元文科副大臣「山内俊夫」の転落 「朝鮮総連本部ビル」転売で大儲けも今度は業務上横領で逮捕

元文科副大臣「山内俊夫」の転落 「朝鮮総連本部ビル」転売で大儲けも今度は業務上横領で逮捕

もはやブローカー

■転売先を紹介


 文科副大臣も務めた山内俊夫元参院議員が警視庁に業務上横領の疑いで逮捕されたのは、2021年11月28日のこと。羽田空港の格納庫の売買を巡り、自身が実質的代表の「羽田空港格納庫合同会社」の資金1億円を不動産購入に私的流用したという。この逮捕劇には、どういうわけか、いわく付きの人物や土地が次から次へと登場する。

 ***

 格納庫を所有する会社の経営者は、栃木県内の刑務所で服役中の伊集院実こと金沢星(キムテクソン)という在日韓国人だ。金は、便宜上韓国のパスポートを取得しただけで、実は北朝鮮出身と公言していたとか。現に、朝鮮総連系の「イオ信組」の融資などを元手に1億8000万円という破格の値段で格納庫を手に入れている。

 山内元参院議員の求めに応じてこの格納庫の買収資金28億円を用立てたのは、香川県高松市の「マルナカHD(ホールディングス)」だ。マルナカと言えば、整理回収機構から競売にかけられた朝鮮総連本部ビルを22億円で落札し、山形県酒田市の倉庫会社「グリーンフォーリスト」への44億円の転売で大儲けしたことで名を馳せた。

 そのとき転売先を紹介したのが山内元参院議員で、多額の手数料を手にしたとされる。要は、甘い蜜よ、もう一度と、北朝鮮絡みの物件で再びタッグを組んだわけだ。


■いわく付きの土地


 18年、山内元参院議員がトップの一般社団法人「資源外交戦略研究所」と、格納庫の前所有者である金沢星の会社との間で売買契約が結ばれた。その際、土地を所有する国への支払いに充てる2億8000万円が資源外交戦略研究所に預けられたのだが、山内元参院議員はこの2億8000万円を私的に流用。そのうち香川県東かがわ市と京都市の土地への計1億円の着服が逮捕容疑となった。

 とりわけ、山内元参院議員が“手付金”5000万円を払った京都市の土地はいわく付きだ。京都駅近くの「崇仁(すうじん)地区」と呼ばれる下京区材木町の一画で、かれこれ30年前、消費者金融の「武富士」が再開発に乗り出したものの、地上げを巡り死傷者が続出している。

 武富士の経営破綻後は塩漬け状態のまま所有者が転々とし、現在は、北朝鮮系として知られる実業家が所有しているという。

 朝鮮総連本部ビル、格納庫、材木町の土地。元文科副大臣の成れの果てが、北朝鮮絡みの物件ばかりを手掛ける「ブローカー」とは……。

「週刊新潮」2021年12月23日号「MONEY」欄の有料版では、山内元参院議員逮捕までの内幕を詳報する。

「週刊新潮」2021年12月23日号 掲載

関連記事(外部サイト)