サラ金で借りた250万円が5秒で2700万円に…FXで財産を失った4人の証言「合法だから大丈夫、が一番怖いんです」

サラ金で借りた250万円が5秒で2700万円に…FXで財産を失った4人の証言「合法だから大丈夫、が一番怖いんです」

30代半ばでFXに手をだしたヒラヌマさん(左)とギャンブル依存症の治療中にFXにはまり込んでしまったタナカさん

■14歳からパチンコ


 新型コロナ禍で、ギャンブル依存症の当事者団体に増えてきた相談がある。一攫千金を夢見て手を出した仮想通貨投資やFX(外国為替取引)に関する相談だ。「少ない元手でより多くの資金を手に入れる」というギャンブルのような要素に惹きつけられて手を出し、のめり込み、そして資金を使い果たす。そこで終わればいいが、FXは短期で一発逆転も夢じゃない……。そんな無謀な夢にとりつかれた当事者は言う。「合法だから大丈夫、が一番怖いんです」――。【聞き手・石戸諭】

 FXで財産を失った4人の当事者に集まってもらい、FXに手を出した経緯やギャンブル依存症の治療の経過、現在の様子などを聞いた。全員がギャンブル依存症の治療を受けている。簡単に紹介しておこう。

タナカさん:「ギャンブル依存症問題を考える会」代表理事・田中紀子さんの夫。競艇、パチンコなどあらゆるギャンブルに手を出した。ギャンブル依存症の治療中にFXにはまり込む。

ヒラヌマさん:14歳からパチンコを打っていた生粋のギャンブラー。30代半ばでFXに手を出し、ヤミ金からも借金を重ねたところで妻と離婚し、治療施設につながる。

Aさん(匿名希望):40代男性。リーマンショックで給料が減ったことにショックを受けて、FXに手を出す。借金を重ねた結果、妻にバレてしまい治療の道へ。

Bさん(匿名希望):30代男性。余裕があったため資産運用の一環でFXに投資。損を取り戻すために財産を使い、「軍資金調達」と称した借金も膨れ上がる。今は治療と借金返済の日々。


■ハイリスク、ハイリターンが最大の魅力


 最初に手を出した経緯は四者四様だ。まずは自己紹介も兼ねて、はまり込んだきっかけから語ってもらった。

タナカさん:僕は競艇にどっぷりはまって、パチンコ等々いろんなギャンブルに手を出しました。最初は横で見ていた妻もギャンブルにハマり出して、このままじゃダメだと2人で治療を受けることにしたんです。病的賭博と診断されて治療を始めた最中にFXで再発してしまいました。

 FXはスマホでもできます。このときはふと思い出して、以前に作っていたFX用のアカウントにアクセスしたところ、口座に残金が残っていました。当時は口座を開設すれば1万円分のポイントがつくというサービスがあったので、これは得だなと開設していたんです。

 FXの場合、レバレッジ(※元々の意味は「テコ」。1ドル100円の場合、手元の資金=証拠金が10万円でもレバレッジ25倍なら250万円までの取引ができる)もありますから、手持ちの資金が少額でも大きな取引ができます。高いレバレッジで取引できるところを選んでいましたが、短期でとんでもない額の数字が動くので、一気にのめり込みましたね。700〜800万円はつぎ込んだと思うのですが……。厳密な額は覚えていません。

(為替の)数字の動きにあわせてボタン一つで売り買いでき、公営ギャンブルの何倍ものお金が動くというハイリスク、ハイリターンがFXの最大の魅力です。最初からFXはギャンブルだと思って手を出していました。


■パチンコやスロットがバカらしい


ヒラヌマさん:僕はなに不自由なく育ったのにも関わらず、昔からお金を持っている人に対してコンプレックスがありました。○○会社の社長、○○会社の役員といった方々ですね。自分で何をやっているわけでもないのに、そういう人たちを羨み、妬み、恨んでいました。僕が夜繁華街に遊びに行って、隣の席で楽しそうにしている――当時はそう見えた――人たちを見ると、こんなに借金を抱えている自分、今のお金も借金で払おうとしている自分が惨めに思えました。

 あぁ、お金さえあれば、この人たちに追いつける、追い越せると思い、国内よりも高いレバレッジで取引できる海外FXに手を出しましたんです。やってみると短期で大きな額が動く高揚感はすごいもので、ずっとドキドキしていました。いったん手をつけると、パチンコやスロットでコツコツ10万円を目標に稼ぐことがバカらしくなってくるんです。

