夫妻は自由を求めてニューヨークに来たのかもしれないが、外出の際はもちろん、アパートのベランダでの振る舞いさえも、油断は禁物のようだ。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)