天皇誕生日 62年前の味わい深い新聞・雑誌の「ご誕生報道」と「9枚の秘蔵写真」

天皇誕生日 62年前の味わい深い新聞・雑誌の「ご誕生報道」と「9枚の秘蔵写真」

天皇陛下

 2月23日は天皇誕生日だ。1960(昭和35)年2月23日の朝日新聞は、1面トップに「美智子妃、ご入院 今暁一時五十分、宮内庁病院に 一週間早くご出産か」の記事を掲載した(註:以下、役職や肩書などは基本的に当時のまま)。

 ***

 美智子さまの入院で、報道陣は大騒ぎになった。22日に担当医が記者会見を行い、「予定日は3月1日」との見解を明らかにしていた。このことから全くの“ノーマーク”だったのだ。

 サンデー毎日(3月6日号)は「親王さま ご誕生 新しい皇室作り はじまる」の特集記事を掲載したが、その中で右往左往するテレビ記者の姿を描いている。

《「ご予定どおり三月一日ごろ」と発表があって、ホッと一息ぬいたところに、緊急発表だから、上を下への大さわぎ。「名医もアテにならない」などとボヤキながら報道部員に総動員をかけた。》

《ちょうど日本テレビでは二十二日の夜十一時ごろまでかかって“緊急動員”の予定表を作った直後、家に帰ったとたん、ホンモノの動員が来て面くらったそうだ。》

 新聞記者の狼狽ぶりを描いたのは、週刊サンケイ(3月7日号)の記事「世紀のご出産行進譜 特集 親王さま、ご誕生! このお慶び その前後の廿四時間」だ。

《宮廷記者が自宅でたたき起こされ、宮内庁にかけつけるまでのツナギに一番乗りをやった連中は、サツまわりの事件記者だったり、労働省詰めの労農記者だったりした。大方はノーネクタイ、皇室用語にも“弱い人”たちばかり。》


■「四時十五分、男だ!」


 宮内庁が正式に入院を発表する会見を開いたのは、23日の午前4時ごろ。この時の宮内庁記者クラブには200人以上の記者、カメラマン、テレビスタッフが集まっており、まさに立錐の余地もなかったという。

 もちろん全員が徹夜明け。だが、ご出産の発表はまだだった。

 週刊読売(3月6日号)の記事「“新宮さまは男の子!” 皇太子ご夫妻の喜びと責任と…」によると、「陣痛は強さを増し」、「いよいよ強さを増し」という発表が1時間おきに繰り返されるだけだったという。

 夕刊の締め切りが迫る時間帯は、新聞記者が殺気立つ一幕もあったようだ。

 そして午後4時38分、遂に浩宮さま(現在の天皇陛下)の誕生が発表された。

《発表文の全文はかねて当局からガリ版ずりで記者団に渡されてあり、「午後四時十五分」の記入と、親王、内親王とならんで印刷されてあった「内親王」を消すだけの作業が、胸にピンクのリボンをつけ、発表室に入れた各社二人の“誕生記者”作業のすべてであった。》

《時間と親王であることを確認した“誕生記者”は、赤ジュータンの廊下を横っ飛び、かねてかけ放しになっていた自社の電話係記者に、「四時十五分、男だ!」とどなった。電話係がこれをそのまま社の電話係にどなると、編集局からは「男だ! 男!」のざわめきが聞こえてきた。》


■「男の子、それはよかったなあ」


 当時、皇太子だった上皇さまも、男児誕生の一報には感慨を持たれたようだ。先に紹介したサンデー毎日の記事には、以下のように記している。

《「男の子、それはよかったなあ」渋谷常盤松の東宮仮御所で、山田侍従長から男児誕生の知らせを受けたとき、皇太子さまの口もとは思わずほころび、それからまたソファーに深々と身をうずめ、テレビの臨時ニュースに見入られた。こみあげてくる喜びをぐっとこらえておられる様子だったという。》

 お生まれになるのは男児か女児か、世間の関心も高かった。週刊女性(3月6日号)は「ご誕生の宮は『皇子』か『皇女』か? ご出産をめぐる話題を追って」の記事で、5人の占い師に予想を依頼している。

 結果は、1人が予想を拒否、3人が皇女を予想し、皇子と断言した占い師は1人だけだった。

 昭和天皇(1901〜1989)も孫の誕生を大変に喜ばれた。とはいえ、ストレートにお気持ちを表すことは、控えておられたようだ。

 週刊サンケイ(3月14日号)に掲載された「浩宮さまの十日間 ご誕生をめぐる8つの話題」には、以下のような記述がある。


■喜びを我慢された昭和天皇


《宮内庁記者団に意外のことが一つあった。自動車を降りられ、村山病院長のご案内で病院玄関を登る陛下の表情が堅いことだった。こども好きの陛下のことだから、それも内孫の初対面のことだから、きっと相をくずした陛下のお顔だろう、と記者団はあらかじめ頭に情景を描いてお待ちした。しかし案に相違したのである。》

