「日大の女帝」田中理事長の夫人がかつて作った幻のCD 結婚前は演歌歌手として活動

「日大の女帝」田中理事長の夫人がかつて作った幻のCD 結婚前は演歌歌手として活動

田中英寿前理事(日大HPより)

〈つばさ休めに くるあなた〉

〈城から見おろす 街が好き〉

 ちゃんこ屋を切り盛りしながら忙しい夫を支える日々。権力の頂きに立った夫の脇にいる私。そう読めてしまうのは気のせいか。その曲のCDは非売品だが街のカラオケで歌うことができる。歌手は日大の「女帝」と呼ばれた田中英寿前理事長夫人だ。

 ***

 東京地検特捜部が、所得税法違反で田中英寿・日本大学前理事長(75)を起訴したのは12月20日のこと。罪状は、大阪の医療法人「錦秀会」前理事長から受け取ったリベートなど約1億1800万円を申告せずに隠していたというものだ。

 特捜部担当の記者が言う。

「取り調べではこのうち約8千万円を前理事長の妻の田中優子氏が受領したことが分かっています。実際にはリベートの大半が夫人に渡されており、彼女の経営する『ちゃんこ料理たなか』には仕事が欲しい取引業者が蝟集(いしゅう)していました。日大の理事・局長クラスも店で“指示”を受けており、“あいつ飛ばしなさいよ”と言うだけで人事が決まったといわれています」

 かくて日大の「女帝」として権勢をふるっていた優子夫人だが、田中前理事長と結婚する前は、意外にもプロの演歌歌手だった。半世紀近く前のことだが、三波春夫の前座を務めたこともあり、「女性自身」のインタビューでは、

〈テイチクからレコードを6枚ほど出して、5〜6年やったかしら〉(1994年2月1日号)

 と話している。古くからの知人によると優子夫人は歌手養成所の「ビクター音楽院」の出身。気配りが利いて親分肌の彼女は学院でもマドンナ的な存在だったという。

 その優子夫人が再び歌手として登場したのは、日大の「女帝」として君臨していた5年ほど前のことだ。


■「私も歌ってあげる」


 CDのジャケットには飛び立つ飛行機が描かれ「松山空港」というデュエット曲で「伊予三予(いよさんよ)」という歌手と有沢ゆき子が登場する。優子夫人のことだ。作詞は北島三郎や前川清の曲を担当してきた中谷純平氏、作曲はご当地ソングを多く手掛けている西村光司氏である。

 その西村氏が言う。

「CDを作ったのは伊予さんで、彼は東京・中野で不動産会社をやっています。音楽が大好きで歌手の三善英史さんなど音楽関係者とも交流がある人です」

 そこで伊予三予氏にも聞いてみる。

「私の故郷である愛媛を盛り上げたいと思ったのがCD制作のきっかけです。また日大OBでもある私は『ちゃんこ料理たなか』の常連だった。通っているうち優子さんがプロ歌手だったことを知って、CD制作の相談をしたのです。そうしたら“私も歌ってあげる”と協力してくれた。値段がついていないのは“お金は取っちゃだめ。お世話になった人に配りなさい”とアドバイスされたからです」

 配布したのは数百枚という伊予氏に事件のことを聞くと、

「驚きの一言しかありません……」

 そして気になるのは優子夫人の今後である。

 前出の記者によると、

「田中前理事長の逮捕状には“妻との共謀”という一文があったのですが、従属的立場という判断で地検は立件を見送りました。彼女は9月の家宅捜索後に階段から落ちて頭を打ち、日大病院に入院したままで体調面についても考慮したと思われます」

「週刊新潮」2021年12月30日・2022年1月6日号 掲載

関連記事(外部サイト)