北京五輪をボイコットせよ! 「Jアノン」が1年ぶりに大集結を実況中継

北京五輪をボイコットせよ! 「Jアノン」が1年ぶりに大集結を実況中継

銀座・数寄屋橋で勇ましいデモの中身とは

 12月12日、東京・銀座の数寄屋橋交差点を120人ほどの集団が行進した。来年2月に開催される北京冬季五輪のボイコットを訴えるデモだ。一体、彼らは何者なのか。ジャーナリストの藤倉善郎氏が実況中継する。

 ***

「人権侵害国家に五輪開催資格はな〜い!」

「日本政府は北京五輪を外交的ボイコットしろ〜!」

 12月12日。小春日和の日曜日を楽しむ人々で賑わう銀座・数寄屋橋交差点を、120人ほどのデモ隊が大音量で叫びながら通り過ぎていった。

 掲げられる旗の大半は日の丸だが、先頭にはチベット旗や内モンゴル(南モンゴル)旗身にまとう人の姿も。ウイグル、台湾、香港も含め、中国関連で外交・人権問題を抱えた地域の旗を1枚にまとめた幟旗(のぼりばた)もあった。

 保守系団体による「北京五輪外交的ボイコット推進デモ」だ。

 来年2月の北京冬季五輪については、欧米諸国の「外交的ボイコット」表明が相次いでいる。日本でもこうしたデモが行われるのは当然だが、主催者や参加者の顔ぶれが興味深かった。約1年前、アメリカ大統領選をめぐって日本でトランプ支援デモを繰り返した「Qアノン」の日本版、いわゆる「Jアノン」の面々なのだ。

 反北京五輪デモなのに「Make America Great Again(偉大なアメリカを再び)」、「TRUMP2020」などと書かれた赤い帽子をかぶった参加者が何人もいた。


■統一教会、幸福の科学、法輪功、新中国連邦……


 Qアノンは、アメリカの政治が「ディープ・ステート(影の政府)」に操られている等とする陰謀論を掲げ、それと戦うトランプこそがアメリカ大統領に相応しいとして支援運動を展開した人々だ。大統領選でトランプがバイデンに敗れると、今年初めには連邦議会議事堂襲撃事件を起こして死者まで出した。

 日本でも類似の主張を掲げデモや街宣を繰り返した人々がいた。そのうち、福岡で開催されたデモを、ルポライターの安田峰俊氏がデイリー新潮「博多でトランプを支援する『Jアノン』 デモ密着で見えた正体」(21年01月19日配信)でリポートしている。

 アメリカのQアノンには、ネット上で集う個人のほかに、保守的な宗教勢力も関わっている。その中には日本でも活動している団体もある。統一教会(現・世界平和統一家庭連合)、その分派で教祖・文鮮明(ムン・ソンミョン)の7男・文亨進(ムン・ヒョンジン)が率いるサンクチュアリ教会(日本での団体名は「日本サンクチュアリ協会」)、法輪功などだ。

 文亨進は連邦議会襲撃事件の際、議事堂前広場で行われていたQアノンによる抗議活動にも参加。自身は議事堂に突入はしなかったようだが、催涙弾が飛び交う広場の様子をリポートする動画をYouTubeで公開している。また、トランプが演説した今年の保守合同イベント「CPAC(保守政治活動会議)」には幸福の科学の信者が登壇。現地メディアでも幸福の科学とQアノンとの関係が取り沙汰された。


■中国系の反中共運動


 Jアノンにも、これらの宗教団体の関係者が関わっている。特に街宣やデモといった路上での活動の主力は、サンクチュアリ教会や幸福の科学の信者が関わる保守系政治団体だ。その周囲で法輪功がチラシや新聞を配り、法輪功系メディアがデモを取材してネットに「ニュース」として流す。

 昨年11月29日に都内で行われたトランプ支援運動にはこれら全てが勢揃いし、1000人近い規模のデモを開催した。アメリカに亡命した中国人実業家・郭文貴がトランプの元側近のスティーブン・バノンとともに設立した「新中国連邦」の姿もあった。中国共産党に批判的な中国人の参加が多かったのだろう。あちこちで中国語が飛び交う国際色豊かなデモだった。

 法輪功や新中国連邦などトランプを支持する中国系の反中共運動は、前出の安田氏流に言えば「Cアノン」。この時のデモは「J・Cアノン・オールスター」とも言える豪華な顔ぶれだった。

 それから1年。反北京五輪を掲げ、彼らが再び大集結したのだ。


■信仰、陰謀論、愛国、反中共


 昨年、トランプ支援の街宣やデモを行っていたのは「トランプ米大統領再選支持集会・デモ実行委員会」。そこに複数のサンクチュアリ教会関係者、あるいは関係者が代表を務める政治団体が関わっていた。同じ関係者が、今回の「北京五輪ボイコット推進集会・デモ」にも「スタッフ」の腕章を着けて参加。シンポジウムや街宣でも、登壇してスピーチした。

