滋賀の女子高生誘拐・死亡事件、容疑者のトラブル歴 アパートの家主、勤務先の写真関連会社と裁判沙汰に

滋賀の女子高生誘拐・死亡事件、容疑者のトラブル歴 アパートの家主、勤務先の写真関連会社と裁判沙汰に

篠原さんが亡くなった現場のアパート

 38歳の男と21歳の女が19歳の女子高生をSNSで誘い出し、アパートに連れ込んだ。しかし、その誘いに乗ったのはあまりにも危険だった。地元で彼が起こしてきたトラブルの数々がそれを物語っていたからだ。

 事件が発覚したのは今月12日の午前10時50分頃。滋賀県守山市のアパートの一室で京都市の女子高生、篠原聖奈(せな)さん(19)が倒れているのが見つかり、死亡が確認されたのだ。

 前日の夕方、このアパートの住人である入江公史郎容疑者(38)と岐阜県在住の金城え夢容疑者(21)はSNSで知り合った篠原さんを電話で誘い、京都へ車で迎えに行ったという。翌日、「女性が倒れている」と119番通報したのは金城容疑者だった。

 県警担当記者が言う。

「二人の容疑者と篠原さんが会うのは、その日が初めてでした。篠原さんの死因は薬物中毒で、さらに、入江容疑者のアパートのごみ箱から、抗不安薬と睡眠導入剤100錠分の空き容器が見つかっています。容疑は未成年者誘拐ですが、県警は亡くなった経緯を詳しく調べています」

 ネットでの安易な出会いが引き起こした悲惨な事件。見ず知らずの男女が集い、何を話していたのか。

 そもそも現場周辺から聞こえてくるのは入江容疑者の悪評だった。


■会社を相手取り…


 一つはアパートの家主との裁判だ。月額5万円前後の家賃を滞納し、裁判沙汰になっているという。

 その家主によれば、

「保証協会が間に入り、入江さんとは裁判中です。今年の8月くらいに協会から“家賃滞納の件で裁判をするからハンコを押してくれ”と言われました。滞納額について詳しくは知りませんが、1年近くは滞納しているのではと思います」

 現在は無職という入江容疑者は家賃も満足に払っていなかったわけだが、かつてはカメラマンとして働いたことがあった。しかし、そこでもトラブルが……。

「数年前、市内にある写真の関連会社に職を求めて応募したことがあったそうです」

 とは事情を知る地元の業界関係者。

「カメラが好きだから、と自らカメラマンの仕事をしたいといって面接を受けたんです。でも、お試しで働いてもらうと、どうもカメラの腕は良くないし、情緒不安定で、叱責すると急に泣き出してしまう。そのような人だというのが分かり、正式採用せずにいると、今度は入江さんが会社を相手取り訴訟を起こして……」

 訴えられたという当の会社の担当者に入江容疑者のことを尋ねると、

「何年か前に確かにいましたよ。ただ、ごく短期間です。裁判の結果? うちが勝ちましたよ。もううちとは関係ありません」

「週刊新潮」2021年12月23日号 掲載

関連記事(外部サイト)