なぜ雅子皇后と紀子妃への評価が10年で逆転したのか “皇室特権”への批判と公私教育の差異

なぜ雅子皇后と紀子妃への評価が10年で逆転したのか “皇室特権”への批判と公私教育の差異

紀子さま、雅子さま

 12月9日、58歳の誕生日を迎えられた雅子皇后。公表された文書からはご体調の回復ぶりが十分に窺われた。それに比して、眞子さん「駆け落ち婚」もあり、紀子妃への世間の目は冷ややかになる一方。なぜお二人の人生は逆転したのか。明暗を分けた「裏側」を探る。

 ***

 この初冬、天皇家に続いたお祝い事。

 まずは12月1日、愛子さまがお誕生日を迎えられた。今年で20歳。成年となられるに当たって発表されたご感想の中身については、「週刊新潮」12月16日号で報じた通りである。

 その8日後、今月9日には、雅子皇后が58歳のお誕生日を迎えられ、こちらも長文の文書を公表。

 そこには、

〈娘の愛子が成年を迎え、多くの方々から温かい祝福を頂きましたことに心から御礼を申し上げます〉

 との感謝のお言葉から始まり、コロナの犠牲者、また7月豪雨での被害者へのお悔やみなどがつづられている。続いてノーベル賞を受賞した眞鍋淑郎博士や大谷翔平選手の活躍を寿(ことほ)ぎ、

〈国民の皆様から日頃よりいただいている温かいお気持ちに対し、厚く御礼を申し上げます〉

 と再び感謝のお言葉を述べ、締められた。


■回復ぶりを窺わせた養蚕についての記述


 さる皇室ジャーナリストは、

「回復基調にあるとはいえ、まだ波があるご様子。実際、記者会に配られるご予定表には、天皇陛下のスケジュールしか記載されていません」

 と言うものの、文書を見れば、そのご回復ぶりは窺えて、

「印象的だったのは、養蚕について触れられていることですね」

 と述べるのは、皇室ジャーナリストの神田秀一氏である。

 雅子さまは、今年ご自身の印象に残ったこととして、

〈2度目となった養蚕も、初めて、全ての作業に携わることができ、今年も無事に終えることができましたことを嬉しく、また有り難く思いました〉

 と述べられている。

 この養蚕、明治以降、代々の皇后が継承されてきた行事だ。皇居の中にある養蚕所で蚕を育て、その絹は正倉院の宝物を修復するのに使われているという。

「とりわけ美智子上皇后が大変ご熱心で、一度は飼育の中止が検討されたものの、たってのご希望で残されたほど。雅子さまは皇太子妃時代、見学こそすれ、蚕に触ったことはありませんでしたが、今回は全工程を担われた。美智子さまも大変頼もしく思われているのではないでしょうか」(先のジャーナリスト)

 前出・神田氏も、

「雅子さまはご回復の途上にある中でも、可能な限り公務をこなされ、その上、養蚕にもチャレンジなされている。素晴らしいことだと思います。その1週間前、愛子さまが出された文書も、成年皇族になられたご自身のお立場をしっかりと理解し、天皇陛下を支える決意が記されていました。本当に大人になられたな、という印象です」


■“税金泥棒”


「小室問題」で失墜する秋篠宮家と対照的に、令和の天皇家は、先行きが随分と明るそうなのである。

 世論調査では「女性天皇」への賛成が9割近くに達するものもあるなど、次の御代での「愛子さま」即位を求める声も高止まりする一方。

 本来、「女性天皇」の是非は、皇室の根幹に関わる問題であり、慎重の上にも慎重を期した議論が必要なのだが、国民の間にそうした理解は広まらず、まるで「愛子さま」と「悠仁さま」の“人気投票”となっている側面も否定できない。

 そうした空気を紀子さまも敏感に感じていらっしゃるのか、ご心労は増す一方のようで、

「“駆け落ち婚”のショックは大きく、もはやトラウマになりつつあるのでは」

 と声を潜めるのは、さる秋篠宮家の関係者。

「眞子さんご結婚後、お知り合いらが祝意を表しても、紀子さまは“ありがとうございます”とはお返しにならないんです。無言で、時には、笑顔も見せず、目を吊り上げ、口を真一文字にして押し黙られることもあるくらいで……」