《ところがである。お帰えりには、陛下はうれしくて、うれしくてたまらない。どうして自然にほころびる笑いをこらえようか、というようなご表情で病院を出てこられた。玄関正面に待ち構えたカメラマンたちは、陛下が微笑をがまんされるため、口もとに力を入れられているのを見て、シャッターを切っていた。》

 ご誕生から1週間が経過したため、週刊サンケイは「浩宮さま」とお名前をタイトルに入れている。

 宮内庁がお名前を発表したのは、“お七夜”にあたる2月29日。各社は「浩宮徳仁(ひろのみやなるひと)親王殿下」と報じた。

 一般庶民とは違い、天皇家の名付けは大変だ。その内幕を詳細に伝えた記事がある。先に触れた週刊サンケイ(3月14日号)の特集記事だ。


■「浩宮徳仁」の名付け親


《去年の十月、美智子さまはおめでたも次第に近づくので、一切の公式行事に出られなくなった。その直後のことである。天皇陛下は宇佐美長官に、名前のことを考えておくよう、命令された。》

《白羽の矢を宇野哲人東大名誉教授と諸橋轍次東京教育大名誉教授のお二人にたてた。宇野さんは支那哲学の権威、諸橋さんは大漢和辞典の著者で漢字の“神様”。両博士は家人にも気づかれないように、中国の古典のなかからいい名前捜しに没頭した。そして男女とも数種類ずつ(宮内庁の表現、両博士によると男は三種類)の候補を宇佐美長官の手もとに提出した。二月中旬のことだった。》

《宇佐美長官から、陛下のおてもとに差し出された。陛下はどれにしようかと、皇后さま、皇太子さまにも相談された。そして「浩宮徳仁」を採用された。》

“ミッチーブーム”に象徴されるように、国民の多くは「戦後となって生まれ変わった皇室にふさわしい子育て」を求めた。

 それに注目したのが、週刊テレビ時代(5月1日号)の「はたして因習は破れるか? 特集 浩宮さまの育児プラン」だ。


■昭和天皇の“育児改革”


 記事では、伝統的な天皇家の子育ては《皇子、皇女はすべて誕生後まもなく、臣下の家に里子に出されるならわしだった》とし、明治天皇(1867〜1912)の興味深いエピソードを紹介している。

《明治天皇はご誕生から五歳のときまで、中山忠能大納言家に預けられて成長された。》

《幕末、公卿の生活が一番苦しい時代であったから収入わずかに二百石ほど。しかも子供が九人もあって、楽な暮らしではなかった。》

《竹馬に乗ったり、はだしで庭をとびまわったりしてお育ちになったが、築土(ついじ)の破れから、遊びに夢中になって、つい、表の通りに飛び出してしまわれることもたびたびあったという。》

 昭和天皇も同じように里子に出されたのだが、皇太子さま(=上皇さま)が誕生すると、先例を破って自分のお手元で育てようと考えられたという。

 更に香淳皇后(1903〜2000)も、初めて自ら授乳するという“改革”を行った。昼は必ず自ら母乳を与え、これまで授乳を担当してきた「乳人(ちひと)」は夜間だけと決められたのだ。

 だが、こうした“新機軸”は次第に「柔弱なお育ちになる」と批判が集まり、遂に昭和天皇は“改革”を断念する。


■上皇さまの“育児改革”


 里子にこそ出さなかったが、赤坂離宮に東宮御所を設置。当時の侍従長と2人の傳育官(ふいくかん)が一種の里親として、皇太子さまの養育に当たった。

 週刊テレビ時代は前出の記事で、皇太子さまがご学友の自宅を訪問された際、《「君たちはいいなあ。両親といっしょに住めるなんて」畳の上で大の字になって、つぶやいた》というエピソードを紹介している。

 こうした昭和天皇の“改革路線”が影響を与えたのだろうか、皇太子ご夫妻も「高校ぐらいまでは手元で育てたい」との考えを早くから表明されていた。

 更に乳人制度を廃止された。美智子さまが昼も夜も浩宮さまに授乳されたのだ。

 こうした「新しい皇室の新しい子育て」は国民が大きく注目し、マスコミも多くの記事を報じた。

 その中から、平凡(1960年12月号)が掲載した「パパはボクの“おむつ”も替えてくれます」の記事をご紹介しよう。

 もちろん、タイトルにある「パパ」は皇太子さま、「ボク」は浩宮さまを指している。内容は、当時の東宮侍医長と、美智子さまのご学友2人、そして女優の扇千景(88)と長谷川裕見子(1924〜2010)の5人による座談会だ。

