ドン逮捕で開いた日大会見に文句なし 田中派の新理事長に浴びせた記者の質問に違和感

ドン逮捕で開いた日大会見に文句なし 田中派の新理事長に浴びせた記者の質問に違和感

前理事長の田中英寿容疑者の逮捕を受けて会見する日本大学の加藤直人学長兼理事長

■改革への道筋は十分に示された


 日本大学の加藤直人学長兼理事長らが12月10日に記者会見を行った。アメフト危険タックルの時も田中英壽理事長(当時)はメディアの前に登場せず、記者会見もなかったから、今回の事件発覚後も含めて「ようやく」と言えば「ようやく」だが、田中理事長解任決議(12月3日)からちょうど1週間後。準備期間を思えば、今回の記者会見を「遅い」と非難するのは酷な気がする。一切の情報公開を止めていたのは田中前理事長だろう。その田中前理事長を解任したからこそ開ける記者会見だった。【小林信也/スポーツライター】

 加藤直人学長兼理事長は、詳細な説明に入る前に、

「重要なことを先に3点、お話をしたい」と言って、次の三つを挙げた。

「第一点です。日本大学は田中前理事長と、永久に訣別し、その影響力を排除いたします。今後一切、彼が日本大学の業務に携わることを許しません。ここに宣言いたします。

 また同人の役員報酬、賞与、退職慰労金についても一切支給しないことといたします。

 第二点。今回の事案の舞台となった『日本大学事業部』について、精査の上、清算を視野に対応して参ります。

 第三点。外部有識者を中心とする『日本大学再生会議』を組織し、日本大学の将来について検討していくことにいたします」

 私はこの宣言に、「新生・日本大学の決意」のすべてが凝縮されていると感じた。

 もしこの三点が遂行され、『日本大学再生会議』が第三者の期待どおり機能すれば、田中前理事長の独裁・専横を許した組織は解体されるだろう。現時点で考えうる改革への道筋は十分に示されたと私は受け止めた。


■「理事長の命の下で対応してきた」


 しかし、記者会見に出席した記者たちの多くは、この三点を耳にしても日大への疑念を緩めず、質疑応答では攻撃的な質問が目立った。それは本質を見極めようとしない、批判的な態度で追求するのが仕事のように勘違いしている昨今の新聞・放送関係の記者たちにありがちな悪癖ではないかと感じた。

 当然、訊ねるべき質問もあるだろう。例えば次の質問があった。

「加藤理事長が田中派だったという声もあると思うんですけれども、一連の疑惑はご存知なかったのか。その学長が新理事長になることで組織改革ができるとお考えでしょうか」

 これを受けて、加藤学長兼理事長は次のように答えた。

「田中派であるかどうかという論点でございますが、『派』というのがどういう意味か私よくわかりませんけれども、業務上、学校法人の中で理事長の命に従って教学運営を行う、学長の立場としてはそういう立場でございますので、業務上においては、理事長の命の下で対応してきた。ただ個人的にどういうつながりがあったか、いわば個人的に田中理事長の言うことを聞いていたかどうかということであれば、それは否、そういう認識はございません」


■「おかしいと思っても問題にできない」


 加藤学長兼理事長のこの発言を鵜呑みにしていいかどうか、そこは取材が必要だろう。だが、「日大アメフト危険タックル問題」の当初から「日大問題」を取材し続けた私からすれば、当時アメフト部長であった加藤学長兼理事長もまた、田中体制の「被害者のひとり」と言えるのではないかと感じていた。もし田中理事長がいなければ、加藤氏はもっと普通に尊敬され、矢面に立たされることもなかった。田中体制が13年も続いた日大にあって、教授たちはそれぞれ究極の選択を迫られていた。学内で田中に背くか、やむを得ず受け入れて任務を果たすか、一切関わらない姿勢で過ごすか。

 加藤氏が一切出世を望まない、というか、体制側に関わらない生き方もできただろう。しかし、教学の現場、つまり学部内においては誰かがその役目を務めなければ生徒を指導する機能が停止してしまう。

 記者会見やその後の報道を見ても、「これで日大は本当に変われるのか?」「そう簡単に支配から脱却できないだろう」「田中体制の下にいた加藤新理事長では無理」といった決めつけが主流を占めている。しかし、加藤学長兼理事長は、煮え湯を飲まされ、誰よりも田中体制の元凶を知る人物である。質疑応答の中でも少し触れていたが、加藤氏は「なぜ田中独裁を止められなかったか」の理由を嫌というほど知っている人である。

