「値段は約2200万円」 来年、普通のサラリーマンが宇宙旅行へ 10年以内に費用は数百万円に

「値段は約2200万円」 来年、普通のサラリーマンが宇宙旅行へ 10年以内に費用は数百万円に

前澤友作氏(本人のTwitterより)

「金持ちの道楽」だと斬って捨てる声もある実業家・前澤友作氏(46)の宇宙旅行だが、来年には一介のサラリーマンが日本から旅立つと聞けばどうだろう。「休日はロケットでちょっと宇宙まで……」。そんな時代が到来したら、あなたは夢のチケットを購入するだろうか。

「宇宙なう」「着いちゃったよ」「(地球は)マジで丸いし、マジで青いです」など、彼らしい発言で注目を集める前澤氏。日本人初の民間宇宙旅行者として国際宇宙ステーション(ISS)に滞在し、12月20日に地球へと帰還した。

 米・CNNなど複数の海外メディアの報道によれば、今回の宇宙旅行にかかった費用は約100億円。前澤氏に同行するアシスタントの費用も含まれており、1人あたり約50億円が支払われているとみられる。

 これを「金持ちの道楽」だと朝の情報番組で発言し、炎上したのはテレビ朝日社員でコメンテーターを務める玉川徹氏だったが、当の前澤氏はISSから「お金で夢をかなえるのはいいと思う」と反論。ネットを中心とした人々の反応をみても、大半が“子供の頃からの夢を実現して羨ましい”といった擁護の声で溢れる。

 かつて山本夏彦翁が「何用あって月世界へ?――月はながめるものである」と書いたのも今は昔、相応のお金を払えば、誰もが宇宙へ行くことができる時代となったのは確かだ。


■来年サラリーマンが宇宙へ飛び立つ計画が


「2021年は“宇宙旅行元年”だったと言ってよいのではないでしょうか」

 とは、宇宙関連産業に詳しい宇宙ビジネスコンサルタントの大貫美鈴氏だ。

「今年7月、アマゾン創業者のジェフ・べゾス氏らが立ち上げたブルーオリジン社が有人宇宙旅行を成功させたのに続き、9月にはテスラCEOのイーロン・マスク氏が率いるスペースX社も民間人4人を乗せた3日間に及ぶ地球周回飛行に成功。今回の前澤さんの国際宇宙ステーション滞在を含めれば、まさに新しい宇宙時代の幕開けを象徴する1年だったと思います」

 さらには来年後半にも、日本から民間人が宇宙へ飛び立つ予定がある。前澤氏の後塵を拝すとはいえ、職業は会社勤めのサラリーマン。“お金配りおじさん”とは違い、いわば我々庶民と変わらない立場から初めて宇宙へ向かうというのだ。

「今の会社に入社した際、役員会議で私が宇宙に出かけてもよいかという議案が提出されたんです」

 と話すのは中小・中堅企業を中心に経営コンサルティングを行う船井総合研究所(本社・大阪)で、シニアプロフェッショナルを務める稲波(いなみ)紀明氏(44)だ。

「幸い弊社は宇宙旅行を前向きに捉えてくれ、無事に了承を受けました。具体的な日程が決まれば、有給休暇を利用して出かける予定です。もともと宇宙旅行に応募したのは05年で、私が前職の日本IBMに勤務していた28歳の時でした。学生時代は宇宙物理学を専攻していたこともありますが、直接のきっかけはネットニュースで宇宙旅行に関する記事を見つけたこと。それで興味を持ち、ツアーを主催するヴァージン・ギャラクティック社の日本代理店であるクラブツーリズム(現在はクラブツーリズム・スペースツアーズ)に申し込んだのです」


■現金一括払いのみ


 初回の募集定員は約100名で日本人の枠はわずか1名。応募多数のため代理店による抽選会が行われたが、稲波さんは落選してしまう。

「ところが当選した方がキャンセルしたそうで、次点の私が繰り上げになった。会社のランチタイムの時間でそばをすすっている時に代理店から電話がありましてね。“おめでとうございます。当選しましたのでお金を振り込んでください”といった趣旨の話だったんですが、聞き取りづらいこともあって何かのイタズラ電話じゃないかと……。宇宙旅行詐欺にあったのかと思いましたよ」(同)

 彼が疑心暗鬼になったのも無理はない。その当時、世界初の宇宙旅行を謳ったツアーのお値段は20万ドル(直近の最終募集では45万ドル)。日本円に換算して約2200万円もの大金だったのである。しかも、応募条件として提示されたのは現金一括払いのみ。分割払いなどは一切認められなかったとして、稲波さんはこう振り返る。

「学生時代は寮住まいで、早朝の新聞配達などいくつかのアルバイトを掛け持ちしていました。社会人になってからも稼いだ金は使わずコツコツと貯金して、株などの資産運用もやっていたので多少の余裕はありましたので、なんとか現金をかき集めて支払うことができました。とはいえ、参加者の方々の大半は、私と異なり短期間で20万ドルを用意できるという人たちばかりだったようです」

 当選者はカリブ海のイギリス領ヴァージン諸島に浮かぶネッカーアイランドに招待された。ツアーを主催するヴァージン・グループ創業者のリチャード・ブランソン氏が保養地として所有するプライベートの島を舞台に、参加者一同が集まっての懇親会が開かれたそうだ。

「私は日本からエコノミークラスの飛行機を乗り継ぎ、24時間かけてヘトヘトになって駆け付けたんですがね。他の参加者は優雅にもプライベートジェットで来ていて、自分のライフスタイルとはまったく異なる人々がいることを痛感しました。集まった方々の国籍は、多い順にアメリカ、イギリス、オーストラリアで、男女比率は男性が7割で会社経営などに携わっている方が多いイメージ。女性の多くは富豪の未亡人などでしたが、総じて高齢者が多くて私は最年少でした」

