Z世代は長生きを望まない? 希望の寿命は79歳…「長生きしたって仕方ない」と諦観

Z世代は長生きを望まない? 希望の寿命は79歳…「長生きしたって仕方ない」と諦観

Z世代が希望する寿命は79歳

Z世代は長生きを望まない? 希望の寿命は79歳…「長生きしたって仕方ない」と諦観

「できれば働きたくない」のが本音

 令和の時代を生きる若者たちの将来展望はいかようか。シチズン時計が18歳から25歳のZ世代と呼ばれる男女を対象に、理想の「人生の時間割」を調査した。

 結果の数字を平均すると、結婚は31歳、子を持つのは33歳。マイホームを36歳までに持ち、56歳までにリタイアしたいという。ナンと30歳前の退職を16%が望んだとかで、年金は60歳から受け取りたいそうだ。

 さらに「何歳まで生きたい?」という問いへの回答は、男性が平均81歳、女性が平均78歳、ならして79歳と出た。現在、日本人の平均寿命は男性81.64歳、女性87.74歳だから、Z世代は「今の人ほど永らえられなくていい」と考えていることがわかる。

 これには政府も頭が痛かろう。人生100年時代を謳い、一億総活躍の旗印のもと、今年、70歳までの就業機会を確保するよう企業に努力義務を課した。なのに若者は国の構想など知らぬ顔、長寿に無関心で、さっさと引退したいというのだ。

 Z世代に詳しいトレンド評論家の牛窪恵氏は、

「若者たちが長生きを望まないことは、すでに10年ほど前から国や民間の調査で明らかになっています」

 と言うのである。

「2007年に“消えた年金問題”で年金制度への懸念が高まりました。将来設計に不安を抱え、長生きするには充分な備えが必要との考えを強くした親の意識が、Z世代に反映しているわけです。金の余裕なくしては健康に生きていけないと理解し、ならば無理に長生きしなくてもいい、との思いが強いのです」


■職場環境の悪さ、将来への諦観


『新型格差社会』などの著作がある中央大学の山田昌弘教授(社会学)も同様に、

「若い人は孤独死に関する報道にも日常的に触れていて、金がなく、誰にも相手にされず孤独に死ぬならば、長生きしたって仕方がないという考え方。金があって家族に囲まれながら長生きするなんていう理想の状況は、端(はな)から望めないという諦観があるんです」

 さらばバリバリ働いて稼ごう、とはならないらしい。牛窪氏によると、

「終身雇用制度は崩壊し、国や会社はアテにできない。出世に意義を感じにくい彼らは、家族や仲間との時間を大事にしたいと考える。彼らは投資に熱心なんですが、それさえも、ある程度の年齢までにそこそこの資産をつくってリタイアし、手元の資金で身の丈にあった暮らしを送れれば幸せとの堅実すぎる発想がある」

 山田氏もこう言う。

「職場の環境が悪すぎます。働いても給料は上がらず、上の世代が滞留していて、若い層にとっては活躍の場が開けそうにない。だから仕事よりも趣味の世界に希望を抱く。働かずに済むなら、すぐにでも仕事をやめたいというのが本音。リアルな世界に絶望し、ゲームなどの仮想世界で楽しんでいる感じでしょうか」

 話を聴くのが特技という総理に聞かせられない現実。

「週刊新潮」2021年12月9日号 掲載

関連記事(外部サイト)