岩森稔死刑囚の病死で、拘置所に残る確定死刑囚は107人も なかなか執行されないワケ

死刑執行されず病死に疑問の声 書類にサインをしなかった法務大臣の責任とも

記事まとめ

  • 強盗殺人罪などで死刑が確定した岩森稔死刑囚が12日、東京拘置所で病死したと発表
  • Twitterでは「なぜ死刑を執行しなかったのか」という疑問の声が多く見られた
  • 死刑を執行される側が判断力を著しく低下させていると、刑の意義が失われると指摘も

岩森稔死刑囚の病死で、拘置所に残る確定死刑囚は107人も なかなか執行されないワケ

岩森稔死刑囚の病死で、拘置所に残る確定死刑囚は107人も なかなか執行されないワケ

東京拘置所

 法務省は12月12日、強盗殺人罪などで死刑が確定した岩森稔死刑囚(76)が東京拘置所で病死したと発表した。死因は心不全だった。担当記者が言う。

 ***

「岩森死刑囚は2007年3月19日、強盗殺人の容疑で埼玉県警に逮捕されました。運送会社の営業所長として狭山市で勤務する傍ら、自らも従業員を雇用して運送業を営んでいました。温厚な人柄で近隣住民からも『いい人』と評判だったほか、子煩悩な父親としても有名でした。ところが、従業員が交通事故を起こして人生が一変したのです」

 従業員は保険に入っていなかったため、岩森死刑囚が多額の賠償責務を負うことになった。更に運送会社も倒産してしまい、資金繰りが悪化した(註1)。

「近所の住民に金の無心を繰り返すようになったようです。06年末には妻子が家出してしまい、車で寝泊まりする日々が続きました。逮捕を報じた読売新聞の記事には、岩森死刑囚が住んでいた家の駐車スペースに『逃げてんじゃねえ』、『サッサト給料払え』などの落書きが残っていたとの記述があります」(同・記者)

 岩森死刑囚は07年2月21日、埼玉県本庄市に住む当時69歳の知人の男性と67歳の妻を鈍器で殴って殺害。現金1万円を奪って逃走した。

「夫妻に3万円ほど借金をしていたという報道もありました(註2)。新たに借金を頼んだところ拒否されたので夫を殺害。妻を針金で縛って金銭を要求したが、同じように拒否されたので妻も殺害したことが、埼玉県警の調べで分かっています」(同・記者)


■SNSでは疑問の声


 岩森死刑囚は事件の6日前に本庄市の住宅から財布を盗んだとして、3月5日に逮捕されていた。その間の調べで殺害事件についても追求したところ、容疑を認めたという。

「2008年、さいたま地裁で一審が開かれました。論告求刑で岩森死刑囚は『ご遺族に心からおわびしたい。極刑をもって償いたいと思います。よろしくお願いします』と謝罪しました。しかし一審判決では『強盗殺人が計画的だったとは言えない』として、無期懲役が言い渡されました」(同・記者)

 2009年3月、東京高裁の控訴審では「悪質で計画的な犯行だ」として死刑判決が下された。2012年3月には最高裁が岩森死刑囚の上告を棄却し、死刑判決が確定した。

 だが死刑が執行されることはなく、岩森死刑囚は病死した。この発表に、世論の反応はかなり厳しい。特にネット上では「なぜ死刑を執行しなかったのか」という疑問の声が多い。Twitterから一部をご紹介しよう。

《被害者は無残にも殺されたのに、加害者は国費で寿命まで生きていられたのか》

《死刑判決の意味がない。遺族は浮かばれない》

《法務省は粛々と死刑執行を行い、死刑囚の刑を執行してください》


■認知症で執行不可!?


 岩森死刑囚を含め、刑が執行されずに死亡が発表された死刑囚のうち直近の10人を見ると、9人が病死、1人が自殺だった。

「全員が男性で、平均年齢は76・3歳。ちなみに7月に厚労省が発表した日本人の平均寿命を見ると、男性は81・6歳でした。死刑囚の死因は誤嚥性肺炎など、高齢が原因だと思われるものが多数を占めます」(同・記者)

 ひょっとすると、高齢の死刑囚は執行が後回しにされるのではないか──こんな疑問も頭をよぎる。

 だが、元東京地検特捜部副部長で弁護士の若狭勝氏は「死刑囚の年齢は関係ないでしょう」と否定する。

「一般的には、再審請求のほうが影響を与えます。請求には『死刑執行を逃れる』ことを目的にしたものも少なくありません。その一方で、やはりなおざりにできない請求が存在することも間違いありません」

 ただし、拘置所の職員が、死刑執行に躊躇を感じる場面もあるという。それは死刑囚が認知症や精神疾患に罹患している場合だ。

「死刑とは、死刑囚に自分の犯した罪の重さを自覚させ、心からの悔い改めを求めるために執行するものです。ところが、死刑を執行される側が判断力を著しく低下させているとなると、その意義が失われてしまいます。年齢が執行を躊躇させることはないと申しましたが、高齢により認知症が認められるとなると、話は違ってきます」(同・若狭氏)


■法務大臣の“罪”


 若狭氏はネット上の「なぜ死刑を執行しないのか」という疑問の声に、一定の理解を示す。

「世論調査を行うと、死刑制度は8割近い国民が支持しています。これを前提に考えた際、死刑が執行されないことに国民が異議を表明するのは理解ができます。特に被害者遺族は、愛する身内が極めて残忍な方法で殺されました。その無念を晴らす方法を国に託したはずなのに、それを国は行使しなかった。批判は当然でしょう」

 岩森死刑囚が病死したことや、12月21日に死刑執行が行われたことで、刑事施設に収容されている確定死刑囚は107人となった。この事実に驚く方もいるだろう。

「どこに問題があったかと追求していけば、最終的には法務大臣の責任になるでしょう。歴代の大臣が死刑執行の書類にサインをしなかったからです。現場では、たとえ高齢の死刑囚でも躊躇を感じることはありませんが、大臣は違ったかもしれません。『放っておいても病死するだろう』と判断した可能性はあります。法相を任命する際、死刑執行についてはこれまで以上に態度を明確にする必要があるのではないでしょうか」(同・若狭氏)

註1:本庄夫婦殺害 会社倒産、金に困窮 再逮捕の岩森容疑者「温和な人」急変(読売新聞・2007年3月20日朝刊)

註2:埼玉・本庄の夫婦殺害 顔見知りの男「借金断られ犯行」 強盗殺人容疑で逮捕(NHKニュース・2007年3月19日)

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)