神戸山口組・井上組長と話したところ…2022年のヤクザはどうなる? 高山清司若頭の山口組7代目襲名はあるのか?

元山口組系「義竜会」会長・竹垣悟氏が2022年の暴力団はどうなるかを語る

記事まとめ

  • 元山口組系「義竜会」会長・竹垣悟氏が2022年の暴力団はどうなるかを語っている
  • 山口組は司忍6代目が80歳になるのを機に高山清司若頭に組長を譲る可能性があるらしい
  • 神戸山口組・井上邦雄組長は組を解散する気はなく、意気軒高な様子だったという

神戸山口組・井上組長と話したところ…2022年のヤクザはどうなる? 高山清司若頭の山口組7代目襲名はあるのか?

神戸山口組・井上組長と話したところ…2022年のヤクザはどうなる? 高山清司若頭の山口組7代目襲名はあるのか?

井上組長の肉声は?

■いよいよ現実味を帯びてきた印象


 元山口組系「義竜会」会長で暴力団組員の更生を支援するNPO法人「五仁會」主宰の竹垣悟氏は最近、神戸山口組の井上邦雄組長と話したという。その会話を通じて何を感じたか、2022年のヤクザはどうなるか、巷間言われる高山清司6代目山口組若頭の7代目襲名はあるのかについて語る。

「少し前に、7代目を高山清司若頭が継ぐという話が出回りました。1月25日に司忍6代目が80歳になるのを機に若頭に組長を譲るという内容です。これまで幾度となく言われてきたものですが、いよいよ現実味を帯びてきた印象がありますね」

 と、竹垣氏は語る。

「高山若頭の当代への貢献は絶大なものがあります。カネの面では言うまでもないですし、2008年の後藤組・後藤忠政組長や直参13人への処分や2015年の神戸山口組の結成というクーデターに関し、信賞必罰を旨とする組織運営で自ら嫌われ役を買って出た。健康状態がそこまで芳しくなく、“早めに組長に”と望む声もあるようで、あとは司組長が親心をどのタイミングで見せるかということなのかもしれません」


■解散してカタギになる可能性は


 7代目襲名となった暁には、

「順当に行けば、ナンバー2の若頭には6代目若頭補佐で3代目弘道会会長の竹内照明組長が就くでしょう。司6代目は山口組から引退せず、総裁のようなポジションを作られそこに収まる可能性もある。高山若頭が2代目弘道会を司組長から引き継いだ際、司組長が総裁となった『前例』がありますから」(前出・竹垣氏)

 長らく続く神戸山口組との闘争はどうなるのか?

「ジワジワと神戸の方へちょっかいをかけつつ、締め付けて行くやり方は変わらないでしょう。戦闘状態は続くことは間違いない。田岡3代目時代、松田組との抗争は『大阪戦争』と呼ばれましたが、3代目側が抗争終結宣言を出していますね。6代目もそのように宣言を出せばよいのではという指摘もないわけじゃないのですが、これが出せない。親を裏切った神戸側を絶縁し、組織として認めていないですから」(同)

 この間、「神戸山口組の井上邦雄組長が組を解散するとか、カタギになるなら生命の保障をする」という考えを高山若頭が持っているなどと報じられたこともあるが、実際はどうなのか?

「最近、井上邦夫組長と電話で話しましてね。組長に近い人物が電話をかけてきて“陛下と代わりますわ(笑)”と言ったあとに井上組長に代わりました。大半は世間話でストレートな質問はしていませんが、少なくとも組を解散してカタギになることはないと思います」(同)


■電話での井上組長は


 その理由について、竹垣氏はこう続ける。

「カタギになるメリットがありません。仮に生命が保障されているとしても、いつ狙われてもおかしくないという緊張状況は変わらず、ボディガードを雇わざるを得ない。さらに、自身が4代目山健組(※当時は6代目山口組の中核組織だった)組長時代に抗争の結果、長い懲役に行っている子分もおり、彼らの今後を見届けないわけにもいかないでしょうしね」

 加えて、出身母体の山健組は6代目の方に移ってしまっているということも大きいと指摘する。

「先に触れた後藤組の後藤忠政組長は除籍処分を受けても、良知組と藤友会という後継組織が6代目に残っていたのですが、井上組長の場合はそれが存在しません。カタギになって生活保護を受けることになったり、厳しい晩年を送ったりしたヤクザを井上組長は知っているので、安易にカタギの道を選ばないでしょう」(同)

 電話での井上組長についてはどんな印象を持ったのか?

「意気軒高でした。精神的にも安定している感じが伝わってきましたね。とにかく余裕があり丁寧で明るい印象でした。6代目への印象や7代目襲名について明確に話すことはありませんでしたが、令和の時代にヤクザが生きて行く道を悟ったようにも感じました」


■神戸山口組が最も警戒するのは


 具体的には、

「暴排条例がジワジワとボディブローのように効いてきて、これに真っ向から反発すると工藤会のように餌食になってしまいます。抗争を起こさない、カエシ(報復行為)をしない、銃器を使わないというのがサバイブには大事だということです」(同)

 カエシをしないのはヤクザじゃないと言われてきたわけだが、

「カエシをされると正直、組織として大迷惑だと思います。組員には無期かそれに至らずとも長い懲役が待っていて、その人物の面倒を見なければならず負担が増えることになります。組織を存続させるベターな方法を井上組長は採っているということだと思います。もちろんそれだけじゃなく、オレオレ詐欺とか覚せい剤での立件案件を出さないということも必須です。世の中が敏感に反応する犯罪を避けるようにしないと、さらに強烈な暴排条例が襲ってきてそれこそ工藤会の二の舞になってしまいますから」(同)

2021年12月6日、徳島県徳島市にある民家が銃撃される事件が起こった。

「この民家は“神戸山口組の寺岡修若頭と関係がある人物が住んでいる”と報じられましたが、より詳しくは、“寺岡若頭ととても親しい人物が住み、若頭はそこを頻繁に訪問する”ということのようです。犯人と見られる男は交番に出頭し、銃刀法違反容疑で逮捕されましたが、男はどこかの組に籍はなく在籍した証拠もないようです。とはいえ、ナンバー2が大事にするカタギが狙われたわけで、カエシがあってもおかしくはないはずですが音なしの構えですよね」

 竹垣氏はそこに井上組長の考え方が反映されていると見る。神戸山口組が最も警戒するのは6代目ではなく、世論や世間の反応ということなのかもしれない。

デイリー新潮取材班

関連記事(外部サイト)