 そのうち、自分名義の借金はサラ金で返済できないほどまで膨らみ、当時結婚していた元妻の名義で勝手に借金するようになりました。チャンスさえあれば返せる、絶対に自分は負けないと思い込んでいたんです。

Aさん:他のギャンブルをしたことはありません。株もやったことがない。やったのはFXだけで、手を出したのはリーマンショック(2008年)のあとでした。勤務していた会社の給料ががくんと下がり、このままではいけないと減った分の給料を補填する方法はないかとネットで調べていたんです。口座開設しただけでポイントがつくとあったし、実際に稼いだ人たちの体験談も魅力的でした。

 最初に2〜3万円勝って、これはいいなと思いました。僕の場合、最初は堅実に運用していて、「このくらい勝ったから今日はここで終わろう」と節制が効いていました。実際にトータルで見ても、勝った日のほうが多いんです。

 でも、負けた日の額がすごい。例えば勝ち、勝ち、負けとなっても、負けた日の額で利益が吹き飛びました。負けを絶対に取り返したいと思って、お金をつぎ込む。実際に負けた分を次の日に取り返せることもあった。でも、短期で利益を出そうとしても、結局は失敗して借金が500万円になり、1000万円になり、返済の催促を受けていることが家族にバレて終わりです。

タナカさん:コツ、コツ、ドカンってやつだ。コツコツ勝っていても、いきなりドカンと負けがくる。


■住宅ローンが組めず……


Bさん:Aさんの気持ちはわかります。負けを認めたくないんですよね。私は最初、生活資金と運用資金を分けて普通に投資をしていたんです。FXとギャンブルの共通点は、手持ちの資金を元手に短期間に大量のお金を手に入れられることです。

 私の場合、主に夏と冬のボーナスを手持ちの資金にして運用を始めました。一気に数百〜1000万単位で増やすことができるのですが、同じように負けることもある。のめり込みましたね。負けを取り戻そうとして、とうとう生活資金に手を出し、銀行からも資金を借りるようになりました。

 私も家族にバレましたが、その理由は住宅ローンが組めなかったからです。私の会社の場合、普通ならまず問題ないはずなのに審査が通らない。隠れて借金をして、しかも返済できていないのだから無理に決まっているんです。

ヒラヌマさん:今の話を聞いていて、僕も思い出しました。元妻名義でサラ金から250万円を借りたとき、振り込まれた金額を確認して、その日に全額つぎこんで大勝負をかけようとしたんです。すると250万円が5秒で2700万円になりました。

 ここで左クリックを押せば(決済すれば)、課税されてもそのとき抱えていた1500万円以上の借金が返済できるだけのお金が手に入ります。でも、押せなかったんですよね。

一同:おぉ。

タナカさん:わかるわぁ。


■すぐに億までいくぞ


――借金を返しても1000万円ほどのお金が手元に残るということですよね。それでなぜクリックできないのか、ちょっと感覚がわからないのですが……。

Bさん:まだいけると思ったんですよね。

Aさん:借金を返しただけじゃ満足できなくなるというか……。

ヒラヌマさん:そうなんですよ! 1クリックすれば2700万円なんだけど、これはすぐに億までいくぞと思ったんです。億になったら一生食っていけると思って、その日はクリックせずに寝たんです。朝起きたらゼロになっていて、あっ終わったなと思いました。

Aさん:自分の場合は60万円の借金を抱えていたときに、1万円を元手に50万円まで増やしたことがあります。ここでコツコツ返せばいいのに、あとちょっと足りない、もう少し増やせるはずだと思っていたら負けました。

Bさん:それが悔しくて、また手を出す。だからギャンブルに近くなってくるんです。


■コツコツできればプロ


――Aさんは先ほど、インターネットの経験談を参考にしたと言っていましたね。やはりその通りにすれば利益を得られるものですか。

タナカさん:短期で稼げるといった類の情報は信用できません。短期で稼いだ人がいるとは思いますが、その裏には僕たちのように膨大な数のお金を失った人がいます。

 実際に違法な取引ではないので、着実に運用で稼いでいる人ももちろんいます。そうした情報は参考になりますが、問題はサイトの情報通りにやってもつまらなくなってくることです。

Bさん:当然、その通りにやれば勝てる情報もありますよ。でも、それには長期に渡って、感情に流されずコツコツ、1日の多くの時間を割いて機械のようにお金を動かすことに耐えられることという条件がつきます。それはすでにプロなんですが。

