自分のことは棚に上げ、娘の不倫は許さない… 54歳の父が駆け落ち寸前の我が子にした“恥ずかしい説得”

自分のことは棚に上げ、娘の不倫は許さない… 54歳の父が駆け落ち寸前の我が子にした“恥ずかしい説得”

「僕自身、これはきれいごとを言っていると…」亮太さんは3年前の大事件を、こう振り返る

 自分は不倫をしていても、娘に不倫は許さない。身勝手ではあるが、それが一般的な父親の思いだろうと察しはつく。【亀山早苗/フリーライター】

「いや、でも葛藤はありますよ。成人した娘の恋愛に親が出ていって別れさせたのも、娘の自由を潰す権利がオレにあるのかと悩んだし、自分を振り返ってそんなことをしていいのかとも思ったし。それでも娘には、せめて独身の男とつきあってほしかったんです」

 小沢亮太さん(54歳・仮名=以下同)は、眉間にしわを寄せ、苦渋に満ちた表情でそう言った。彼は友人の飲み会で出会った2歳年下の朱美さんと1年の交際を経て、29歳のときに結婚した。

「周りもそろそろ結婚しはじめていたし、僕も次に出会った人とは結婚したい。そう思っていました。朱美も結婚を考えている時期だった。お互いのタイミングが合ったんでしょう。すぐに子どもも授かり、着々と“家庭”ができていきました」

 30歳で長女、32歳で長男が生まれた。妻は仕事を続けたいと思っていたようだが、現実的には手が足りない。「とりあえず退職し、子どもが学校に上がったらまた仕事を始める」ということになった。

「当時は賃貸マンションに住んでいましたが、子どもがふたりだと手狭になってきました。そんなとき朱美の実家から、『隣の家が空くから越してこないか』という話があったんです。隣家に住んでいた年配のご夫婦の夫が亡くなり、妻のほうは娘一家と暮らすことになったので家を手放したいと。家には思い入れがあったようで、できれば知っている人に住んでもらいたいという。朱美の親とは仲がよかったから、じゃあ、娘一家に住まわせようということになったようです。僕は正直、妻の実家の隣に住むのは気が進まなかったけど、朱美は大喜びでした」

 都内の一軒家としては破格の価格、しかも妻の両親が援助してくれるという。自分でローンを組むことを考えれば、生活もずっと楽になるのがわかりきっている。拒否する理由はなかった。

「漠然と30代のうちに家を買えたらいいなとは思っていましたが、35歳のときに一軒家が手に入った。きれいな家でした。住んでいた方が丹精込めて手入れをしてきたんだろうと思いましたね。朱美は『隣のおばちゃんがきれいにしてきた庭を引き継ぐ』とガーデニングを始めて。半年後には子どもたちを保育園に預けて働くようになりました。万が一、遅くなっても親が助けてくれますしね。朱美にとってはいい引っ越しだったと思います」

 当時、朱美さんの両親は60代前半。彼女には弟がいるが、大学時代から遠方に住んでおり、朱美さんはもともと親の面倒は自分が見ると決めていたらしい。だから何もかもがうまくいったのだ。亮太さんの「妻の親の隣に住むのはなんだかな」という思いを除いては。

「実際、朱美はなにかと両親を頼っていましたね。僕も帰宅が遅いのでなかなか気づかなかったんですが、平日はほとんど実家で夕飯をとっていたようです。何年かたって気づいて、ちゃんと食費を払うように言ったんです。すると妻は『いいのよ、おかあさんだって喜んで夕飯を作っているんだから』と。遅くに帰宅したとき食べていた料理は、妻が隣から持って帰ってきたものだったということにも軽くショックを受けました。あとから義母にお礼を言ったら、『私たちも食卓が賑やかになってうれしいんだから、いいのよ』と。せめて食費は払うと言うと、『そんな水くさいことは言わないで』とかわされてしまいました」

 ありがたいと思う半面、妻の実家に取り込まれていくような不安を覚えたという。妻にとっては両親だが、亮太さんにとっては「妻の両親」はやはり他人なのだ。一度、早めに帰宅したとき、家には明かりがついていなかった。妻と子どもたちは隣で夕食をとっているのだろう。自分が行けば歓迎してくれるはず。それがわかっていても、亮太さんは隣に行くことができなかった。自分だけよそ者だという感覚があったのだ。

「部屋着に着替えて、チーズとスルメでビールを飲んでいると妻たちが帰ってきました。『おとうさん』と抱きついてくる子どもたちはかわいかったけど、妻は『帰ってたのなら、来ればよかったのに』と。僕の気持ちはわかってもらえないんだなと思いましたね」

