元公安警察官は見た 某駐日大使館の国旗がある日突然、新しいデザインに…公安部が情報収集に動いたワケ

 日本の公安警察は、アメリカのCIAやFBIのように華々しくドラマや映画に登場することもなく、その諜報活動は一般にはほとんど知られていない。警視庁に入庁以後、公安畑を17年務め、数年前に退職。この9月『警視庁公安部外事課』(光文社)を出版した勝丸円覚氏に、ある日突然、国旗を変えた駐日大使館に公安部がザワついた話を聞いた。

 ***

 政情が不安定な国の場合、本国で政権交代があると、駐日大使館の大使や外交官もごっそり入れ替わることがある。

「もっとも、政権交代があっても生き残る大使もいます」

 と語るのは、勝丸氏。かつて公安部外事1課の公館連絡班に所属していた同氏は、大使館や総領事館との連絡・調整が主な任務だったため、数多くの外交官と交流があった。

「アラブのある大使館には、大統領の肖像画が飾られていました。大使は大統領のことを英雄と称え、その反政府勢力をテロリスト集団と呼んでいました。ところが、反政府勢力が政権を奪取して大統領が放逐されると、大使館の肖像画はさっさと外され、新大統領を『民主的選挙で選ばれた正当な大統領』と言い出しました」


■「大使はお会いしない」


 アフリカのある駐日大使も、劇的な政権交代の荒波を乗り越えた一人だった。

「10年程前の夏、上司から『アフリカのある駐日大使館の国旗が変わったそうだが、聞いているか?』と連絡がありました。母国で政権交代があったらしく、大使館に掲揚されている国旗が変わったとのニュースが流れたのです。何があったのか早急に調べて公安部長に報告することになりました」

 その直前、某国は激しい内戦の末に反政府勢力が優勢となり、首都を制圧しつつあるとの外電が流れていた。

「同時に独裁者と言われたトップが殺されたという情報も飛び交っていましたが、まだ真偽は確認できませんでした」

 それもあって、公安部から管轄署に「大使に会って話を聞いてこい」との指示が出されたという。

「管轄署が大使館に電話をしても、『大使はお会いしない』の一点ばりだったそうです。私は大使とレセプションで名刺交換したことがあったので、私から電話をしてみることにしました」

 勝丸氏が大使館に電話すると、受付の日本人職員は「大使からいかなる電話もつないではいけないと厳命をされています」と答えたという。

「私は、『大使館と外交官の安全に関わる差し迫った問題です。それでも会えないのか、大使に聞いてみてください』と伝えました」

 母国で政権交代があると、大使館が危険にさらされる場合があるためだ。

■一色旗から三色旗へ


「2011年2月にエジプトのムバラク大統領がチュニジアのジャスミン革命(民主化運動)の影響で失脚し政権が代わった時、駐日エジプト大使館前には、日本にいるムバラク支持派と新政権支持派が大勢集まって、互いに罵り合っていました。このままではケンカになりかねないと、警察が出動する騒ぎとなりました」

 勝丸氏は、大使館の受付と押し問答した末、ようやく「大使が会うからすぐ来て欲しい」との返事をもらったという。

「管轄署の警備課長らを同行させて大使館へ赴くと、独裁者と呼ばれた指導者が制定した一色の国旗ではなくて、反政府勢力の国民評議会が掲げる三色旗がたなびいていました」

 勝丸氏は、大使に国旗が変わった理由を聞いた。

「大使は『我々は昨日まで国家元首の政権を代表する大使館でしたが、本日をもって国民評議会を代表する大使館になりました』と言い出しました。そこで私は、『これは重大なことですよ。外務省には報告しました?』と聞くと、『まだしていません。これからです』と」

 新政権側から連絡が来て、政権交代を対外的に示すように指示されたという。

「新しい国旗は、都内の徽章屋に大至急作らせたそうです。大使館内は思ったよりも平静な様子で、日本にいる旧政権の支持派が抗議に来るという動きも特にありませんでした。日本のその国のコミュニティは小さく、大きなデモなどは起こせないということでした」

 その1カ月後、ニューヨークの国連本部に掲げられているこの国の国旗も三色旗に変えられた。日本の外務省が国家として承認したのは、さらにその2カ月後だった。

「大使館に掲げられている国旗がある日突然変わるなんて前代未聞のことです。当時の大使は密かに新しい政権を歓迎していたということでしょうね」

 大使はその後も日本に残ったが、大使を含め4人いた外交官のうち1名だけ帰国した。

「その外交官は、前政権の諜報機関から来た男性でした。彼の任務は外交官の身分を隠れ蓑にして、日本国内にいる自国民や自国の隣接国のコミュニティの動向をさぐることでした。前政権の手先だったわけですから、帰国しても新政権下で公務員を続けることはできません。帰国してその後どうなったことか……」

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)