「鬼滅の刃」で話題の“遊廓”ってどんなところ? 現役営業中の「泊まれる遊廓」ベスト3

 日本中で社会現象を巻き起こした「鬼滅の刃」のテレビ新シリーズ「遊郭編」がスタートした。「遊郭編」の放送の発表と同時にさまざまな反響があり“子どもに見せる見せない?”などの論争もあった。

 舞台となる「遊廓」は今の日本には存在しない。昭和33年に「売春防止法」の施行により、全国に点在していた遊廓は事実上廃止されたのだが、実はまだ「遊廓で一夜を過ごす」ことができるというのだ。

「現在も、遊廓に泊まることは可能です。厳密に言えば、かつて遊廓だった旅館に泊まる、という意味ですが――」

 そう教えてくれたのはカメラマンの関根虎洸(ここう)さんだ。関根さんは、旧満州に日本が建設した遊廓跡を訪ねたことをきっかけに、粋を凝らした遊廓建築に魅了され、全国に残る元遊廓の宿を3年にわたって取材、撮影した。関根さんが著した『遊廓に泊まる』には、“現役営業中”の14軒の宿が紹介されている。

 ***

 法律の施行により消滅した遊廓の跡には、当時の建物が残っているものも多からずあるが、経営者の子孫や家族の暮らす個人宅である場合が多い。いきなり訪問したり、撮影したりするのは迷惑であり、NGだろう。

■一人でも泊まれる元遊廓の宿


 一方で、旅館として生まれ変わり、往時の建築の風情を残しながら今も営業している宿が、まだわずかに存在する。

 宿であれば、そこに泊まることで、在りし日の姿に思いを馳せてみることも可能だろう。

『遊廓に泊まる』で紹介されている“現役営業中”の14軒の宿の中でも、一人で旅行しても安心して泊まれる元遊廓の宿ベスト3を、関根さんに挙げてもらった。

「初めて行く方に絶対におすすめしたいのが、青森県八戸市の新むつ旅館。明治時代の遊廓の姿をほぼそのまま残している建築自体がすごいです」

 この宿では昔の資料の保存にも力を入れていて、貴重な資料を閲覧できるというのもポイントだ。

「同じ青森の黒石市にある中村旅館もすばらしいです」

 ここは遊廓建築独特の遊び心が随所に見られる宿で、かつ、目玉焼きに塩じゃけ、納豆、お味噌汁……といった正当な日本の朝ごはんが印象に残るという。

「ご主人が磨き好きで、どこもかしこもツヤツヤ。清潔感のある宿といえば山口県萩市の芳和荘です」

 手入れの行き届いた中庭をぐるりと回廊が囲み、そこに各客室が配されている造りで、景観が良い。若い女性からも人気の宿という。

 関根さんによれば、こうした元遊廓の旅館経営者はすでに高齢で、後継者問題が深刻という。近い将来には姿を消してしまうかもしれない。ご興味のある方はいまのうちに訪ねてみてはどうだろうか。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)