 と嘆く。

「10年前であれば、考えられない事態ですね」

 と振り返るのは、さるベテランの皇室担当デスク。

 皇太子妃時代の2003年暮れに体調を崩され、「適応障害」と診断された雅子さまは、以後、宮中祭祀やご公務を度々欠席されるようになった。

「しかし一方で、ご家族で高級レストランへ外食に行かれたり、スキー旅行へと出かけられたりすることもあったため“公より私を優先している”などの批判に直面されてきた。公衆の面前で“税金泥棒”との言葉を浴びせられたこともあったほどです」

 10年には、学習院初等科2年生だった愛子さまが、学校での友人とのトラブルをきっかけに登校拒否に陥る。以来、雅子さまは登下校の付き添いや、授業中も校内で待機する「一人授業参観」を1年以上続けられ、これまた“私優先”との批判を招いたのであった。


■10年前と評価が逆転


 他方の紀子妃はといえば、

「ご結婚以来、過剰と思えるほど、皇室の環境に適応されてきました」

 と前出・デスクが言葉を継ぐ。

「公務にも休まず取り組まれた上、当時の天皇・皇后両陛下の元を孫の眞子さま、佳子さまを連れて頻繁に訪れていらっしゃいました。天皇家、東宮家の3家族で会食された際も、東宮家が帰られた後、1時間以上も残ってお話をされたり、陛下が入院された際も、東宮家よりも先にお見舞いに行こうとされたり……。宮家においても、美智子さまのなさりようを真似され、その通りふるまってこられましたね」

 何より、東宮家に男子が生まれぬことから皇統の危機が叫ばれ、皇位継承についての議論が進む中、06年には悠仁さまをご出産。「皇統を救った」とまで評されたのであった。

 夫の秋篠宮殿下も04年、兄君の“人格否定発言”について「事前に天皇陛下と相談すべきだった」と記者会見の場で苦言を呈された。

「内々におっしゃるのならともかく、国民全体にアピールするように述べられたことで、まるで東宮家を見下しているかのような印象を与えました。ただ、一般には“毅然とした弟君”と映り、評価が上がったのも事実です」

 それが今や彼我の差かくのごとし。10年も経たずして、こうもコントラストが逆転する例も珍しいのだ。


■“逆転”の要因は


 雅子さまは、まだ万全とは言えないものの、その後、病状が徐々に回復。

 愛子さまも中高時代の「激やせ」騒動や「遅刻癖」など、時折トラブルはあったものの、日常を取り戻された。学習院大学に進学し、学生生活を謳歌されているのは周知の通り。

「逆転」には、さまざまな原因が考えられるが、

「やはり“親子の関係”が、大きな要因でしょう」

 と述べるのは、前出・神田秀一氏である。

「愛子さまは一時、難しい時期もありましたが、その間も、母娘でしっかりとした対話をされてきたのではないでしょうか。日常が戻った後、愛子さまは批判に耐えられてきたご両親の苦しい姿をご覧になっているだけに、感謝の念を強く抱かれた。それがお誕生日の文書での“できる限り両陛下をお助けしていきたいと考えております”とのお言葉に繋がったのだと思います」

 それに比べて、秋篠宮家は、4年前の「小室問題」をきっかけに親子の対立が露呈した。ご夫妻は結婚に否定的。佳子さまは姉の眞子さんを応援する側に付いた。


■借り受けたティアラに表れたもの


「いみじくも殿下ご自身が会見で“よく口論をする”と述べられたように、紀子さまと眞子さん、佳子さまの間の意思疎通がうまくいっていなかったのは明白です。“公と私”の関係も上手く教え損ねられた印象がある。この差が国民の目には好ましからず映ったことでしょう」

