妻の連れ子に迫られて…狂った「再婚サラリーマン」の家庭生活 そして残った大きな謎

妻の連れ子に迫られて…狂った「再婚サラリーマン」の家庭生活 そして残った大きな謎

解けないミステリーのような話――

 再婚する人が増えている。全国平均の割合(どちらか1人、もしくは双方が再婚)は26.7%。4組に1組以上が再婚者含みの結婚となっている。30年前は10.8%だったことを考えると、倍以上だ。【亀山早苗/フリーライター】

 多いのは再婚男性と初婚女性、次に再婚同士、再婚女性と初婚男性の順となる。

「僕は初婚で、妻は再婚でした。5年前に結婚して息子をひとりもうけましたが昨年離婚。怒濤のような結婚生活でした」

 疲弊したような顔でそう話してくれたのは、佐々木透さん(40歳)だ。32歳のとき、3歳年上の彩乃さんと知り合った。

「僕はサラリーマンですが、彼女は事業をやっていて仕事関係で知り合いました。素敵な女性だなあと思っていたら、雑談の中で『私はシンママだから』という言葉が出た。シングルならつきあいたいと思い、デートを申し込んだのがきっかけで親しくなっていきました。ただ、彼女の優先順位は当時、12歳だった娘。彼女の実母が同居して娘の面倒も見ていてくれたようです。デートには応じてくれても、1年ほどは家につれていってはくれなかった」

 1年たったとき、「娘に会ってみる?」と彩乃さんから言われ、透さんは緊張したという。「あくまでも私の友だちとして紹介するから、変に緊張しないで」と忠告されたが、透さんは彩乃さんとの結婚を望んでいた。緊張するのは当たり前だ。まして娘は感性過敏な10代前半である。

「3人で外で食事をしました。娘は最初こそ言葉少なでしたが、少しずつ話すようになってくれた。『おじさんはどんな仕事をしてるの?』『ママとはどうやって知り合ったの?』という質問にも丁寧に答えました。娘はアイススケートを習っているというので、僕も昔やっていたよと言いました。北国の生まれですから、スキーとスケートはごく当たり前にやっていたので」

 それが彼女の気を引いたのか、次は3人でスケートへ。スピードスケートで“少しは鳴らした”彼が滑って見せると娘の目が輝いたという。スキーにも出かけ、彼は娘にうまく転ぶコツ、うまく滑るコツを教えた。たった3日間で、娘はかなりうまく滑れるようになったそうだ。

「ときどき勉強も見ました。彼女は理数系が得意だったので、将来、何になりたいのかと効いたら物理学の研究者だという。すごい子だなと思いました」


■娘は弟の面倒をよくみたが…


 そうやって娘の信頼を勝ち得ていった透さんは、最初のデートから3年が経過したころ、彩乃さんと結婚した。同時に娘とも養子縁組をし、名実ともに家族となった。

「だからといって父親だと思わなくていい。今まで通り、おじさんでいいよと娘に言ったら、娘はしばらく考えていましたが、『じゃあ、名前が透だから、とーちゃんでどう? 他人からは“父ちゃん”に聞こえるし、ちょうどいいんじゃない?』って。妻とも笑いながら、それはいいねと。妻の母もいい人で、家族4人、仲良く暮らしていたんです」

 その後、彩乃さんの妊娠が発覚。結婚して1年後、息子が生まれた。娘にとっては少し複雑な気持ちだったかもしれないが、誰より喜んでいたのも娘だった。

「娘はよく弟の面倒をみてくれました。僕や妻が仕事で忙しいときも、義母よりよく面倒をみていた。かわいい、かわいいと言っていましたね」

 当時、娘は16歳。第一希望の高校入試に失敗、滑り止めに合格したが、そのことをもっと重く受け止めるべきだったと透さんは言う。娘が弟をかわいがるのを「いいこと」と思っていたが、それは娘の「孤独」の裏返しだったのかもしれない。

「それから娘が学校へ行くふりをしてサボっていたり、帰宅したときにたばこの臭いがしたりといろいろありました。ただそのころ僕は仕事が多忙で出張も多く、妻も事業を拡大する話があって奔走していた。義母と娘と小さな息子の3人でいることが多くて、娘はうんざりしていたのかもしれません」


■「女として見てよ」


 娘はその後、高校を中退した。別の学校の男子生徒とつきあっていたのだが、その生徒の友だちとも関係をもって破局したと、娘の友人から彩乃さんが聞いたという。

「妻はショックを受けて、事業拡大を中断しました。なるべく家にいる時間を増やして娘の心に寄り添いたいと。僕もそうしたかったけど、なかなかできなかった。ただ、娘は彩乃に『私のために仕事を減らさないで』と懇願したそうです。自分のために親の人生を変えたくない、と。もしかしたら僕たちの結婚に対しても娘はそう思っていたのかもしれません。娘のことがわからなくなりました」

