元公安警察官は見た 私も通いつめた…捜査員にとって風俗店は極上の情報源である理由

 日本の公安警察は、アメリカのCIAやFBIのように華々しくドラマや映画に登場することもなく、その諜報活動は一般にはほとんど知られていない。警視庁に入庁以後、公安畑を17年務め、数年前に退職。この9月『警視庁公安部外事課』(光文社)を出版した勝丸円覚氏に、“公安対象”としてマークしていた人物の情報を収集するため風俗通いした経験を聞いた。

 ***

 勝丸氏は、かつてある在日ロシア人の男を“公安対象”としてマークしたことがある。

「公安対象とは、スパイやテロリストのみならう、それらの支援者、同調者を指します」

 と語るのは、勝丸氏。

「外国人を公安対象とする際も、日本人と同じように基礎調査(基調)を行います。時間をかけて尾行や監視を行い、経歴、交友関係、行きつけの店、趣味、借金の有無などを調べた上で、接近するきっかけを探します」

 基調の結果、マークしたロシア人はロシア大使館のスパイ(外交官)の協力者だったことが判明したという。


■公安捜査員が風俗店の常連


「さらに、そのロシア人は、都内のある風俗店に入れ込んでいることもわかりました。ときどき別の店にも行っていたようですが、ほぼ毎回、その店に籍をおく特定の日本人女性を指名予約していました」

 勝丸氏は、ここでどうするか検討したという。

「ロシア人が指名している女性を公安の協力者にして、彼女から情報を取る方法があります。しかし彼女から我々が期待している情報が取れるかどうかは微妙。結局、核心に触れる話は女性に明かさないだろうとの判断から、彼女を協力者にすることはやめました」

 残る手段は、公安捜査員がお客としてその店の常連になることだった。

「風俗店の中には、警察に協力的な店が結構あります。店が協力的かどうか判断するには、所轄署の生活安全課に聞けばわかります。公安部から直接所轄の生活安全課に聞くわけにはいかないので、警視庁の生活安全部から聞いてもらうのです」

 1度摘発を受けた風俗店は警察を嫌うが、そうでない場合は所轄署とパイプがあることが多いという。

「社長がボクシングのプロモーターもやっている都内の風俗店では、日頃から試合の警備などのことで警察と付き合いがあるようで、担当の警察官に店の割引券を配っていました。こういう店に公安対象が常連客として通っている場合、店長や店のオーナーなどから貴重な情報を入手することができます。わざわざ警察のために、公安対象と世間話をしながら情報を聞き出してくれることもあるんです」

 件の風俗店は、運よく警察に協力的な店だったという。

■幕張メッセの展覧会


 勝丸氏は店に1カ月ほど通って、風俗店の店長と親しくなった。

「おかげでロシア人が何をしているのか、だいたいわかってきました。幕張メッセなどで開催される警備グッズや防弾チョッキなどの展覧会に足を運んでいたそうです。彼はロシア外交官の指令を受けてパンフレットを入手し、ブースにいる人と名刺交換していたと思われます。その名刺を外交官に渡し、日本の協力者を探しているようです」

 さらに、風俗店からロシア人が行きつけのレストランやバーも教えてもらった。

「彼が通うレストランを張り込んだところ、企業の幹部と見られる日本人やロシアの外交官と会食していたことも確認しました」

 それにしても、かなり時間のかかる地道な捜査である。これだけ時間をかけて、どのくらいの成果があるのだろうか。

「このような捜査は普通、少なくとも3カ月はかかります。情報がまったく取れなくて空振りする場合の方が多いですね。情報を取れる確率は3割もありません。3カ月経っても何の成果も上げられなければ、捜査は打ち切りとなります」

 結局、この公安対象となったロシア人はその後摘発されてはいないが、今も公安捜査員が目を光らせているかもしれないという。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)