Aさん:僕が参考にしたというサイトがまさにそうでした。小さな額をコツコツ勝って、負けてもすぐに取り戻そうと思わず、例えば10年運用してトータルでプラスにするという考えなんですよ。プロに徹することできなければ、利益を得られないと思います。

ヒラヌマさん:絶対、感情に流されますしね。


■「もっと金が手に入るはず」


――なるほど。誰でもできるし、始められることではあるけれどプロになれる資質や才覚を持った人は限られる、ということですね。

タナカさん:そうなんですよ。機械のようになって勝ったとします。最初は「自分も同じようにできる。大丈夫」と思うんですけど、そのうち「もっと金が手に入るはず」「まだまだいける」と思って、短期勝負にのめり込んでいきます。ここまでいくと資金運用ではなく、「ギャンブル」になってくる。

 実際に目の前に大きな波がやってきたら、「乗るしかない、このビッグウェーブに」と思う。コツコツやろうなんて決意は目の前のお金の動きを前にしたら、すぐに吹き飛びます。

Bさん:私もそうでしたが、謎に勝てるという自信を持ってしまうんです。実際、勝てる日もあるから「きょうは勝てる」「もっと増やせる」と思い込んでしまう。成功体験とその興奮に感情が支配されてしまうんです。これがギャンブル依存症ですよね。

 運用資金と生活資金にわけていたはずなのに「ちょっとならいいだろう」「まだ大丈夫」と生活資金にも手をつける。この時点でかなり危ない。振り返ればFXのために借金をした時点で、一線を超えたと思います。


■サラ金からもヤミ金からも借りられない


ヒラヌマさん:2700万円になった瞬間にクリックを押せる自分がいたら、ギャンブル依存症にならなかったのかなと思うこともありましたが、治療を始める時期が少しだけ後ろにずれるだけだったでしょうね。

 僕はFXで自己破産もしたので、いよいよサラ金から借金もできないようになりました。

 なので、また一からパチンコでコツコツ金を増やそうと、ヤミ金に1万円借りたいとお願いしてみたんです。しかし、借りられたお金は4000円。いよいよ自分はヤミ金からでさえ1万円も借りられないほどになったのかとショックを受けました。その4000円で最寄り駅の駅前にあった日高屋でビール飲んで、簡単な食事をしてから、意を決して自助グループの仲間に連絡をとり、山梨県の自助グループの施設に入居することになったんです。忘れもしない2020年8月です。

 その時、元妻に「俺はもうダメだから、一回治療のため施設に入る。別れてほしい」と切り出しました。弁護士を介して妻名義の借金はすべて僕の名義に変えています。僕はギャンブルだけでなく、借金にも依存していたんです。元妻は事情を汲み取ってくれました。


■孤独から解放される


――薬物などにも言えることですが、ギャンブル依存症治療も再発の可能性を織り込みながら、治療を少しずつ進めていくものというのが、携わっている人たちのコンセンサスだと思います。特に治療の最初期は辛いこともあったのではないでしょうか。

タナカさん:まさにその通りで、最初は心の一部にぽっかり穴が空いたようでした。僕はそこをギャンブルで埋めていたんでしょう。ギャンブル依存症と診断されたときに、治療として勧められたのは自助グループでした。お互いに語り、悩みを打ち明けることで、ギャンブラーが陥る孤独から解放されるわけです。このつながりのなかで、何日やめられた、何ヵ月やめられたと節目で祝ってもらえる。

 でも、どうしても埋めがたい何かはあって、刺激が少ないことに耐えられない自分もいたんです。そこで僕はFXに手を出した。

 仕事や家庭で心の穴を満たせている自分もいたのですが、どうしても仕事でうまくいかないときに手を付けてしまう。そこからアルコール依存症で有名な回復のための12ステッププログラムを始めました。

 仲間内では底つき(依存症を認めて助けを受け入れざるを得ないようなギリギリの状況に陥ること)って言うんですけど、その時になんて自分は惨めなのだろうと気づきました。仲間を裏切り、もうやらないと誓った自分を裏切った自分が嫌になる。底つきとまたやってしまうスリップを繰り返して、本当の底を見た時が回復の道ができた時なんです。


■今が底つきだったらいい


ヒラヌマさん:わかります。僕も底つきが今だったらいいなと思っているんです。僕自身も自助グループにつながってからもFX含めたギャンブルをやめられなかった。集まりに顔を出しても、ギャンブルやめたよって嘘をついていました。