 また、

「現・天皇、皇后両陛下は、平成の両陛下が築き上げてこられた『国民に寄り添う皇室』を踏襲しようとされていると感じます」

 と述べるのは、静岡福祉大学の小田部雄次・名誉教授(日本近現代史)である。

「例えば、先の成年行事で愛子さまは、ティアラを新調せず、黒田清子さんのものを借り受けられました。コロナ禍で苦しむ国民に寄り添うとの天皇家のご意思を感じました。国民統合の象徴という、皇室の在り方を思い起こしました」

 一方の秋篠宮家は、

「一貫して、従来型とは異なる新しい皇室像を目指してこられました。先の殿下のお誕生日会見でも“時代の変化に即した皇室であることが大切”とおっしゃったように、例えば“大嘗祭は私費で行うべし”など、従来の皇室とは異なったお考えを主張してこられました。お子様方を学習院でなく、ICUやお茶の水女子大附属に進学させられたのも新しいスタイルでした。これにはもちろん賛否両論あるとは思いますが、コロナ禍など先行きの見えない時代にあっては、国民が安心感を抱くのは“平成流”の踏襲の方ではないかと感じます」


■進学先は…


 更には、

「天皇陛下は、皇太子時代、どれだけバッシングされても、雅子さまを支え続け、守ってこられたように映ります」

 と、武蔵大学の千田有紀教授(社会学)が指摘する。

「“ご家庭ばかり”と批判されることもありましたが、妻子をひたすら守られるその姿勢を“理想的な父親像”と感じてきた人もいるはずです。今の天皇家は、国民の多くにとってとても仲睦まじい“理想の家族”に見えている。戦後の象徴天皇制では、国民は皇室に模範的な家族、家族の規範を見たいという思いを抱いてきた。そして、そのお姿を拝見することで“国民統合の象徴”という皇室の在り方を実感するのではないでしょうか。その意味では、現天皇家はお役目をきちんと果たされているのだと思います」

 これに比べた時の、秋篠宮家のお姿は先に述べた通りである。

 千田教授は、

「ここに来て“皇室特権”に対し、人々が過敏になってきたことも大きいのでは」

 と続ける。

「秋篠宮家では、33億円をかけて宮廷を改修中です。加えて結局は辞退されましたが、1億5千万円の結婚一時金など、皇室がさまざまな特権を持っていることがクローズアップされ、これに批判的な声も上がりました。また、悠仁さまはお茶の水女子大附属小という、非常に狭き門に入学された。これも、受験に苦労している親御さんからみれば“ずるい”と感じられたりしても不思議ではありません」


■筑波大附属高校に進学すれば……


 対して天皇家では、先に述べた愛子さまのティアラに代表されるように、目立った“贅沢”を控えてきた。

「雅子さまご自身は素晴らしいキャリアをお持ちですが、娘の愛子さまは幼稚園から学習院という、皇族のオーソドックスな道を歩まれている。しかも大学での専攻は日本文学という、天皇家の子女らしい選択です。特権とは無縁に見え、こちらも好感度が高く見えているのではないでしょうか」

 いかがだろうか。

 むろんシーソーのごとくまたお二人の立場が入れ替わることは必ずしも否定できないが、少なくとも現況を見るに、「公と私」、はたまた「家庭の和」に対する立ち位置といったところに、お二人の明暗を分けたポイントがあるのは間違いなさそうである。

 とまれ、成年を迎えて公務に携わる機会が増え、ますます注目を浴びそうな愛子さまに対し、現在、中学3年生の悠仁さまは次の4月に高校進学が控える身。しかし、そこにも一抹の懸念が。

「系列のお茶の水附属高校は、女子のみの受け入れとなるため入学できない。そのため進学先として有力視されているのが筑波大附属高校です。こちらとお茶の水小の間には、書類審査で通れば合格できる提携校進学制度が5年前に結ばれた。両校はご近所同士ですし、ここならご両親も安心でしょう。しかし、筑附は全国でも最難関に当たる名門校。合格すればまた“特権だ”と批判を浴びる可能性は大ですが」(さる皇室ライター)

 紀子妃殿下の悩みは尽きそうにない……。

 注目のお二人にとって来年は、果たしてどのような年となるのだろうか。

「週刊新潮」2021年12月23日号 掲載

関連記事(外部サイト)