愛知中3刺殺事件、明かされぬ動機に迫る 加害少年の祖父は「内気な子でしたから」

愛知中3刺殺事件、明かされぬ動機に迫る 加害少年の祖父は「内気な子でしたから」

中3刺殺 加害少年は「内気」

愛知中3刺殺事件、明かされぬ動機に迫る 加害少年の祖父は「内気な子でしたから」

事件現場となった中学校に集まった捜査員や報道陣

 14歳の少年が殺害した相手は幼なじみの同級生だった。用意した凶器は、和食の職人が使うことで知られる柳刃包丁。刺身を切るための細く鋭い刃先が特徴だけに、明確な殺意を持っていたことが窺える。犯行動機を探る手がかりは「修学旅行」にあるというのだが……。

 ***

 目の前でもがき苦しむ同級生をみて、“自分は何をやっているんだろう”と思い我に返った――。11月24日、愛知県弥富市立十四山(じゅうしやま)中学校の3年生・伊藤柚輝(ゆずき)くん(14)が殺害された事件。殺人容疑で送検された14歳の加害少年は、取り調べでそう語っているという。

 事件当日、現場となった中学校では1時間目の授業が始まる直前で、加害少年はクラスの違う伊藤くんを廊下に呼び出して、刃渡り約20センチの柳刃包丁で腹部を一突きした。

 地元記者によれば、

「刃は肝臓や脾臓にまで達し、大動脈が損傷したことが致命傷となったようです。死因は出血性ショックで、凶器は事前に加害少年が母親のアカウントを使いネット通販で購入。リュックサックに隠し中学校まで持ち込んだことが捜査の過程で分かっています」

 中学校を舞台にした同級生間の殺人事件ということで、事件直後からネットでは加害少年が“LINEグループから外された”ことが動機だという類の噂が広まった。だが、ことの真相はそう単純な話ではない。

 先の記者が続けて言う。

「県警は加害少年のスマホを押収して捜査を続けていますが、現時点でSNSを巡る仲間外れなどのトラブルは確認されていないそうです。むしろ逮捕された少年は、死亡した被害者について“伊藤くんが生徒会選挙に出た際、応援演説を頼まれたことが嫌だった”“伊藤くんが給食当番の時、すぐに箸を渡してくれなかった”“仲のよい友達との会話に割って入ってこられた”といった趣旨の供述をしているようです」

 各々の出来事は、およそ人に殺意を抱くほど決定的ではないように思えるが、被害者への鬱屈した感情を日々募らせていたのは間違いない。


■いじめ相談を受け、別々のクラスに


 事実、加害少年は昨年度に、学校側が学期ごとに行っている生活アンケートの中で“いじめを受けている”と訴えており、教師は伊藤くんに対して「相手の気持ちになって行動しなさい」と注意を行っている。学校側の説明では、その後に嫌がらせをうけていないかと何度か確認したところ、加害少年から「大丈夫です」との回答を得てはいたが、念のため二人が3年生に進級するタイミングで、別々のクラスにする配慮をしたというのだ。

「少なくとも、地元の人間は“いじめがあった”とは信じていないと思います」

 そう話すのは、現場の中学校に娘を通わせている父親だ。

「自分も十四山中の出身ですが、あの学校は昔から1クラスの人数が少なくて、いじめが起きればすぐ先生が察知して問題になるような学校でした。土地柄、荒っぽいヤンキーとか不良っぽい子がいる中学でもないし、明らかないじめが起これば大人がすぐ気づけるはず。多感な年ごろでもあるので、逮捕された彼の思い込みによるところが多分にあるのではないか、そう思うんです。殴ったりけんかしたりするとか、何か兆候があれば事前に防げていたかもしれないのに、いきなり刺しちゃうとは……」

 そう困惑するばかりだが、現場の中学校に通い被害者と加害者の双方と面識を持つ地元住民はこうも言う。

「まるで殺されたユズがいじめたみたいに報道されているけど、それは違うと思う。自分の知る限り、ユズは他人に暴力をふるったりけんかをするようなタイプではありません。誰にでもフレンドリーで男女分け隔てなく付き合い、いじめるどころか他人を楽しませたいという気持ちの強い子でした。昨年、ユズが生徒会の執行部にいた時は“学年を超えて皆で仲良くなりたい”と言って、全校生徒を集めた球技大会を提案するなど、とにかくスポーツが好きだった。LINEのアイコンはユニフォーム姿でバットを振っている写真で、中学は野球部でしたが、小学校時代はサッカー部に入っていましたよ」


■“うるさい”と怒った


 そのサッカー部には加害少年も入っていた。そもそも二人は保育園から小中と同じ学校に通う幼なじみで、兄同士が友人という間柄だったという。

「二人が通っていた小学校は生徒数も少なく、1学年に男子が10人前後、女子も14〜15人しかいなかった。和気あいあいとした学校の中で、二人の関係は距離があったと思います。ユズは明るくて常に同級生の中心にいるリーダー的な存在でしたが、逮捕された彼は大人しくて目立たない雰囲気。登下校の際、道路からはみ出して歩いていたことを注意されると、いきなり“うるさい”と怒ったり、上級生に敬語を使わずタメ口で話すこともあった。俺は他のみんなと違うというオーラを出していて、少し変わったところがある子でした」(先の地元住民)

 小学校の卒業文集で、加害少年は〈「小学校の思い出と将来の夢」〉と題した作文を書いている。SF映画が好きでスター・ウォーズなどを製作したルーカスフィルム社で働きたいと綴った上で、〈そのために、中学・高校で英語をてってい的に勉強し、専門学校で映像技術について勉強し、アメリカに行きたいです〉と記していたことからは、将来について確固たる意志を持っていたと窺える。

 ところが、高校進学を来年に控えた11月中旬、加害少年は北陸方面への修学旅行を機に殺害を決意したと供述しているという。事件で使われた凶器は旅行から帰った直後に購入したことも捜査で判明したが、いったい何があったというのか。


■「内気な子」


 前出の記者によれば、

「加害少年は学校から禁止されていたスマホを旅行に持参していたのですが、それを他の生徒に見つかり告げ口され、教師に叱られて没収されました。それまでも学校で嫌な出来事が重なって、“どうでもよくなった”と感じるようになり、伊藤くんの殺害を決意したと供述しているといいます」

 さる捜査関係者は、

「加害少年は家庭内でトラブルがあったとも口にしているが、あえて彼の側に立てば、“いじめ”などでよい思い出がなかった中学生活で、唯一楽しみにしていたのが修学旅行だったのに、それさえも“仲間の裏切り”で台無しにされた。そう感じて自暴自棄になったとしても不思議ではない。教師に言いつけたのは亡くなった伊藤くんとは別の生徒だったという話だが……」

 加害少年と同居していた祖父に尋ねたところ、

「(事件当日の朝)孫が家を出る時に“行ってらっしゃい”と声を掛けたのが最後でした。元気がなかったかと聞かれても、普段から内気な子でしたから、胸の中にしまっていたのだと思います。そういう性格の子ですので、いつもと変わらないように見えて、こちらも心情まではつかめませんでした……」

「週刊新潮」2021年12月9日号 掲載

関連記事(外部サイト)