 私はずっと取材していて、「なぜ田中体制を崩せなかったのか」「なぜ学内から声を上げられなかったのか」という世間やメディアの疑問に対する明確な答えを得ていた。組合を通じて熱心に改革を訴え続けていたある教授の言葉だった。

「世間から見ればおかしいことばかりでしょうが、田中理事長(当時)のやっていることは全部、規則に則っているんです。日大の規則には違反していないのです。だから、おかしいと思っても問題にできないのです」

 規則をひとつひとつ田中理事長が改正し、独裁体制を築きあげてきた。

「アメフト事件で辞任した井ノ口被告がなぜすぐ理事に復帰できたのか?」「どう考えてもおかしい」と世間は憤るが、この裏にも明快なカラクリがある。この点にも加藤学長兼理事長は言及していた。理事の数名は、校友会(OB会)枠で選ばれる。井ノ口被告はその枠で選ばれた。校友会の会長は誰あろう田中前理事長だった。ありとあらゆるところに、客観的なチェックの利かない規定や規則が張り巡らされていた。すべて、理事長の意向が反映され、独断専横を止められない仕組みになっているのだ。


■「日本大学再生会議」が真っ先にすべきこと


 今回の事件が発覚した時、評議員のひとりがこのように言っていた。

「臨時評議員会を開いて理事長の解任を議題にしてほしいのだけれど、これを開くかどうかも理事長の判断なのです」

 加藤氏が、規則を遵守して行動する良識ある社会人であればあるほど、この規則の下で反旗を翻せなかった現実があることも、私たちは理解する必要がある。そしてまた、見方変えれば、いまこの瞬間、加藤学長兼理事長は実質的に田中前理事長と同じ独裁的な権限を持っている存在なのだ。そのことは誰よりも加藤氏自身が知っている。まさか、その異常な砂上の楼閣で加藤氏が第二の田中になろうとはしないだろう。世間からすれば当然と思われることだろうから、あえてそのような発言はしなかったけれど、暗にそれを宣言したのが10日の記者会見だったことも、私たちは理解すべきだろう。

 そのカラクリ事態を変革しなければ、第二、第三の田中理事長が登場する余地を残す。だから、具体的な指摘をすれば、「日本大学再生会議」が真っ先にすべきは、理事長独裁体制を可能にする学内規定の改定だ。それこそが根幹。その認識を持ち、遂行できる人材が「日本大学再生会議」の構成員に選ばれることが改革実現の肝になる。


■感情的な非難は賢明ではない


 田中体制の中で学長に就任した加藤氏が、道義的、イメージ的に今後も理事長そして学長にとどまるのか。これは加藤氏が厳しく自問するところだろう。どの段階でけじめをつけるのか。私は、これまで述べた改革のキーポイントを痛いほど知る加藤氏をおいて改革の中心人物はいないと思うので、世間の感情的な非難で辞任に追いこまれるのは賢明でないと感じる。「日本大学再生会議」に道筋を示す役割は加藤氏が担うべきだろう。

 記者会見を見て、「田中前理事長に選ばれた加藤学長はすぐやめるべきだ」との指摘もある。だが、察しのいい読者はすでにお分かりと思うが、実情を痛いほど知っている加藤学長兼理事長には「すぐには絶対やめられない理由がある」のだ。理事長独裁が可能な規則がある限り「いまは誰にも渡せない」、その規定を変えるまでは「自分以外に任せられない」、それが加藤氏の切なる思いではないだろうか。

 日本大学とその付属校では、いまも多くの学生が学んでいる。教職員もいる。卒業生たちも大勢いる。この人たちの選択や経歴はいまさら変えることができない。日本最大級の学校法人が健全に再生することを心から願う。

小林信也(こばやし・のぶや)
1956年新潟県長岡市生まれ。高校まで野球部で投手。慶應大学法学部卒。「ナンバー」編集部等を経て独立。『長島茂雄 夢をかなえたホームラン』『高校野球が危ない!』など著書多数。

デイリー新潮編集部

2021年12月12日 掲載

関連記事(外部サイト)