 追加募集が何度か行われ、現在は世界中で600名ほどがツアーの予約をしているというが、稲波氏をはじめ日本人はわずか20名程度しかいないという。


■「親には大反対されて…」


 その中の一人で、ホリエモン逮捕後にライブドア社長を務めるなど企業の再生請負人としても名高く、現在は団塊世代向けSNSサービスを運営する小僧Com株式会社会長の平松庚三(こうぞう)氏(75)が言う。

「これまで20回以上、ニューヨークやボルチモアなど場所を変えながら世界のさまざまな所で、予約した参加者たちとの交流の場が設けられてきました。私にすれば、それだけでも大金を払った価値がある体験でした。超がつくほどの大金持ちなんていなくて、むしろ変わり者の集まり。強烈なまでに知的好奇心が旺盛な仲間ばかりだから、会って話すだけで楽しい。応募してから16年も待たされるとは思いませんでしたが、年に1、2回くらい皆で集まる機会が設けられるので、それが楽しくてちっとも苦ではありませんでした」

 本来、稲波氏や平松氏は前澤氏より遥か前の08年に宇宙旅行へ出かけられる筈だった。しかし、使用するロケットの開発が遅れた挙句、試験飛行中に墜落。副操縦士1名が死亡する事故が起きて予定延期となってしまったのだ。参加を取り止めることは考えなかったのだろうか。

 再び稲波氏に尋ねると、

「親には大反対されて、わざわざ大金を使って危険な宇宙旅行をすることに何のメリットがあるのかと言われました。03年に起きたスペースシャトルのコロンビア号空中分解事故の記憶も生々しく、私自身も不安を募らせ相当悩んだのは事実で、心の葛藤はありました」


■墜落については「考えても仕方ない」


 墜落事故は副操縦士の操縦ミスが原因とされ、今では改善が認められてアメリカ連邦航空局(FAA)からは、民間人を乗せる宇宙船として初めて認可を受けている。

「ブランソン氏も、同じ機体で宇宙旅行を体験していますから、安全性は確立されたと考えています。旅行保険にも加入する予定ですが、説明会ではF1レーサーやエベレスト登山者よりは安い掛け金になる、と知らされている程度で具体的にはまだ決まっていません。が、どんなに科学技術が進歩しても自動車だって事故のリスクは伴います。宇宙旅行も絶対安全とはいえませんから、これ以上は考えても仕方がない。そう思うことにしています」(同)

 驚くことに、稲波氏同様参加者の間で事故を理由にキャンセルした者は一人もいないとか。肝心の宇宙旅行の中身については、先の平松氏が説明してくれた。

「前澤さんのように、大型ロケットに乗って高度350〜450キロの地球周回軌道(オービタル)を目指すのではなく、サブオービタルといって高度80〜130キロ付近の宇宙空間に数分間とどまり、青い地球を見下ろしながら無重力空間を体験する予定になっています。アメリカのニューメキシコ州にあるスペースポートから離陸して、再び戻ってくるまでに要する時間は3時間ほどだと聞いています」

 現在、宇宙旅行は二つのパターンに大別される。ひとつは今回の前澤氏のように、ロシアが誇る大型ロケット「ソユーズ」に搭乗してISSに滞在したり、民間が開発した宇宙船で数日間滞在するタイプ。もうひとつは、稲波氏や平松氏のように短時間のみ無重力状態を味わう弾道宇宙飛行。いわば気軽な日帰り旅行といった格好で、費用も前者と比べれば安く済む。

 とはいえ、どちらも格安航空券で海外旅行に出かけるレベルには程遠いのもまた事実である。宇宙への旅が庶民の手軽な選択肢となる日はくるのだろうか。


■「10年以内に数百万円」


「誰もが宇宙旅行を楽しめるようになるまでには、少なくともあと半世紀以上の時間を必要とするのではないでしょうか」

 とは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)名誉教授の的川泰宣氏だ。

「ソ連が世界初の人工衛星を打ち上げたのが1957年。アメリカがアポロ計画で人類初の有人月周回飛行に成功したのが68年でした。それから半世紀以上経った現在、ロケット技術は格段に進歩して、安全に地球を周回する技術的な問題はクリアされています。おかげでアメリカなどの企業が参入して民間にも門戸が広く開かれるようになりましたが、宇宙に行くためのコスト問題は残されたまま。搭乗費用を劇的に下げるには宇宙船の大量輸送を可能にする必要がありますが、その実現見通しは明確には立っていません」

 前出の大貫氏はこう話す。

「まだまだ宇宙旅行は一般庶民には手の届かない夢物語といった趣ですが、大きな流れでみればロケットの再利用や打ち上げ頻度を増やすことでコストは下がってきてはいます。仮に1週間に複数回の打ち上げが可能になれば、弾道宇宙飛行なら10年以内に1回の搭乗費用も数百万円台にまで下がるという試算もあります。実際、スペースX社は地球周回軌道を飛行する100人乗りの宇宙船を開発中ですし、NASAやイーロン・マスク氏は2030年代から有人火星飛行を実現させる計画を発表しています。宇宙関連産業の世界では、40年代に月面に千人居住、さらに1万人が地球との間を行き来する展望もありますが、どちらにしても搭乗する費用が今よりもっと安くなることが前提です」

 背伸びした富豪が宇宙に行けるのは当たり前の時代にあって、サラリーマン宇宙飛行士の誕生こそが、我々庶民にとって希望の星となるのではないだろうか。

「週刊新潮」2021年12月23日号 掲載

関連記事(外部サイト)