元公安警察官は見た 公安のライバル「内閣情報調査室職員」を篭絡したロシアスパイの手口

 日本の公安警察は、アメリカのCIAやFBIのように華々しくドラマや映画に登場することもなく、その諜報活動は一般にはほとんど知られていない。警視庁に入庁以後、公安畑を17年務め、数年前に退職。9月に『警視庁公安部外事課』(光文社)を出版した勝丸円覚氏に、内閣情報調査室の職員による情報漏洩事件について聞いた。

 ***

 公安警察とライバル関係にあるのが内閣情報調査室(内調)だ。内閣府にある内調は、内閣の重要政策に関する情報収集と分析の他、国内外のメディアの収集・分析、外国政府の政策に関する情報の収集・分析などを行っている。

 2013年12月に成立した特定秘密保護法に伴い、権限が拡大。内調のトップである内閣情報官は、特定秘密保護法に関する企画、立案、総合調整を行う権限が与えられているのだ。

 内調の職員と公安捜査員は、「協力者(情報提供者)」が重なることがある。そのため内調の職員を公安捜査員が尾行することも珍しくないという。

 2007年12月、その内調のある職員が駐日ロシア大使館の書記官らに情報漏洩した容疑で検挙された。1952年に内調の前身が発足して以来、職員が情報漏洩で立件されたのは初のことだった。


■いいカモだった


 職員は政府系外郭団体を経て1994年に内調に採用され、国際部を振り出しに内閣情報集約センター、内閣衛星情報センターに在籍していた。

「当時、警察出身の大森義夫内閣情報調査室長は、職員に対して『外部の人脈を作って情報を取ってこい』と発破をかけていました」

 と語るのは、勝丸氏。

「彼は警察出身ではないので、『協力者』をつくる訓練を受けていません。まして、スパイから身を守る術もありません。ロシアのスパイからすれば、いいカモだったはずです」

 職員が最初にロシアの書記官と接触したのは、国際部に在籍していた1998年だった。

「彼の専門は中国でした。中国関係のセミナーに参加した時、知り合いの通信社の記者からロシア大使館のリモノフ一等書記官を紹介してもらったのです。リモノフはロシアの諜報機関GRU(ロシア軍参謀本部情報総局)所属のスパイでした」

 その1カ月後、リモノフと都内のレストランで食事した。以後、月に1度の割合でリモノフと会食するようになった。食事代はほとんど書記官持ちだった。

 数年後、任期がきてリモノフが帰国する際、後任としてグリベンコ一等書記官を紹介された。こちらもGRUのスパイである。

 グリベンコは食事だけでなく、手土産を職員に手渡すようになったという。

「最初はハンカチセット、それから1万円相当のハイウェイカードや商品券、さらに現金を渡されるようになります。金額は5万円です。有力な情報が取れなくても、職員が重要ポストに就くまで、協力者として確保しておくのです。結局、月に1度の割合でグリベンコと会食し、5万円を受け取ったといいます」

■会食をすっぽかす


 2001年、先のリモノフが駐日ロシア大使館に参事官として再び赴任すると、また職員も会うようになった。当時彼は、内閣衛星情報センターに異動になっていた。

 以前の会食はリーズナブルな店が多かったが、今度は高級レストランが使われるようになった。そして謝礼の現金も10万円にはね上がったという。

「内閣衛星情報センターは、人工衛星で各国の軍事基地などを偵察する機関です。まさに機密部署なので、ロシアのスパイも本気で情報を入手しようと思ったのでしょう。日本の衛星がどの国を撮影しているか、衛星のカメラはどのくらいの解析度があるか、いずれも重要性の高い機密情報となります」

 リモノフは職員に、日本の衛星がどの国の軍事基地を撮影しているのか尋ねた。それに対し、職員は衛星情報センターに送られてくる海外メディアの翻訳記事に解説を加え、レポートの形式にしてリモノフに渡したという。

 その後、リモノフの後任としてドゥボビ二等書記官、そしてベラノフ二等書記官が紹介された。いずれも会食のたびに10万円が手渡されたという。

「公安部の外事1課が内調職員の動きに気づいたのは、2006年でした。外事1課で尾行や摘発を専門とする4係の中で『ウラ』と呼ばれる精鋭部隊が、内調職員がロシアのスパイと会食しているという情報をキャッチしたのです」

 ベラノフは1度、職員との会食をすっぽかしたことがあった。

「ベラノフが日本の公安に尾行されていないか、大使館にいるロシアの安全確保要員が常に監視しています。彼らが公安の存在に気づいたのでしょう。それでベラノフにドタキャンさせたのでしょう」

 職員がベラノフと会食する時は、店の中や外に「ウラ」の捜査員が10人ほどで監視していたという。

「カップルやサラリーマン、店員などに変装しています。隠しカメラで現金を手渡しているところを撮影し、高性能集音マイクで会話を録音したそうです」

 職員が摘発されたのは、2007年12月9日。その日は神奈川県川崎市のレストランでベラノフと会食する予定だった。職員が店に入ると、外事1課の捜査員に取り押さえられたという。もっとも、すでにベラノフは公安の動きを察知して、3日前にロシアに帰国していた。

 ロシアのスパイから受け取った現金は計400万円にも及んだ。職員は贈収賄と国家公務員法(守秘義務)違反容疑で書類送検され、2008年1月17日付で内調は懲戒免職となった。同年3月25日、東京地検は漏洩した機密の重要性が低かったと判断、起訴猶予処分となった。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)