【画像】「親の死」は突然やってくる 4000人を見送った納棺師が伝える“後悔しないために”できること

「親の死」は突然やってくる 4000人を見送った納棺師が伝える“後悔しないために”できること

「離れて住んでいた父のお見舞いの回数が少なかったことも、看病をろくにしなかったことも、10年以上経った今でも後悔しています」と大森さんは心境を吐露 (※写真はイメージ)

この写真の記事を読む