「朝鮮総連ビル売却」「ロシア投資詐欺」にも関与…1億流用で逮捕の74歳「元自民党参院議員」の正体

「朝鮮総連ビル売却」「ロシア投資詐欺」にも関与…1億流用で逮捕の74歳「元自民党参院議員」の正体

元参院議員の山内俊夫容疑者

 警視庁は11月28日、元参院議員の山内俊夫容疑者(74)を業務上横領の容疑で逮捕したと発表した。担当記者が言う。

 ***

「山内容疑者は『羽田空港格納庫合同会社』の経営に関わっていました。同社は羽田空港にある格納庫を売買するために設立したものです。その資金から山内容疑者が1億円を不正に流用し、着服した疑いがあるとして、捜査2課が逮捕しました」

 着服した金で山内容疑者は、京都府や香川県の土地を私的に購入したという。さらに被害額は総額で2億円を超える可能性もあり、捜査2課が調べを進めている。

「格納庫は国有地に建っていたこともあり、国土交通省職員の汚職事件の舞台になったという曰く付きの物件でした。国有地の使用許可の更新などで便宜を図ってもらおうと、格納庫を所有する会社の社長が、国交省航空局の係長に数十万円の現金を渡したのです。2015年に警視庁が2人を贈収賄容疑で逮捕、いずれも有罪が確定しました」(同・記者)

 現金を渡した会社社長は韓国籍の男性だった。山内容疑者は2015年の朝鮮総連本部ビル売却問題の際でも中心的な人物として登場し、大きく報道された過去を持つ。半島との関係が深い印象を受けてしまうが、売却問題に関しては後で詳述する。


■文科副大臣にも就任


「山内容疑者は、香川県の不動産会社・マルナカホールディングスの幹部に『格納庫を買って転売すれば儲かる』、『数十億円で売れる』などと吹き込んだそうです。2018年にマルナカの出資を得るなどして合同会社を設立。格納庫を購入しますが、国交省は『承認していない』と、今年になって土地の明け渡しを求める訴訟を東京地裁に起こしていました」(同・記者)

 仮にも山内容疑者は元参議院議員である。参議院は「良識の府」と呼ばれているはずだが、まるで土地ブローカーのような行動だ。

 仮にも山内容疑者は元参議院議員である。国会議員を「選良」とも呼ぶのは「選ばれたすぐれた人物」(大辞林[三省堂])だからだ。しかし、これではまるで土地ブローカーではないか。

 山内容疑者は1946年、香川県に生まれた。69年に早稲田大学教育学部を卒業すると、香川県の企業に就職。しばらくすると、家業の不動産業を継承した。

「1991年から香川県議会議員を2期務めたのち、98年の参議院選挙に自民党と公明党の公認を得て香川県選挙区から出馬し初当選しました。2004年に再選すると、07年には自民党の副幹事長に就任しています」(同・記者)

 その後も順調に“出世”を続け、08年には文部科学副大臣に就任した。09年には自民党を離党し、改革クラブ(後の新党改革)に入党。10年9月に行われた参議院選挙には出馬せず、政界を引退した。


■詐欺に深く関与


 政治家としての経歴と逮捕容疑との落差には、改めて驚かされる。だが、山内容疑者が怪しげな出資話の片棒を担ぐ姿を、以前から週刊新潮は報じてきた。

 まだ山内容疑者が文科副大臣だった時、週刊新潮は2009年6月11日号で以下の記事を掲載した。

「[特集]麻生政権を直撃!!『ロシア投資詐欺』の舞台装置を務めた自民党『山内俊夫』文部科学副大臣」

 ロシア投資を謳い出資を持ちかけていたのは、三重県にあった有限会社A。社長はロシア人、副社長は日本人という組み合わせだった。

 ロシア人社長はKGB出身で、ロシアでは副首相格という触れ込み。副社長は「自民党大物代議士の秘書」だった過去があったと自称し、“政界に顔が利く”と公言していたという。

 記事には被害者が登場し、投資話を信じてしまったのは、山内容疑者と議員会館で面談したからだと訴えた。

 被害者は《自分が開発した汚泥を肥料に転換する水熱処理装置》を開発し、会社を経営していた。2008年初めに有限会社の関係者からロシアビジネスへの出資を持ちかけられ、山内容疑者を紹介されたという。

《「山内先生の議員会館の部屋で会いました。B氏(註:有限会社の関係者。原文では実名)らは、山内議員に対し“ロシアでのビジネスを大々的にやります”と話し、その一方、私に対しては“この先生が付いているから大丈夫”“私たちを政界でバックアップしてくれる人”と説明していました」》


