二人の「藤井聡太キラー」が語る攻略法 「あえてAIとは別の手を指す」

二人の「藤井聡太キラー」が語る攻略法 「あえてAIとは別の手を指す」

藤井聡太四冠

 二冠から四冠へ。この1年で獲得タイトルを倍にし、棋界序列1位に上り詰めた藤井聡太・竜王(19)。が、彼にも“苦手”とする棋士がいる。四冠に対戦成績で勝ち越す「藤井キラー」たちが、その攻略法を語った。

 ***

 2022年で藤井四冠はデビュー7年目を迎えるが、通算勝率は8割超と、驚異的なペースで勝ち続けている。一時1勝7敗と大きく負け越した相手、「天敵」といわれていた豊島将之・前竜王に対してもこの半年は12勝3敗と圧倒し、“死角”はないように見えるが、実は160人を超える現役棋士の中で、複数回の対戦があるにもかかわらず、負け越している棋士がまだいる。大橋貴洸(たかひろ)六段(29)、深浦康市(こういち)九段(49)の二人である。

「なぜ勝ち越しているのか? それは正直、私にもよくわかりません」

 と述べるのは、大橋六段。16年にプロ入り。奇しくも藤井四冠とは同期デビューに当たる。これまで5回対局し、2連敗の後、3連勝を果たしているのだ。

「勝利した3局は“横歩取り”という、自分が指し慣れた得意の戦型で臨むことができました。それが良い結果に結びついたのかな、と。また3局目は藤井さんにもミスがありました。ただ最後に戦ったのは2年ほど前ですし、今の藤井さんを見ていると、更に隙がなくなっていますからどうなるのか……」


■藤井四冠の強みとは


 四冠の陰に隠れがちだが、大橋六段もデビュー以来、7割を超える勝率を残し、棋戦で2回の優勝を誇る「若手のホープ」だ。

 また、対局時にはカラフルなスーツを着たり、最近でもチョコレートをプロデュースするなど、本業以外でも話題豊富である。

「将棋で勝つのが一番ですが、それ以外にも枠を広げていきたい。ファンの皆さんへの御礼になりますし、一般の方々が将棋を知るきっかけになればと思っています」

 その大橋六段は改めて、同期・藤井をどう見るのか。

「序盤の研究が進んできていますよね」

 として続ける。

「対局して感じるのは、常に将棋の傍にいるのではないか、ということ。盤を挟んで向かい合っていて、ふと藤井さんはきっと日常もこれと同じ感覚で過ごしているのでは……と感じる瞬間があるのです。常に将棋と一緒にいるといいますか。プロでも24時間将棋のことを考え続けるのは難しいですが、その辺りが、強さの原点ではないかと思います」


■伏してなお動く指


 続いて、

「私が勝てたのには“理由”がありました」

 と振り返るのは、深浦九段。これまでタイトル獲得3期を誇る強豪で、藤井四冠とは4回対戦し、3勝1敗。21年は2戦2勝で、直近では10月、NHK杯将棋トーナメントで勝利を収めている。

「この時は『雁木』という戦型を取ることを決め、事前にAIを使って徹底的に研究した。その上で対局に臨むと、藤井さんはまさにAI通りの“最善手”を指し続けてきたのです。そこで術中にはまらないよう、途中であえてAIとは別の、これまで指されたことがない手を指しました。それでも藤井さんは“最善手”を指し続けてきて驚いたのですが、そうした変化に対応するためか、藤井さんは持ち時間が次第に少なくなり、隙が生まれた。そこを突くことができたのです」

 逆に言えば、完璧だからこそ、生まれた陥穽とも考えうるのである。

 この対局は全国に放送された。投了後、藤井四冠が机におでこを付けて突っ伏すシーンが話題になったが、

「私も動揺しました」

 と、深浦九段が振り返る。

「解説者が現れるまで、2〜3分間うなだれっぱなし。感想戦やってくれるのかな、って。でも、後でテレビを見ていた知り合いから教えてもらったんですが、あの時、藤井さんは突っ伏しながら指だけを動かしていたとか。彼が対局後、頭の中で局面を振り返るときによく使う指の動きそのものだったそうです。ですから負けて悔しかったというより、前向きに局面を振り返るために、目の前の情報を遮断して自らに反省を促している時間だったのかな、と。全国放送にもかかわらず、恥じらいもなくそういった側面も見せることができる。将棋の真理を探究しようという姿勢が非常に強いんですね」

 将棋一筋の姿がやはり垣間見られるのだ。

 藤井全盛の時代に、貴重なストッパーとしての役割を期待される二人の棋士。今後対局の機会があれば、どう挑むのか。

「今は強すぎるという印象がありますが、藤井さんといえども、10割勝っているわけではありません。試行錯誤の余地は必ずあるはずです」(大橋六段)

「どんな相手にだって勝ちたいし、藤井さんに勝てば注目も集まる。ともすれば若手棋士の中には、やる前から藤井さん相手なら負けても仕方がないという雰囲気があるようですが、自分の場合、対戦はむしろ喜びです」(深浦九段)

 新年早々には、五冠をかけて王将位に挑む藤井竜王。他方で、二人の「壁」をどう克服するかも要注目である。

「週刊新潮」2021年12月30日・2022年1月6日号 掲載

関連記事(外部サイト)