 やはり昨年からトランプ支援デモ等を繰り返してきた幸福の科学信者の男性も、主催者側関係者として登壇。信者であることを明かした上で、「私達は戦い続けなければならない、皆様方はそのためにこの地上に生まれてきた」と、信仰に基づいて中国共産党と戦う決意を語った。

 私が席につきシンポジウムの開始を待っていた際、若い男性がチラシを手渡してきた。

「いま反中国の映画を作るための資金を集めています。よろしくお願いします」

 チラシにある監督の名を見ると、これも幸福の科学の関係者。2012年に尖閣諸島に無断上陸して中国を刺激した幸福の科学信者がいるが、その時の様子を追ったドキュメンタリー映画『尖閣ロック』(2013年公開)の監督だ。

 デモや街宣の周囲では法輪功が、中国共産党批判だけではなく法輪功の功法を学ぶ道場の案内も含んだチラシを配布。また、来年2月に劇場公開予定の幸福の科学の映画『愛国女子 紅武士道』のチラシも配られた。そこには、こんなメモが貼られていた。


■お得な無料チケットも


〈本日はデモへのご参加大変お疲れ様でした!! 私も参加させていただいた一人です。デモ主催者にお許しいただき、個人的に皆様にこのチラシをお配りさせていただきます。(略)このようなデモに参加される皆様は、そもそも愛国心の塊のような方だと思いますが、ぜひご覧くださって、再確認していただければ幸いです。〉

 そこに書かれたメールアドレスに連絡すると、映画の無料チケットをもらえるという。お得なチラシだ。

 さらにデモ後の街宣では、Qアノンの陰謀論に登場するディープ・ステートを云々する演説や、新型コロナウイルスのワクチンを批判する演説もあった。宗教、陰謀論、愛国、反共が混沌をなした運動だ。

 昨年のトランプ支援運動が反中共運動に変化したわけではない。トランプ支援運動そのものが、彼らの宗教的な信条に基づく反中共運動の一環だった。中国共産党に対抗できる大統領はバイデンではなくトランプであるという文脈が前面に打ち出されていた。「中国の驚異から日本とアジアを守ろう!」「Take down CCP(中国共産党を倒せ)」といったシュプレヒコールも繰り返されていた。


■国会議員からの激励も


 これに混じって、幸福の科学教祖・大川隆法氏を称える「ウィズセイビア!(救世主とともに)」というシュプレヒコールがあがる場面もあった。一連の運動は幸福の科学の公式活動ではなく信者有志によるもの。しかし信者たちは、デモや街宣の場で信者であることを自ら堂々と明かす。

 サンクチュアリ教会関係者は自身の所属も信仰も明らかにはせず、直接的な宗教アピールはなかった。とはいえ統一教会は、2015年に分派したサンクチュアリ教会の数十年も前から、「国際勝共連合」等を通じ教団を挙げて反共運動を展開してきた。

 なかでも幸福の科学信者の中国共産党に対する「敵意」はすさまじい。私は幸福の科学から敵視されており、信者の中には私を「悪魔」と呼ぶ者もいるほどだが、この日のデモでは信者から「中国共産党を倒すためなら藤倉さんとでも手を組む」と言われた。信仰のために悪魔と手を組むのでは本末転倒のような気もする。しかし、とにかくそれほどまでの覚悟なのである。

 これを意気に感じてのことかどうかはわからないが、今回のデモには激励メッセージを送った国会議員が複数いた。デモ前のシンポジウムの締めくくりに、主催者が代読した。名前が挙がったのは、杉田水脈・衆議院議員、三ッ林裕巳・衆議院議員、山田宏・参議院議員、和田政宗・参議院議員だ。

 参加者120人という数は、最大で1000人近く集めた昨年のトランプ支援デモに比べ遥かに少ない。しかし、国会議員の応援メッセージまで集まるあたりには、政治的な広がりを感じさせられる。今後、福岡や大阪でも同様のデモが予定されているという。

藤倉善郎(ふじくら・よしろう)
ジャーナリスト。1974年生まれ。宗教団体以外も含めた「カルト」の問題を取材。2009年にはカルト問題専門のニュースサイト「やや日刊カルト新聞」を創刊し、カルト被害、カルト2世問題、カルトと政治の関係、ニセ科学やニセ医療、自己啓発セミナーの問題などの取材を続けている。著書に『「カルト宗教」取材したらこうだった』(宝島SUGOI文庫)。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)