■副大臣室が詐欺話の舞台


 A社側が説明したロシアビジネスのスケールはとてつもなく大きく、もし山内容疑者という政治家を“後ろ盾”と紹介されなかったとしたら、到底信じられなかったという。

《「10年間で総額60兆円規模のプロジェクトです。石油の採掘や精製工場の建設、ゴミ処理場の整備。自動車道路やモスクワ─サンクトペテルブルク間の新幹線整備などのインフラ関連もあった」》

 08年の8月には、ロシアの国会議員団が山内容疑者を訪問。文科省の副大臣室で面談した。週刊新潮は山内容疑者が中央に鎮座し、ロシア人と談笑している写真を掲載した。

《「山内氏は終始にこやかな表情で“ロシアは資源大国、日本と上手に付き合わねばならない”と話していた。また、ロシア側からは“副大臣を日本政府の代表として招待したい”と提案がありました」》

《表敬訪問は、30〜40分程で終了したが、「山内氏が、怪しい連中を副大臣室に通すはずがありません。私はこの表敬訪問に参加して、やはりA(註:有限会社の名称。原文では実名)の計画は本物だと考えるようになったのです」》

 記事ではA社の投資話に関して、東京のロシア通商代表部に数回苦情が寄せられていることも紹介している。


■朝鮮総連本部ビル問題


 週刊新潮が山内容疑者に取材を申し込むと、「彼らには、5〜6年前から協力しています」とつながりを認めた。

《「今の時代、中小企業は非常に厳しい。日本の中小企業が極東やシベリアの開発をする場合、どんどんお手伝いしたいのです。Aの詳しい事業内容は知りませんが、月に1度、2人揃って私に(事業の進展具合について)報告に来ますよ」》

《(金銭トラブルについては)「全く知りません。私に責任がないとは言いませんが、あの会社は、夢を語る構想の段階です。私自身、まだ信用していません。何かモノを作ってます、仕入れていますというのなら、もっと慎重になりますよ」》

 週刊新潮2015年2月12日号には「『平沢勝栄』代議士が警告! 朝鮮総連ビル灰色決着の裏に『中国人スパイ』」の記事が掲載された。

《暗礁に乗り上げた日朝交渉を尻目に、朝鮮総連の手元には本部ビルが舞い戻ることとなった。競売の開始決定から2年半もの年月をかけ、結局は総連が笑うという最悪のシナリオが実現した》

 東京都千代田区にある朝鮮総連本部ビルは2007年、整理回収機構による差し押さえが現実のものとなっていた。


■総連の代理人!?


 これを避けようと、朝鮮総連側は仮装売買などを行い、マスコミの注目を集めた。差し押さえを巡る裁判が行われ、2010年に最高裁で判決が確定。2013年から入札が開始された。

 北朝鮮のペーパーカンパニーと思われる外国企業が落札したものの売却を裁判所が認めないなどの紆余曲折を経て、あのマルナカが最終的に購入した。

《マルナカHD(以下、マルナカ)が競売で朝鮮総連本部ビルを落札したのは、昨年(註:2014年)3月。それから早10カ月が過ぎた1月28日に事態は急展開を迎える。マルナカは、山形県酒田市の不動産・倉庫業者「グリーンフォーリスト」(同、グリーン社)に約44億円で本部ビルを売却したのである》

 週刊新潮は《この取引を仲介したのは、マルナカと同じ香川県で不動産業を営む山内俊夫元参議院議員だった》と指摘。これまで取材に対し山内容疑者は関与を否定し続けてきたというが、この時は重い口を開いた。

《「今だから話しますが、香川県議時代からお世話になっているマルナカのC会長(註:記事は実名)に転売先探しを一任されていたのは事実。それで不動産業者仲間であるグリーン社の社長を紹介しました。確かに総連の許宗萬議長とも面識はありますし、あちらの希望も聞いています》


■当然の報い?


 記事は《つまり、当初から総連の“意向”を踏まえて進められた転売だったワケだ》と指摘している。

 購入したグリーン社も中国人スパイの影が見え隠れすると言われており、それが記事のタイトルになった。

 いずれにしても、自分の立場をわきまえず、ヤバい話に首を突っこむ人だったのだ。山内容疑者を知る永田町関係者が言う。

「参議院議員時代から、ブローカー的な動きが目立つ人でした。とにかく怪しげな儲け話が好きで仕方がないタイプ。端で見ていて『大丈夫なのかな?』と思っていました。ですから、逮捕されたと聞いても、あまり驚きはありません」

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)