 でも、いよいよ金を借りられなくなってギャンブルをやめ、今は気持ちが楽です。みなさんの経験を聞いて楽しむ余裕がありますし、自分の過去を振り返ることもできています。一昨年の8月が底つきだったと言いたいですね。

Aさん:今のところ、自分の底は家族にバレたときだったと思います。今は妻に口座を管理してもらって、つぎ込むお金も無くなりました。スマホやネットも監視されているので、やりたくてもできない環境にすることで、依存できない状態を保っています。

 でも、家庭内でも何かあれば「あなたは借金をした」と非難され、言い返したくも言い返せない。この状態にストレスがないと言うと嘘になる。お金さえあれば、こんなことも言われないし、家庭内で肩身の狭い思いをしなくても済むのに、と。この管理がなくなったら、またやってしまうかもと思う自分もいるのも事実なんです。

Bさん:私も同じで、現時点で底と言えるのは、妻と妻の親族にまでバレたときでした。結婚した際にも借金があることを黙っていたので、みんなに騙された気持ちになったと言われました。妻ばかりではなく妻の両親に目の前で泣かれたこともあります。

 もうそんな思いはさせたくないと自力で借金の返済も始めましたし、8割方めどもつきました。ですが、返済が終わったらどうか。もしかしたらまた手を出してしまうかもしれません。

タナカさん:底つきとスリップは繰り返しますよ。でも、自助グループなどでつながっている仲間がいる価値は、「またやりたくなった」「実は手を出した」と率直に言い合えることにあります。自分の欲求を素直に認め、手を出しても意思が弱いと責められることなく、「やっちゃったかぁ。じゃあまたやめられるようになればいいね」と言い合える。そこで否定されないことが実はいちばん大事なことなんです。

 責めても病気なので解決しない。注意して治れば、「病気」ではありませんから。


■短期で利益を上げられるものはない


――コロナ禍の特徴なのか、自助グループには仮想通貨やFXに手を出した大学生や若者の相談も多くなってきたと伺いました。おそらく相談すらできない人たちがもっと多くいると思います。そんな人たち、あるいはこれからやりたい人たちに言いたいことはありますか。

Bさん:プロを目指したいのならともかく、資産運用のために手を出すのはやめたほうがいい。自分ではうまくやっているつもりでも、生活資金に手をつけたり、借金をしたりしたらもう誰かに相談すべきです。今は自助グループも探しやすいと思うので、ちょっと気になることがあったら、とりあえず電話をかけてほしい。

タナカさん:経験上言えるのは、短期で稼げる、短期で利益を上げられるものはないということです。簡単にお金を稼ぐ方法はありません。そんなおいしい話は世の中にはないんです。かなりのお金を注ぎ込みましたが、断言します。おいしい思いはできません。

Aさん:副業で手を出すのならやめておけ、です。片手間で稼げるわけがないでしょう。損失補填もまったくできない。そんな理由でFXを始めてはいけません。

ヒラヌマさん:ギャンブル要素の強いもので一発逆転を夢見て借金をするのは本当にダメ。それは身を持って経験したので、断言できます。お金の問題はなんとでも解決できる。ギャンブルで借金をし始めてマズいと思ったら、まずは医者に行くよりもハードルの低い自助グループに助けを求めてもいい。絶望せずに回復を目指しましょう。命を捨てるなんてもってのほかです。

 いかがだろうか。これが合法的かつギャンブル要素が強いものにハマっていった人たちの生々しい肉声だ。ここで強調すべきは、彼らがまがりなりにも日常に戻り、回復の道を生きているという事実だろう。のめり込んで、手を出したら終わりではない。

 知恵は現場に詰まっている。事実を知り、回復を。彼らの生き方は回復の先例である。

石戸諭(いしど・さとる)
1984年、東京都生まれ。2006年、立命館大学法学部卒業後、毎日新聞社に入社。その後、BuzzFeed Japanを経て独立。現在、「文芸春秋」「サンデー毎日」「ニューズウィーク日本版」「日経サイエンス」等に執筆。著書に『リスクと生きる、死者と生きる』(亜紀書房)、『ルポ 百田尚樹現象』(小学館)『ニュースの未来』(光文社新書)。近著『東京ルポルタージュ 疫病とオリンピックの街で』(毎日新聞出版)『視えない線を歩く』(講談社)が好評発売中。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)