「紀州のドンファン殺人事件」マスコミの前から忽然と姿を消した「家政婦」が“暴露本”を出版

"紀州のドンファン"資産家の野崎幸助さんの家政婦・木下純代さんが暴露本を出版

記事まとめ

  • 「紀州のドン・ファン」こと資産家の野崎幸助さんの家政婦が、暴露本を出版する
  • 事件当日、元妻の須藤早貴被告とともに野崎さんの豪邸の中にいた家政婦の木下純代さん
  • 双葉社のHPでは「家政婦は見た! 紀州のドン・ファンと妻と7人のパパ活女子」と紹介

「紀州のドンファン殺人事件」マスコミの前から忽然と姿を消した「家政婦」が“暴露本”を出版

「紀州のドンファン殺人事件」マスコミの前から忽然と姿を消した「家政婦」が“暴露本”を出版

”紀州のドンファン”こと野崎幸助氏と早貴被告

 まさしく“リアル家政婦は見た”である。「紀州のドン・ファン」こと資産家の野崎幸助さん(享年77)の家で家政婦として働いていた木下純代さん(70)が、12月22日に双葉社から本を出版することがわかった。彼女は事件当日、元妻の須藤早貴被告(25)とともに豪邸の中にいた「真相を知る人物」。当初、テレビにも頻繁に登場し、潔白を訴えていたが、事件から1年ほど経ったころにメディアの前から忽然と姿を消していた。いったい著書の中で何を語るのか――。

 ***


■嘘発見器にもかけられていた


 事件発生直後、和歌山県田辺市に構える野崎さんの豪邸に出入りしていた木下さんに声をかけると、「本当は話したいことあるのよ、けど言えないの。ごめんね、ごめんね……」と答え、家の中へ消えてしまった。だが、こんな対応をしたのも束の間のこと。その後、彼女は連日、メディアに囲まれ、「密室内」の様子を饒舌に語り出すのである。

 この時点では、彼女も“被疑者”の一人だった。

 2018年5月24日、木下さんは早貴被告と、野崎さんの3人で家の中にいた。夕食用の鍋を作ってから午後3時過ぎに外出。午後7時ごろに戻ってくると、野崎さんは2階の寝室に、早紀被告は1階の寝室にいたという。その後、野崎さんが2階で倒れるのだ。死因は急性覚醒剤中毒で、発生から3年経った今年4月に、早貴被告が殺人と覚醒剤取締法違反の容疑で和歌山県警に逮捕されたのは周知の通りである。

「一時期、木下さんは警察から疑いの目を向けられ、何度も事情聴取に呼ばれていました。嘘発見器にもかけられ、昨年には彼女が住んでいた東京の家も家宅捜索されています。早貴被告が逮捕されて、ようやく嫌疑が晴れたのです」(和歌山県警担当記者)


■突然、記者たちの前から姿を消した


 そんな事件を知るキーパーソンが、とうとう“暴露本”を出版するという。その噂は半年前から駆け巡っていた。記者はその情報をキャッチし、双葉社の担当者に直撃したが、当時は「まだ決まっていません」と答えるのみだった。

 これだけ世間に知られた重大事件なのだから、出版社としてはもっと早く出したかったであろう。この間、何があったのか。

「キーパーソンは、木下さんの娘さんだと思います。娘さんはかつて大手レコード会社に所属する歌手でした。出版話も彼女が進めていたと聞いています」

 こう語るのは、この事件を追いかけ続けてきた記者だ。

「19年の春先まで、木下さんは銀座のスナックで働いていて、いろいろな社の記者たちとどんちゃん騒ぎを繰り広げていました。けれど、しばらくすると急に店から姿を消し、電話も通じなくなったのです。おかしいと思って調べると、娘さんが間に入り、私たちとの間を遮断していたことがわかった。娘さんは、事件が起きた時は海外にいたのですが、帰国してから母親が大変な騒ぎに巻き込まれていると知って、怒り出したというのです。彼女の携帯を奪い取り、片っ端から知り合いの記者を着信拒否に設定してしまった」


■認知症の傾向


 記者は「本当に彼女が本を書けるような状態だったか疑問です」と続ける。

「発生当時は話がしっかりしていたんですが、途中から言っていることがコロコロ変わってきた。明らかに認知症の傾向があったので、私たちも証言として使わないようにしていました。とても彼女自身が、本をまとめられるような状態だったとは思えません」

 すでに双葉社のホームページには、出版情報がアップされている。タイトルは「家政婦は見た! 紀州のドン・ファンと妻と7人のパパ活女子」。紹介文にはこうある。

〈2018年5月24日に起きた「紀州のドン・ファン」こと資産家・野崎幸助氏の怪死事件。約30年間にわたり、野崎氏を支えてきた家政婦が初めて明かす、事件当日の状況とドン・ファンを取り巻いた“パパ活女子”たちの生態。芸能人、美人アスリート、モデル、東大生――“上級プロ彼女”が身を投じた「愛なきSEX」の末路とは。〉

 タイトルからして、つい手に取りたくなる一冊だが、果たして事件の真相にどこまで迫っているのか。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)