 自分でも意識できないくらい少しずつ、亮太さんの気持ちは妻から離れていった。妻の実家という枠から押し出されるような感じがしていたという。


■電車で感じた視線がきっかけで…


 そして彼はある日、恋に落ちた。38歳のときのことだ。出会いは唐突だった。

「接待で飲んだ帰り、混んだ電車の中で若い女性と目が合ったんです。訴えるように見ているので、彼女の目線を追ったら触っている男がいた。ものすごく腹が立ちましてね、『何やってんだ』と彼の手をつかんで上げ、次の駅で駅員に引き渡しました。警察も来て、行きがかり上、証人にならざるを得なくて。男は酔っていて覚えていないと言っていたけど、たぶん僕のほうがずっと酔ってた。だけど女性を触ろうなんて思いませんよ。酔ってるという言い訳じたい卑怯ですよね。そこから警察に行ったりしたので終電に間に合わず、彼女と一緒に解放されたのはもう午前1時になっていました。女性は恐縮してタクシーで家まで送ると言ったけど、彼女に非はない。とりあえず住所を聞いたら同じ駅。駅を挟んでお互い駅から徒歩5分、というような場所に住んでいたんです。びっくりしました。その日は僕が彼女を送って帰宅しました」

 妻子は寝入っていた。翌朝、妻に「遅かったのね、昨夜」と言われたので、ことの顛末を話した。妻は顔をしかめて、「そんなめんどうなことに関わらないでよ」と一言。亮太さんは「うちにだって娘がいる。朱美がそんな考えだと知ってがっかりしたよ」と思わず言ってしまった。この一件が妻との決定的な亀裂になったかもしれないと彼は言う。

「前の晩、女性に名刺を渡していたんです。今後、何かあったらいつでも証言するからと。翌日、早速彼女から連絡があった。お礼に食事でもというんです。お礼はいらないというと、『ご迷惑でしょうか』って。迷惑なわけはないので会うことにしました」

 義侠心でいっぱいになっていた亮太さんに下心はなかった。ただ、彼女に会ってみたら、「前の晩よりずっと素敵な女性に見えてびっくりした」そうだ。彼女は乃莉さんという名前で29歳だった。

「外資系の企業に勤めるバリバリのキャリアウーマンでした。痴漢にあっても声を上げられなくて、酔客でいっぱいの電車では誰も助けてくれないから……とつぶやいていました。僕と目が合ったとき、この人なら助けてくれるかもと思ったそうです。うれしかったですね。同時に恋に落ちた実感がありました」

 恋に落ちても、恋を進めることはできなかった。彼女にとって自分はある意味で「恩人」だったから。それを笠に着て関係を迫るようなことはできない。

「悶々としていましたが、彼女からは例の痴漢の一件もあってときどき連絡がある。食事をしたり飲みに行ったりする関係が続きました。彼女はいち早く弁護士をつけていたんですが、加害者は丁寧な謝罪の手紙を送ってきた上で、精神的な損害賠償も払ってくれたそう。初犯でもあるので罰金刑になったと。彼女は『奥さんも子どももいるみたいなので私も厳罰は望んでいなかった』と言っていました。ただ、職場は退職せざるを得なかったようで、彼女はかわいそうなことをしてしまったのかなと悩んでいました。被害者なのに悩んでいる彼女が気の毒で……」


■亮太さんが得た「学び」


 彼女と一緒のとき、亮太さんはいつも帰りにタクシーを使った。電車で誰かに見られたら困るからだ。あるとき、いつものようにタクシーで彼女のマンションまで行くと、「今日は早いし、コーヒーでも飲んでいきませんか? おいしいコーヒーがあるんですよ」と誘われた。断れなかった、というより断りたくなかったと彼は言う。

「部屋に入ると、9歳年下の彼女に抱きつかれました。『いつの間にか好きになってしまったの』と消え入りそうな声が聞こえて。我慢できなかった。こっちは恋心でいっぱいになっていたのだから。『オレも。ずっと好きだった』というのが精一杯。頭の片隅で、いや、この関係はいかん、と思いながらも自分を止めることはできなかった」

 だが関係が始まってからも彼は苦悩していた。独身の彼女を束縛はできない。好きでたまらない彼女と別れる日のことを思うと涙が出た。それでも日常生活は続けなければいけない。

「彼女は、『私は結婚なんて考えてないから』と言うんです。女性は結婚したいはずだと僕もなんとなく思い込んでいたんだけど、実際、彼女に結婚の意志はなかったみたい。休暇がとれれば海外へひとりで行ってしまう。自立しているんですね。人に頼ろうとするところがまったくない。『あなたが一生、私の人生のパートナーでいてくれることが私の願い』と海外からメッセージをもらったことがあります。結婚という形にとらわれないパートナーシップを彼女から学びました」

 ケンカの種もないから、ふたりは常にいい関係だった。会う日も決めず、連絡をとりあって都合がつけば会う。美術展や映画館に行くこともあった。

「乃莉は歌舞伎が好きだという。僕は観たことがなかったから連れていってもらいました。彼女は行く前に『鑑賞の邪魔にならない程度の歌舞伎の知識』を自分で作って送ってくれたんです。そういう彼女の優しさと頭の良さに、ますます惚れました」

