日本のオジサンは世界一孤独? 早期死亡リスクがアップ…なぜ男性は社会と繋がれないのか

日本のオジサンは世界一孤独? 多くの中高年がコミュニケーションで問題を抱える

記事まとめ

  • 日本は孤独大国であり、とりわけ日本の男性は「世界一孤独」だという
  • 多くの中高年男性がコミュニケーションで問題を抱えていると記事では指摘
  • 男性は、職場と家庭以外の「第三のコミュニティー」を作ることが難しいとも

日本のオジサンは世界一孤独? 早期死亡リスクがアップ…なぜ男性は社会と繋がれないのか

日本のオジサンは世界一孤独? 早期死亡リスクがアップ…なぜ男性は社会と繋がれないのか

なれの果て

 定年、それは職場というひとつの「社会」の喪失を意味する。そして、ふと気付くと自分の周りには誰もいなくなっていた……。お金とともに、老後の大問題である「社会的孤立」。いかにして孤独に苛(さいな)まれる事態を防ぐか。ひとり寂しい晩年を迎えないための処方箋。

 ***

「自分、不器用ですから」。そう言って多くを語ろうとしない高倉健。レイモンド・チャンドラーの小説に出てくるハードボイルドな主人公。未だに日本ではこうした寡黙な男性が「理想像」として語られています。ペラペラ喋らずに黙って働き家庭を支える、それこそが男なのだと。

 どこか不器用で、それでいて愛すべき存在のオジサンたちが追い求める「男らしさ」。しかしそれは、ひとつの大きな代償を払うことで成立しています。

 退職後、「社会との唯一の窓口」であった妻を亡くした男性が、社会との接点を完全に失い、後を追うように亡くなってしまった。

 人生でただひとつの生きがいだった仕事を辞めた男性が、近所やコミュニティーへの溶け込み方が分からずに家に閉じこもってテレビを見てばかりいる。

 上場企業の役員だった男性が、現役時代のプライドを引きずったまま、マンションの理事会で「オレ様トーク」ばかりするので老害化し、孤立している――。

 あなたの夫や父親、あるいは周りに、このような男性はいませんか?

 男らしさの追求、それは「日本の男性は世界一孤独である」という代償の上に成り立っているのです。


■コミュニティーとコミュニケーションに問題を抱える中高年男性


〈こう解説するのは元新聞記者で、「コミュ力」の強化を支援するコミュニケーション・ストラテジストの岡本純子氏だ。

 これまで千人以上の社長や企業幹部らにプレゼン・スピーチなどのコミュニケーションコーチングを行ってきた岡本氏は、数多くの「オジサン」と接してきた。

 それは同時に、無数の「孤独なオジサン」と向き合う機会でもあった。

 実際、OECDの調査では、「友人や同僚、もしくはほかの人々と時間を過ごすことのない人」の割合は日本の男性が16.7%と加盟国中最も高く、平均値の3倍近かった。また、65歳以上の単独世帯を対象にした国の調査によると、会話の頻度が2週間に1回以下である女性は3.9%だったのに対し、男性は16.7%と実に4倍以上を記録した。

 日本は孤独大国であり、とりわけ日本の男性は「世界一孤独」であることが数字上も裏付けられているのである。〉

 定年後、ふと気付くと職場以外のコミュニティーを持たずに孤独に苛まれたある男性が、思い立ってコミュニティーセンターに通ってみることにした。ところが、彼はコミュニティーセンターの女性講師のストーカーと化してしまい、周囲に煙たがられ、一層、孤立してしまった……。

 身の回りに孤独な男性はいないか尋ねると、こんな話を耳にすることがあります。なぜこの男性は、孤独の解消を求めてコミュニティーセンターに通い始めたのに、逆に、より孤立してしまう結果となったのか。それは、日本の多くの中高年男性が「コミュニティー」と「コミュニケーション」に問題を抱えているからです。


■会社ではフラットなコミュニケーションが取れない


 まずコミュニティーの問題について考えてみます。今の中高年世代の女性には専業主婦も少なくなく、子育てを通じて「ちょっとしたお喋りができる知り合い」というコミュニティーを持っていて、それが老後になっても活きてくる。一方、「24時間戦えますか」を体現してきた同世代の男性は、職場と家庭以外の「第三のコミュニティー」を作ることが難しかった。そのため定年で職場を失うと、「社会」との縁がプッツリと切れてしまうのです。

 次にコミュニケーションの問題です。日本の社会、とりわけ男性社会である企業の中のコミュニケーションはヒエラルキーに基づいています。上の立場の人には敬語を使い、下の立場の人には命令するのが当然。この上意下達のコミュニケーションは、友だちを作るために必要な「フラットなコミュニケーション」とは対照的なものです。

 しかし、企業というヒエラルキーの中でどんどん偉くなっていくと、次第にフラットなコミュニケーションの取り方を忘れてしまい、つい上から目線の話し方をしてマウントを取りがちになり、嫌われる。その延長線上に待っているのが、「コミュニティーセンターの女性講師にストーカーする定年後の男性」なのです。


■コミュニケーションは慣れと場数


 私がコミュニケーション・ストラテジストとして接してきた日本人エグゼクティブの99.9%はオジサンでしたが、彼らのコミュニケーションに対する考え方はふたつに大別することができます。

 ひとつは「オレ様流コミュニケーション」です。コミュニケーションが上手いと自負している人に限って、相手の気持ちを考慮せず、自分に酔いしれて一方的に話し続ける。つまり、伝える努力をしていない。