 透さんが娘と話し合ったときも、「自力で高卒認定をとって大学に行く」と明るく話したそうだ。やっていることと本人の言葉がかみ合っていないと感じたものの、どう接したらいいかがわからず、透さんは困り果てていた。

「そんなとき義母が体調を崩して入院したんです。彩乃は再び、事業拡大に動いていた。僕がなんとか時間を作り出して息子の面倒を見ることにしました。娘は『私も手伝うから大丈夫』と妻には言っていたようです。ところが……」

 透さんはいきなり言葉を切った。話そうかどうしようか迷っているようだった。こういうときはただ待つしかない。

「思い出したくないんです。娘のためにも。ただ、話すと決めて来たので……。ある日、息子を寝かしつけてからリビングに戻ってくると、娘が『ねえ、とうちゃん』と話しかけてきた。どうしたと聞くと、僕の隣に移ってきてしなだれかかってきたんです。彼女は風呂上がりで、シャンプーの匂いがぷんと漂ってきました。手足が長くてきれいでね。『私、女として魅力ない?』と娘が言う。そんなことないよ、これから大人の女になったらきっとモテると思うよというと、『本当?』と僕の顔を覗き込む。『やめなさい』と言うのが精一杯でした。彼女にいきなりキスされて、思わず立ち上がった。『きみは僕の娘だよ』と大声を出したら、『女として見てよ』って。何を言ってるんだ、僕はきみのお母さんの夫なんだよと。『わかってるわよ、そんなこと。だけど好きなの』と言われて頭がこんがらがりました。そんなはずはない。からかっているだけだと思いましたが、彼女があまりに真剣に言うのと、目にいっぱい涙をためていたんです。『この子は孤独なんだ』と感じたから、しっかりハグしました。『娘として愛してるよ』と。だけど彼女は納得しなかった。そのままプイと家を出て行ってしまったんです」


■ドラマみたいな話


 しばらくして彩乃さんが帰ってきた。娘が出て行ったことを知ると「どうして止めてくれなかったの」と叱られたが、透さんには説明できない。その晩遅くに警察から補導したと連絡があり、疲れきっている彩乃さんを家に残して透さんが車を運転して引き取りに行った。

「帰りの車の中で、また迫ってくるんですよ。僕の下半身を触ってきて。あげく『ママが浮気してるの、とうちゃんは知らないでしょ』とまで言い出して。僕を翻弄しようとしているとは思ったけど、彩乃が浮気しているという娘の言葉にも動転してしまいました」

 自分は「父親」にはなれなかったかもしれないが、娘のことはずっと気にかけ、かわいがってきたつもりだった。だが娘に本意は伝わっていなかったのだろうか。透さんは脱力するような気持ちだったという。

「17歳の娘が義理の父親を誘惑する……ドラマならありそうですけど、自分の身にそういうことがふりかかってくるとは、なんともいえない衝撃でしたね。それに補導されたことが重なって。彩乃は怒っていましたが、娘は『ごめんなさい』と素直に謝っていました。それからしばらくはおとなしくしていたので安心していたんですが」

 ある日、仕事が終わって会社を出ると、ひとりの若い女性が近づいてきた。そして「みこちゃん(娘の呼び名)の友だちで、要子といいます。みこちゃんのおとうさんですよね」と話しかけられた。

「ちょっとみこちゃんのことで話がある、相談に乗ってもらえないかと言われまして。行きましたよ、娘の身の上に今度は何があったのかと。要子は僕をホテルのバーに誘いました」


■平然としている娘に覚えた恐怖


 要子という女性が言うには、透さんの娘が自分の恋人にストーカー行為をしている、と。だが透さんには、そのころの娘の様子から、そんなことをしているとは思えなかった。

「要子という女は、やたらと酒を勧めてくるんです。話の内容が重かったせいもあって、僕も空きっ腹にどんどん飲んでしまった。気づいたらホテルの部屋にいました。そのあたりの記憶がないんですが、どうやら要子と関係を持ってしまったらしい。使い終わった避妊具まで見せられました。何がなんだかよくわからないままに、要子がしがみついてきて、その“女の匂い”にくらくらして、要子と関係をもってしまった。あの夜はどうかしていたんだと思います」

 要子さんにはその後も誘われた。「私を拒否するなら、みこちゃんにバラす」と言われ、断り切れなかったのだという。だからといって関係を続けるのはおかしいだろうと個人的には思う。そんな不信感が透さんに伝わったようだ。