 一方、家庭は「それなりに」回っていた。亮太さんは恋をしてから、家族を俯瞰で見守る術を身につけたという。

「必要以上に関わらない、だけど家族としてゆるく見守る。そんな感じです。うちは中学までは地元の公立校でしたが、長女がどうしても、ある私立高校に行きたいという。なぜ、その学校なのかを聞き、納得できたのでがんばれと応援しました。大学受験のときは、もう大人だから好きに選んでいけばいい、と。妻はもう少し細かく関わっていたようですが、僕はあえて口を出しませんでした」


■娘の駆け落ち未遂


 大問題が勃発したのは3年前のことだ。乃莉さんの家にいるとき、亮太さんはいつも携帯を切っている。その日もそうだった。マンションを出て、駅を突っ切って帰れば早いのだが、人目があるので駅には行かず遠回りして帰宅するのが常だ。歩きながら携帯の電源を入れると、妻から何度も電話やメッセージが来ている。

「何かあったのかと電話をすると、『娘が大変なことになっている』という。あわてて帰ったらキャリーバッグを持った娘を、妻と息子が玄関先で押さえつけていた。妻の両親もいました。妻が『この子、不倫してるのよ』と叫ぶんです。こんな子に育てた覚えはない、と。まずは話を聞こうとみんなでリビングに行きました」

 21歳になったばかりの娘は大学に通いながら塾でアルバイトをしていた。そこの人気講師と恋に落ちたというのだ。相手は20歳も年上で家庭があった。ふたりは駆け落ちする予定だったらしい。

「自分が彼女の家から戻ってきたばかりですから、そんな話を聞いてドギマギしてしまいました。でも平静を装って、駆け落ちというのは現実的じゃないね、と言うしかなかった。実際、仕事を失うのは彼、娘だって大学に通えなくなる。せっかく入りたい大学に合格してがんばっていたのに。『きみは、これから60年も人生が残っている。それなのに今、そんな判断をしたら後悔するぞ』と説得したんです。娘は『好きなんだもん』と号泣しました。好きなら駆け落ちなんていうことはするな、相手が離婚してきみと一緒になりたいというなら話は別だ。そう言いながら僕自身、これはきれいごとを言っていると感じていました」

 とりあえず彼は、娘と一緒に待ち合わせ場所へと向かった。相手は車で待っていた。父親が出てきたことで、彼はすっかり怯えているように見えた。

「彼と話しました。娘を好きだというなら離婚して出直してほしい、と。あなたも講師なら、自分の立場を考えたほうがいいとも言いました。彼は『娘さんのことは本気で好きなんです』と必死で言う。それはわかった、娘も本気らしい。だから離婚してもう一度、正々堂々と来てくださいと。言いながら冷や汗が出ましたね」


■「おとうさんにはやましいことはないの?」


 彼は黙って帰っていった。娘とふたり、言葉を交わさずに帰宅した。玄関のドアを開ける前、娘が振り向いて彼の目をじっと見た。

「おとうさんにはやましいことはないの?」

 亮太さんの心臓がふくれあがって高い音を立てた。娘は何か知っているのか。だが亮太さんは娘の目を見つめ返した。

「ない、と断言しました。娘はふっと皮肉っぽい笑みを浮かべた。なんだよと言ったら、『別に』と言って家に入って行きました。娘は今は『別れたから』とは言っていますが、本当のところはわかりません。就職して昨年、家を出ていったので、もしかしたらまだつきあっているんじゃないかという気もします。妻が探りを入れているようですが、もう社会人なのだから放っておけと言っています」

 そして亮太さんと乃莉さんは、今も関係が続いている。コロナ禍にあっても、ふたりの関係は何も変わっていない。すでに15年という歳月が流れたが、乃莉さんは変わらず生き生きと仕事をし、好きなように生きている。

「結局、乃莉の人生を奪っているんじゃないかとも思いますが、乃莉は『それはあなたの傲慢だ』と笑うんです。こういう女性もいるんだなと思う一方、娘も乃莉みたいな考えをもっているのだろうかと思い返すことはありますね。あのときの娘の冷笑が脳裏によみがえります。このままでいいんだろうか、乃莉もまだ40代半ば。今ならまだ人生をやり直せるかもしれない。だけど彼女との心地いい関係があるからこそ、僕はここまで生きてこられた。娘の相手も同じように思っているのかな、とか。ぐるぐるいろいろなことを考え始めると収拾がつきません」

 後悔しているわけでもないし、今の状態に不満があるわけでもない。ただ、どこか自分の身勝手さを恥じている亮太さんの気持ちが伝わってくる。もっといえば、娘と違って「一緒になりたい」という願望を一度も見せない乃莉さんの気持ちが物足りないのかもしれない。亮太さん、自分でも整理しがたい複雑な感情を持て余しているように見えた。

亀山早苗(かめやま・さなえ)
フリーライター。男女関係、特に不倫について20年以上取材を続け、『不倫の恋で苦しむ男たち』『夫の不倫で苦しむ妻たち』『人はなぜ不倫をするのか』『復讐手帖─愛が狂気に変わるとき─』など著書多数。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)