銀座の老舗「文壇バー」が異例の移転 ママが語る「銀座事情」と「新しい試み」

銀座の老舗「文壇バー」が異例の移転 ママが語る「銀座事情」と「新しい試み」

文壇バー「ザボン」の水口素子ママ

 今でも、やはり銀座のクラブと言えば、華やかなイメージがあり、注目を集めることが多い。長い歴史は明治期の「カフェー」に源流を求める説もある。ちょっとやそっとのエピソードでは驚かれない世界だが、さすがにクラブの“引っ越し”は前代未聞だという。

 ***

 銀座6丁目の「ザボン」は11月19日で旧店舗の営業を終了。22日から26日にかけて新店舗への移転を行い、29日に同じ6丁目の引っ越し先で再オープンを果たした。

「ザボン」の名付け親は、文化勲章を受章した小説家の丸谷才一氏(1925〜2012)。来歴からも分かる通り、いわゆる「文壇バー」の系譜を持つ有名クラブだ。

 無事に引っ越しが終わり、営業を再開したことを祝い、“常連客”である人気作家が店内でサイン会を開いている。いかにも文壇バーらしい記念イベントだと話題になっているようだ。

 11月29日には林真理子氏、12月2日はノンフィクション作家の森功氏、12月8日は島田雅彦氏、12月13日は重松清氏──という豪華な顔ぶれ。

「ザボン」は引っ越し先が見つからず苦労を重ねてきた。デイリー新潮は2019年8月3日、「銀座の有名『文壇バー』が立ち退きを迫られ、移転先が見つからないワケ」の記事を配信している。


■耐震基準に新型コロナ


 やっとのことで移転先を見つけた水口素子ママは「店を畳もうかと考えていた時期もありました」と打ち明ける。

「2018年に40周年を迎えたのですが、これを区切りに辞めようかなとも思ったんです。でも、周りの皆さんが『できる限り続けたほうがいい』と励ましてくださいました。心機一転の気持ちで頑張っていると、19年5月に不動産会社から『このビルを取り壊します』と連絡があったのです。もうびっくりしました」

「耐震基準を満たしていない」というのが取り壊しの理由だった。「できる限り同じ6丁目で引っ越し先を探そう」と骨を折ったが、なかなか物件が見つからない。

 翌20年2月になると、豪華客船「ダイヤモンド・プリンセス」で新型コロナの集団感染が発生した。あっという間に全世界に感染拡大してしまい、銀座の灯も消えてしまった。

 引っ越しどころか、店の存続にも不安を感じる日々。それでも執念で近くに引っ越し先を見つけ、内装を手がけ、再オープンを果たした。

「新しい『ザボン』は、ニューヨークの老舗バー『キング・コール・バー』の内装を参考にしました。高級ホテル『セント・レジス・ニューヨーク』の中にあります。名曲『モナリザ』や『スマイル』で知られるジャズシンガー、ナット・キング・コール(1919〜1965)の名前を冠しています」(同・水口ママ)


■店を続けることが健康法


 新店舗のドアを開けると、左側の壁はジャーナリストの半藤一利氏(1930〜2021)の書が掛けられ、目の前のバーカウンターには、さいとう・たかを氏(1936〜2021)の描いたゴルゴ13のポスターが飾られている。両氏とも「ザボン」の常連客だったことは言うまでもない。

 バーカウンターの横には個室があり、その奥にソファーとテーブルが並ぶ。もちろん豪華な空間なのだが、落ちつきがあって家庭的な雰囲気も感じさせる。

「新旧2店舗の家賃を払っていた時期もありました。旧店舗を営業しながら新店舗の改装も行います。コロナ禍の追い打ちもあって、閉店したほうがよっぽど楽だったと思います。でも、やっぱりこの仕事が好きなんです。家にいたらひとりぼっちだけど、店に出ればお客さんと楽しい会話ができる。『ザボン』を続けることが、私の健康法なんです」(同・水口ママ)

 作家を筆頭に文化人、芸能人などの著名人が集うサロン的な空間──改めて考えれば、なぜ文壇バーという場所が誕生し、“ビジネス”として成り立ったのか、不思議な気持ちになる。


■銀座の浄化作戦!?


「丸谷才一さんは『僕たちはザボンという空間と会話にお金を払うんだ』と仰っていました。作家の皆さんが来てくださると、出版社の方も集まる。著名人の方も顔を出してくださる。様々な人が集まることで会話が弾みます。初対面のお客さん同士でも交流が生まれる。そういう場所を愛してくださるお客さんが今でもいらっしゃることは、本当にありがたいです。引っ越しして再オープンすると、皆さんが本当に喜んでくださった。こんなに嬉しいことはありません」(同・水口ママ)

 しかしながら、コロナ禍以外でも、銀座のクラブ界を取り巻く状況は厳しい。関係者が言う。

「クラブや飲食店が入る古いビルを壊し、新しいビルのテナントは高級ブランド・ショップを中心にする――そんな流れも顕著になっています。コロナ禍の不景気で、お客さんも、クラブで働く女性たちも、銀座を離れてしまった。再び銀座のクラブ街が隆盛を誇ることはないかもしれないが、コロナ禍さえ沈静化すれば、外国人観光客は戻ってくる。高額な服や宝石類、時計などが再び売れるだろうという読みです」


■フリースペースサロンの試みも


「ザボン」は追い出されたわけではない。引っ越しを余儀なくされたのは、ビルが耐震基準を満たしていなかったという理由だった。

 一方、働く女性の人手不足は深刻で、悩まされているという。

「緊急事態宣言が発令されると店を閉め、解除されると店を開けるわけですが、お客さんが少ないので女の子も当番制のようにして出勤してもらいました。毎日出られるわけではありませんから、収入が激減してしまいます。やっぱり引き留めることが難しく、辞めて故郷に帰り、結婚したという女性が多かったですね」

 いったんはコロナ禍が下火になっても、女性の“恐怖心”は残ってしまう。

「接客業そのものに疑問を抱く女性も増えています。お客さんはマスクをせず、お酒を飲みながら会話を楽しまれる。その側にいるのは……というわけです」(同・水口ママ)

 しかし、最近は感染者数も激減した。歯を食いしばって営業を続けていると、客層が広がるようになったという。

「引っ越しやコロナ禍を報じるニュースで、『ザボン』が取り上げられることが増えたからか、財界や自営業の方々が興味をお持ちになり、お店に来てくださるようになりました。口幅ったいことを言うわけではありませんが、銀座の飲食店街は立派な文化の一つだと思っています。高級ブティックや高級レストランばかりじゃつまらないですよ。サラリーマンの方も銀座の焼鳥屋さんで一杯やりたいはずです。銀座のネオン街で働く一人として、私もできるだけ長く店を続けていくつもりです」

 新しい試みとして、午後2時半から午後7時まで、予約をすれば店内を自由に使えるサービスも始めた。利用料金は1人5000円。アルコールも含めて飲み放題だ。

 銀座の文壇バーの店内へ、紹介なし、格安の料金で入れるのだから、貴重な体験であることは間違いない。

 Wi-Fiも完備なのでリモートワークに使うこともできる。句会やサークルの会合など、会議室の代わりにしても面白いかもしれない。

デイリー新潮編集部

2021年12月12日 掲載

関連記事(外部サイト)