「他に手段があるはず、誘われるままに出向くのはおかしいと思うでしょ? 僕も今ならそう思うんです。だけどあのときはなぜか要子との関係を切りたくない気持ちと、妻や娘にバレたらすべてが終わるという恐怖があって……。要子という女性にそれほど強烈な魅力があったのも確かです」

 不定期に呼び出されては要子さんの魅力に負け、壮絶ともいえるような性的関係を持ち続けた。彼女の欲望は非常に強く、どうがんばってもなかなか帰してもらえないのだ。

 そしてとうとう、“あの日”がきた。透さんが要子さんとホテルの部屋で行為に及んでいるとき、ふと気配を感じて顔を上げると、娘がじっと見ていたのだ。

「一気に思い切り萎えました。娘は黙って出て行った。要子にどういうことだと尋ねたら、みこちゃんに聞いてと。あわてて娘の後を追って自宅に戻ると、娘と息子と妻と義母がにこやかに談笑している。妻は僕の顔をみるなり、娘が高卒認定の資格をとった、と。おめでとうという声が震えているのが自分でもわかりました。娘は『とうちゃん、ありがとう』と。『来年か再来年、大学に合格するから』と笑顔を見せるんです。怖かったですね。この娘はどういう心理状態なんだろう、と」


■ミステリーのような


 数ヶ月間、彼はどういう態度で娘と妻に接したらいいのかわからなかった。妻は何かを知っているのか知らないのか。娘は彼とふたりきりになるのを避けているように見えた。要子さんからの連絡は途絶えた。

「この家族から離れたい、息子と出て行きたいと思うようになりました。ここにいたら自分が自分でいられない。そんな気持ちでした」

 思い切って妻に離婚を切り出した。妻は驚きもせず、「浮気は? 終わったの?」と言った。やはり娘は話していたのだろう。そして、透さんはすべてをしかけたのは娘だとも確信していた。娘は透さんが疎ましかったのだ。大好きな母をとられたような気持ちになっていたのだろう。

「彩乃に、オレと娘、どちらを信じるのかと聞きました。彩乃は『娘』と即答。それなら何も聞かずに別れてほしいというしかなかった。僕にも要子と関係をもってしまった負い目がありました。なんだかんだ言いながら、要子の体に溺れたのも事実。おそらく要子は娘の先輩か何かで、僕を陥れるために協力した。ストーカー云々は要子が僕に近づくための嘘だったのでしょう。娘に問いただすことはできなかった。義理の関係だということに気を遣いすぎたのかもしれないけど、10代の女の子の気持ちは遠すぎた」

 彩乃さんは、「それなら何も持たずに出て行って」と言われたが、息子だけは連れていくと彼は言い切った。妻は何も言わなかった。

「すぐに2歳半の息子を連れてホテルで数日過ごし、アパートを借りました。どうやってこれから息子とふたりで過ごそうかと考えたんですが、うちの会社、社内に保育園があるので預かってもらえることになった」

 離婚届は郵送でやりとりをし、透さんが役所に提出した。その後、娘から電話がかかって来たが、透さんは出なかった。もうこれ以上、関わらないほうがお互いのためだと思ったのだ。娘をあんなふうにしたのは自分だとも感じていた。

「彩乃の気持ちもよくわからないんですが、その後、娘が大学に無事、入学したという連絡が来たことがあります。おめでとうと一言だけLINEを送りました。もしかしたら、彩乃は娘がしでかしたことを薄々、わかっているのかもしれないとそのとき感じましたね。だけど彩乃も何も話せないのではないか。話せない事情はわかりませんが……。わからないことが多すぎるんですが、息子が生まれたところまでは再婚とはいえ、ごく普通の家庭生活だったはず。どこからどうしてこんなことになったのか……」

 解けないミステリーのような話だ。もしかしたら彩乃さんの前の結婚生活にも何か秘密があるのだろうか。母は娘に遠慮しなければならない理由があるのだろうか。いずれにしても、娘にとって自分は“異物”だったのだろう。だからといって、あんな手の込んだことをしなくてもよさそうなものだと、透さんも感じている。

「もしかしたら、ですけど、もしかしたら息子も僕の子ではないのかもしれない。そんなふうに思うこともあります。でもDNA鑑定などはしません。息子は僕の子としてちゃんと育てていくつもりです」

 ミステリーはまだ続いているようだ。

亀山早苗(かめやま・さなえ)
フリーライター。男女関係、特に不倫について20年以上取材を続け、『不倫の恋で苦しむ男たち』『夫の不倫で苦しむ妻たち』『人はなぜ不倫をするのか』『復讐手帖─愛が狂気に変わるとき─』など著書多数。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)