五輪選手村で連日“野外パーティー”の乱痴気騒ぎ動画 組織委も警察も制御不能の呆れた実態【スクープその後】

五輪選手村で連日“野外パーティー”の乱痴気騒ぎ動画 組織委も警察も制御不能の呆れた実態【スクープその後】

警察が出動する騒ぎになった外国人選手たちの野外パーティー(7月31日深夜。関係者提供の動画より)

 日本人選手の活躍、数多くのメダル、ドラマのおかげか、終わってみれば世論調査で「開催して良かった」という国民が過半数を占めることとなった東京オリンピック・パラリンピック。

 懸念された五輪会場を舞台にしたパンデミックなども発生しなかったことも「良かった」の声の背景にはあるだろう。「バブル方式」等の感染対策が奏功したと見ることもできる。

 もっとも、ちょっと裏側を見ると、スレスレの状況もあったようだ。

 ***

 当時、「デイリー新潮」が独自入手した動画には、警察が出動する飲酒トラブルが発生した現場で、マスクもせず、”密”に踊る外国人選手たちの姿が映っていた。(2021年8月3日の記事をもとに加筆・修正を施しています)


■TOKYOラストナイト


「夜の選手村はもはや無法地帯です。連日、深夜まで外国人選手たちは野外パーティーで大騒ぎ。いつクラスターが発生してもおかしくない状況なのに、組織委は彼らをまったく制御できていません」。

 こう告発するのは、ある大会関係者である。

「パラレルワールド」。こんな表現で例えられる東京・晴海の選手村。出島のような形をした区域は厳重なセキュリティーに守られ、関係者以外は一切立ち入れない。

 8月2日深夜0時。選手村の様子をうかがおうと、運河を挟んでおよそ100メートルの距離にある「豊海埠頭」に行ってみた。右手にはレインボーブリッジが浮かぶ東京湾の夜景が広がる。埠頭一帯は静まり返っているが、耳をすましていると、潮風に乗って対岸から人声が聞こえてきた。

「オーオッ! オーオッ!」「イエーイ!」「キャハハハ」

 時々、闇夜に響く口笛。明らかに複数の男たちが屋外で騒いでいる。30分くらい様子をうかがっていると、「ハッピーバースデートゥーユー」の大合唱が聞こえてきた。どこから聞こえてくるのか場所を特定したいが、建物に隠れてよく見えない。逆側の豊洲市場のある対岸にも回ってみたが、やはり確認できなかった。

「対岸からは消防署などの施設が邪魔して見えません。ドローンを飛ばすか、レインボーブリッジから超望遠カメラを使うしかありませんよ」

 こう語るのは、選手村の事情に詳しい大会関係者である。

「彼らが騒いでいる場所は、選手村の中の海に面した晴海埠頭公園のあたりです。マスコミが取材できないのをいいことに、一部の選手たちが、毎晩、ここでどんちゃん騒ぎを繰り広げているのです。野外パーティーは開会式から4、5日経った27日頃から始まりました。毎晩、深夜まで公園内の至るところで行われています。おそらく競技が終わった選手たちが中心になってやっているのでしょう。今大会は、競技が終わった選手は順次、48時間以内に選手村を出ていかなければなりません。外に出歩くこともできない彼らは、こうして東京の“ラストナイト”を楽しんでいるのです」

 確かに息抜きしたくなる選手たちの気持ちもわからなくはない。とはいえ、コロナ禍で行われた異例の大会なのだから仕方あるまい。組織委も、選手村の中での飲酒自体を禁じているわけではない。選手村内でもデリバリーなどで酒を購入することは可能。そのかわり「部屋の中で一人で」(前出の関係者)というのがルールだ。

 だが、関係者が提供してくれた数十秒間の動画には、お目こぼしなどでは到底済まされない乱痴気騒ぎが映っていた。


■密着しながら腰を振るカップル


 レインボーブリッジの夜景が広がる野外で、両手を振り上げながら楽しそうに踊る30人くらいの男女。大音量のラテンミュージックが流れ、みなノリノリだ。傍らにはビール缶や酒瓶。はっきり顔までは確認できないが、密着しながら腰を振るカップルも。全員がノーマスクだ。

「これは7月31日深夜に撮影されたものです。この後ここで、最寄りの所轄である月島署が出動する飲酒トラブルが発生しました。騒ぎは新聞、テレビでも報じられましたが、真相とはかなりかけ離れている。組織委や警察が事態を矮小化して発表し、メディアもそれを鵜呑みにして、小さく扱っているような気がしてなりません」(同)

 例えば、「FNNプライムオンライン」は「選手村・飲酒トラブル」についてこう報じている。

〈東京オリンピックの選手村で、外国人選手が関わる酒をめぐるトラブルがあった。7月31日午前2時ごろ、選手村の路上で、複数の外国人選手が酒を飲んで騒いでいて、大会関係者とトラブルになり、警察に通報があった。選手村での酒をめぐるトラブルで警察に通報があったのは初めてで、警察官が駆けつけると、選手たちはいなくなっていたという〉(8月1日)

 だが、大会関係者は「こんな報じ方では、選手村で起きている実態がまったく伝わらない」と憤る。たしかにこれでは単に公園で騒いでいた酔っ払いがいつの間にか姿を消した、というどこにでもあるレベルの話にしか思えないだろう。「複数」という表現もきわめて曖昧だ。

「動画に映っていたパーティーは、厳密には公園の脇で行われていました。この日、この集団とは別に、公園の中でも100人くらい、各国の選手たちがいろいろなグループに分かれて、どんちゃん騒ぎをしていました。月島署が出動したのは午前2時ですが、午後10時くらいからずっと。組織委の警備関係者も、選手村の警備担当である大阪府警の警官たちも、周囲を守っているだけで注意すらしなかった末に起きたトラブルだったのです」(同)


■選手が組織委スタッフにケガをさせた?


 なぜ大阪府警が現場にいながら、月島署の署員が駆けつける騒ぎになったのか。複数の報道によれば、騒ぎを注意しようとした組織委の警備関係者と選手との間で、小競り合いがあったようだ。その際、職員が足首を捻挫したとの一部報道もあった。

「いずれにしても、事件化するような大ごとにはならなかったのでしょう。でも、それをいいことにこの乱痴気騒ぎは表沙汰にならず、不問にされてしまったのです。その結果、夜の選手村は無法地帯のまま。騒ぎが起きているのが夜間、警備担当の語学能力、そして何よりも縦割りの組織運営に原因があると思われますが、こんな体たらくでは感染拡大を防ぐために作った『プレーブック』など意味をなしません」(同)

 確かに冒頭で紹介した、記者が対岸から耳にした様子は、警察沙汰が起きた2日後のことだ。警察の目など外国人選手たちは意にも介してないのだろう。組織委に、見解などを聞いたが、期限までに回答はなかった。

 もう忘れられつつあるが、この頃、多くの国民は「五輪のために我慢を強いられている」という感情を抱いていた。「自分たちは会食すらできないのに、祭典が開かれるのか」という不満を口にする人は少なくなかった。そして実際にやってきた選手団やメディアも、こうした空気を知って、節度ある行動を心がけていた。

 それだけに一部とはいえ、無法者たちがいたことは、組織委員会にとっては表に出したくない不都合な真実だったのだろう。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)