 そしてもうひとつは「諦(あきら)め派」。自分は確かにコミュニケーション下手だが、持って生まれたものなのだから仕方がないと諦めてしまう。しかし、その必要はありません。コミュニケーションとは才能ではなく、筋肉同様に鍛えられるものだからです。

 事実、アメリカでは、幼稚園の頃からコミュニケーション術を学び続ける風潮があり、ニューヨークの街角ではコミュニケーションに関するワークショップが開かれています。アメリカ人はジムで筋トレするような感覚でワークショップに行き、肩書も性別も関係なく知らない人と話すことができるコミュニケーション力を鍛えている。このように、コミュニケーション力とは「慣れと場数」が9割なのですが、「諦め派」は早々に匙を投げてしまう。結果的に、社会的孤立に陥りやすくなってしまいます。


■男性の会話は情報の交換が中心


 こうした日本の中高年男性と比べると、女性はそもそも「お喋り」に抵抗感がない人が多い。男性が1日平均7千語話すのに対し、女性は2万語という説もあるほど。実際、私の父親は典型的な昭和のサラリーマンで口数が少ない。対して母親は、これまた典型的な昭和の専業主婦で、道端でも電話でもぺちゃくちゃ喋っている。父親はそれを見て「どうしてそんなに意味のないことを延々と喋っていられるのか」と、不思議で仕方がないようです。

 なぜ、コミュニケーションにおいて、このようなジェンダーギャップが生まれるのか。アメリカ・ジョージタウン大学のタネン教授による1990年代のベストセラーには、「女性はラポール(共感)トーク、つまり、社会的所属と感情的つながりを重視するコミュニケーションスタイル、一方の男性はレポート(報告)トーク、つまり、感情を交えることなく、情報を交換することに主眼がある」と書かれています。要は、男性は目的がないと人と話すことができないのに対し、女性は話すこと自体が目的なのです。


■コツは「聞き役に徹する」「質問する」


 では、社会的孤立を防ぐためのコミュニケーション力はどうすれば鍛えることができるのか。今日からでも実践できるそのコツは、「聞き役に徹する」と「質問する」。なぜなら、人間は非常に強い承認欲求を持っているからです。聞き、質問し合うことで、お互い承認欲求が満たされ、円滑なコミュニケーションが生まれるのです。

 私は、コミュニケーション下手で嫌われる中高年男性を八つに分類しています。

1−むっつりオヤジ

2−威張るオヤジ

3−ダメ出しオヤジ

4−説教オヤジ

5−昔話オヤジ

6−自慢オヤジ

7−キレるオヤジ

8−文句オヤジ

 以上の円滑なコミュニケーションを阻害する要因の、それぞれの対処法は以下の通りです。

1−挨拶をする

2・3−ほめる

4・5・6−耳を傾ける

7−笑顔を浮かべる

8−お礼を言う(感謝する)

 いずれもごく当たり前のことのように思えますが、「高倉健信奉オジサン」は意外とこれができていません。例えば「ほめる」。自分はいつも部下をほめていると思っている人も多いかもしれませんが、ほめた後に「でも、しかし」と続けていませんか? せっかくほめたのに、その後に注文をつけてしまうと、相手は注文のほうばかりを気にしてしまい、そこにラポール(共感)は生まれにくい。


■「孤独信仰」の強い日本男性


 このような努力が本人側に求められる一方で、社会的孤立を防ぐ対策は社会の側にも求められるでしょう。

 例えば男性は、「寂しいから」という理由だけで自らコミュニティーに参加することに抵抗感を覚えやすい。孤独を認めることは「敗北」だからです。何か目的があり、その目的のために集まってきたのだという「建て前」が男性には必要なのです。実際、いちはやく「孤独担当大臣」を置いたイギリスなどでは、孤独解消のための場ではなく、あくまで一緒に「(高齢者向きの)歩くサッカーをするため」、あるいは「DIYをするため」といった名目で男性が集まれる空間「Men's Shed(男の小屋)」が多数設けられています。

「こどく」には、「個独(ソリチュード)」と「孤毒(ロンリネス)」のふたつの側面があります。「ひとりの時間っていいよね」という意味で「個独」を楽しむ分には全く問題ないわけですが、「ひとりでいて寂しい」という「孤毒」の感情を押し殺すべきではありません。

 しかし、レイモンド・チャンドラーの小説の登場人物のように、ひとりでタフに生きていくことに憧れている「孤独信仰」の強い日本の男性は、「個独」を選んだはずなのにいつの間にか「孤毒」に陥っていたというケースが少なくない。そして、アメリカ・ブリガムヤング大学のホルトランスタッド教授は2010年、「社会的繋がりを持つ人は、持たない人に比べて、早期死亡リスクが50%低下する」という分析結果を発表しています。孤独はまさに「死に至る病」なのです。

 ですから、老後のための「蓄財」を意識するのであれば、人との繋がりや繋がる力を蓄えていく「蓄人」も意識していただけたらと思います。

岡本純子(おかもとじゅんこ)
コミュニケーション・ストラテジスト。1967年生まれ。早稲田大学卒業後、読売新聞経済部記者、電通パブリックリレーションズコンサルタントを経て、企業などのコミュニケーション力の強化を支援する「株式会社グローコム」を設立。著書に『世界一孤独な日本のオジサン』『世界最高の話し方』がある。

「週刊新潮」2021年12月16日号 掲載

関連記事(外部サイト)