愛子さまのお誕生日文書で際立った「眞子さん・佳子さま」との違い つづられた感謝とご決意

愛子さまが20歳の誕生日を迎える 眞子さんや佳子さまとの服装の違いを指摘する声

記事まとめ

  • 愛子さまが20歳の誕生日を迎え、「全ての方に感謝」などとつづられた文書を公表した
  • 両陛下への挨拶時の服装は、華麗さを見せていた眞子さんや佳子さまと違っていたらしい
  • 愛子さまは不登校が報じられたこともあったが、困難を乗り越えて立派に成長したという

愛子さまのお誕生日文書で際立った「眞子さん・佳子さま」との違い つづられた感謝とご決意

愛子さまの装いは


 12月1日、晴れて20歳のお誕生日を迎えられた愛子さま。お誕生日に際して公表された「お誕生日文書」では、「全ての方に感謝」「両陛下をお助けしていきたい」とのお気持ちがつづられていた。

 ***

 天皇家の皇族が成年を迎えられるのは、1989年の紀宮さま(黒田清子さん)以来、32年ぶりである。

「愛子さまご自身の“学業優先”というご意向もあり、成年の儀式はお誕生日当日と5日の2日間に分けて行われました。5日は午前中に宮中三殿を参拝された後、陛下から宝冠大綬章をお受けになり、午後にはあらためて両陛下に宮殿でご挨拶なさいました。その後、上皇ご夫妻にご挨拶のため高輪の仙洞仮御所を訪ねられ、皇居に戻られた後、皇族方や三権の長、元皇族から続けて祝賀をお受けになったのです」(宮内庁担当記者)

 宮中三殿では「参拝服」と呼ばれる丈の長いドレスで拝礼され、勲章の親授は「ローブモンタント」、そして両陛下へのご挨拶には最も格式の高い「ローブデコルテ」で臨まれた。皇室の衣装に詳しいファッション評論家の石原裕子氏によれば、

「ローブデコルテは明治時代に正式な第一礼装とされたドレスで、ティアラやネックレスを際立たせるために胸元が開いています。皇族方は神聖な色である白を中心にお召しになっており、今回、愛子さまはすっきりとしたVネックに少しだけ肩を覆ったフレンチスリーブで、本来は肌を出して宝飾品の美しさを強調するローブデコルテにシンプルで清潔な印象を与えています」

 また、上に羽織るジャケットも、

「眞子さんのボレロ、佳子さまのショールカラーが女性らしい華麗さを見せていたのに対し、愛子さまはメンズアイテムであるテーラードジャケットになさいました。シャープで力強く、成年皇族としての強い覚悟をお見せになりました」

■感謝とご決意


 報道陣のお声掛けにも、愛子さまは微笑まれ、

「成年行事での(たたず)まいは、品があり優雅で、どことなく香淳皇后のお若い時分、良子(ながこ)女王の頃に似ていらっしゃると感じました」

 とは、皇室ジャーナリストの渡辺みどり氏。

「愛子さまは学習院初等科時代には不登校が報じられ、心配された雅子さまが校外学習に付き添われて批判を浴びたこともありましたが、そうした時を経て、実にご立派に成長なさいました。それは、今回ティアラを借り受けられた黒田清子さんをお手本になさってきたことも大きいと思います」

 愛子さまは1日、成年を迎えられてのご感想を公表。その中では、

〈天皇皇后両陛下には、これまで愛情深く大切に育ててくださり、どのようなときも一番近くで支えてくださいました〉

〈一つ一つのお務めに真摯に向き合い、できる限り両陛下をお助けしていきたい〉

 と、感謝とご決意をつづられていた。


■「全ての方に深く感謝いたします」


 皇室ジャーナリストの神田秀一氏が言う。

「すでに成年皇族としての心構えができていらっしゃるようで、大いに安堵しました。皇室は、家長としての天皇陛下を周りの皇族方がお支えするという形で成り立っています。そのあり方に深く思いを致され、果たすべき役割について覚悟を決めていらっしゃるようにも感じました」

 愛子さまはまた、

〈全ての経験が、今、私の財産となっています。今日に至るまで私の歩みに関わってくださった全ての方に深く感謝いたします〉

 とも記されていた。

「愛子さまが歩まれた道のりは決して平坦ではありませんでした。ご自身や雅子さまへの批判が苦しい体験だったことは言うまでもありませんが、お立場についても不透明な部分が多かった。ご誕生によって政府では皇位継承に関する議論が始まり、あるいは女性天皇として即位して頂くという可能性も含めたやり取りがなされてきました。不安定なお立場でお過ごしになるストレスはさぞお辛かったでしょうが、それでも困難を乗り越え、すべての国民を包容なさるようなご姿勢を示されたのですから、万感胸に迫るものがあります」(同)

「週刊新潮」2021年12月16日号 掲載

関連記事(外部サイト)