 皇太子さまご夫妻の“庶民的”な子育てだけでなく、浩宮さまが幼い時から“優等生キャラクター”だったことが分かって非常に興味深い。


■泣かなかった浩宮さま


 美智子さまが様々な工夫を凝らしながら子育てに励んで折られる様子を、侍医長は次のように語っている。

《非常にいいアイディアだと申上げたことがあるのですよ。浩宮さまを一人でねかしておおきになるでしょ。そうすると目が覚めてもわからないのです。それで揺り籠のかさのところから、赤ちゃんが手を出すと、とどくくらいの長さの赤いリボンを下げ、そのリボンの上の方に鈴とかカラカラなるオモチャがついているんです。とても寝起きのいい赤ちゃんですから、お目がさめても泣かないのですが、目の前に赤いものがみえるので、取ろうとしているうちに、リボンが指にからまったりして振るとガラガラ。隣の部屋に妃殿下がいらして、ああ起きたわ。(笑)》

 ご学友の一人が《お泣きにならないですか?》と訊くと、侍医長は《あまり泣かない赤ちゃんですね》と回答。別のご学友が《生まれながらにお行儀がいいのね》と感心している。

 誕生時は《ご体重は二五四〇グラム》(朝日新聞・1960年2月24日)と報じられ、体重が少し軽目という声もあった。

 ところが、浩宮さまは食欲が旺盛で、あっという間に大きくなったと侍医長は座談会で明かしている。

《背も高くて六十八センチを超しておりますし、目方は八キロ八百近く。標準よりずっと大きいです。》


■お風呂も一緒


 また、侍医長は次のように話している。

《よく「小さく産んで大きく育てる」っていうでしょ。まったくその通りになってきていらっしゃる。なにしろなんでも召しあがるんですネ。今日はじめてカボチャをあげたのですが、とても気に入ったらしく、お口をかえて待っていらっしゃいました(笑)》

 するとご学友の一人が《どなたが差し上げるんですか》と侍医長に質問する。

《妃殿下がご自分の膝にダッコしたり、椅子に腰かけさせて、ご自分でおあげになります。ご用事のあるときは看護師がいたしますが……。》

 ご学友の氏名は伏せた上で、誌面どおりの形で座談会を引用させていただく。

ご学友A:新聞で読んだのですけど、妃殿下がアメリカで、浩宮さまは手でささえるだけでお起たちになれるとかって……

侍医長:ええ足がお強いですね。バネがとてもいいんです。私どもの指をつかんで、膝の上をトントンなさる。あれは妃殿下がお風呂のときなどベビー体操をやっていらっしゃるからでしょうね。

ご学友A:妃殿下がお湯を使わせるんですか?

侍医長:ほとんどご自分でなさいますね。腕まくりして……それから夏などは汗をかくので二度入れますでしょ。ふつうは朝だけですが、それで夕方妃殿下がお入りになるときに、ごいっしょに抱いて入れていらっしゃいますよ。


■おむつを替えた上皇さま


 更に引用を続ける。

扇:いろいろお話を伺っていると、私たちと同じような生活をしていらっしゃるみたい。

ご学友B:私もはじめて御所に伺うとき、どんなに窮屈かしらと思ったのですが、ぜんぜんふつうの家と同じでございますね、感じが。

ご学友A:家庭的で、ほんとにおしあわせそうね。おむつなんかも皇太子さまがおとりかえになることがあるんですって。

侍医長:お上手ですよ。わたくしも見ましたが手つきがなかなかうまいです。(笑)

ご学友B:私は妃殿下からお話を伺ったのですけれど、妃殿下が歯医者さんにいらしたとき、殿下がベビーベッドをご自分の机のそばにおおきになって、起きたときおむつをおかえになった(笑)妃殿下がお帰りになったら、お迎えに出て「おむつをかえたよ」とおっしゃったんですって。(笑)


■受け継がれた“イクメン”


 週刊女性PRIMEは2017年6月、「<父の日特集>男性皇族方が家庭でしか見せない“普通のパパ”姿にほっこり!」の記事を配信した。

《そんな陛下の教育を受けられていた皇太子さまも、今では高校1年生の愛子さま(15)の父親。公務で多忙な合間を縫って、ひとり娘に寄り添ってこられた。》

《「愛子さまが幼いころには自らおむつを替えたり、童話の読み聞かせもされる“イクメン”だったそうです。学校の授業参観もほぼ毎回出席し、1時間目から最後まで“フル参加”されていました」(皇太子さまの同級生)》

 皇太子さま=上皇さまは、昭和天皇から“子育て改革”の精神を受け継がれたことは前に見た。

 そして、浩宮さま=天皇陛下は、上皇さまから“イクメン”の姿勢を受け継がれたようだ。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)