「タイトル戦仕様の身体になってきた」 藤井聡太の最年少「五冠」立会人が明かす対局の裏側

「タイトル戦仕様の身体になってきた」 藤井聡太の最年少「五冠」立会人が明かす対局の裏側

なぜかスーツにスニーカー……

 またもや、の記録更新である。王将戦でストレート勝利し、史上最年少で「五冠王」となった藤井聡太・竜王(19)。その奪取劇を間近で見た3名の立会人が、カメラが写さなかった対局室の裏側を語った。

 ***

「これだけ勝利を重ねられると、他の棋士にしてみれば、お手上げ状態というところですね」

 と述べるのは、将棋棋士の中村修九段(59)である。

 棋士会の会長も務める中村九段は、この王将戦で第4局の立会人を務めた。九段は36年前に23歳で王将位を獲得。長らくそれが最年少記録として残っていたが、今回、目の前でその記録を破られた格好である。

「いや、古い話過ぎて、私自身が覚えていなかったくらいで」

 と中村九段は笑う。

「2年ほど前に藤井さんが予選リーグに入った時、『最年少が私』という報道が出て、ようやく思い出したくらいなんです。むしろこの2年間、『最年少王将』として優越感を味わえてありがたかったですよ」


■「感情をあらわにすることが減ってきた」


 将棋界には合わせて八つのタイトルがある。今回の王将戦での渡辺明・名人への勝利によって、藤井竜王は五つ目のタイトルを獲得した。五冠自体が、これまで羽生善治九段含め3名の棋士しか達成していない大記録。ここにデビューから5年余り、10代のうちに名を連ねることになったのだから、メディアが大きく報じるのも当然なのだ。

 奪取に王手を掛けていた第4局。竜王の姿はどう映ったのか。

「以前の藤井さんは、悪手を指した直後に膝を叩くなど、対局中に感情をあらわにすることもあったのですが、最近はそれもなくなってきましたね。王将戦は2日間で持ち時間が8時間の長丁場の対局ですが、終始、前傾姿勢で盤面に集中していたように思います」

 奪取後の報道によれば、竜王は、集中する時には前髪をかき上げる癖があるというものがあったが、

「それは気付きませんでした。ただ、長時間にわたって盤面に集中すると考えが煮詰まりますが、藤井さんの場合、時折、上を見詰めたり、窓外の景色を眺めたりすることがある。こうした些細な動きをした時が、ひょっとすると気分を切り替えるきっかけになっているのかもしれませんね」


■生じたエアポケット


 続いて、

「今回の対局を見て、藤井さんはますますタイトル戦仕様の身体になってきた、との印象を受けました」

 とは深浦康市(こういち)九段(50)である。深浦九段は「藤井キラー」として知られ、ここまで対藤井戦3勝1敗。五冠に2局以上勝ち越している唯一の棋士だ。王将戦では第3局の立会人を務めた。

「今回も2時間を超える長考をしていましたね。2日制の対局は肉体的にも大変ですし、平常心を保ち続けなくてはならないのですが、メリハリよく時間を使えている。19歳にして貫禄すら感じられました」

 トップ棋士同士の勝負は、時に棋力だけでなく、「運」に恵まれることも重要だ。深浦九段によれば、第3局での藤井竜王にはそれを感じる場面があったという。

「藤井さんは手を間違わないことで有名ですが、この対局は渡辺さんの方がうまく指していて、終盤までどちらが勝つか予断を許さない勝負になっていたんです。実際、もし渡辺さんが違う手を指していたら、藤井さんが窮地に陥っていたという場面があった」

 しかし、竜王はこの対局でも勝利を収めた。

「対局後の感想戦で、私が“渡辺さん、何でこの手を指さなかったんですか”と聞いたら、渡辺さん曰く“ついうっかりしていた”、藤井さんも“気付かなかったですね”と。その時、2日間ずっと顔を突き合わせていた二人にもエアポケットが生じていたんですね。互いにミスがあっても結果的に詰まされなかったのが藤井さんの運が強いところ。ここにも強みを感じました」


■「対局中の形相たるや……」


 超の付くスピードで五冠王になった藤井竜王。気の早いメディアは「八冠制覇が見えてきた」ともてはやすが、そのためには五つのタイトルを全て防衛したまま、残り三冠を奪取しなければならない。実際には極めて厳しい道のりだけれど、

「私も藤井さんの集中力には驚きました」

 と語るのは、神谷広志八段(60)である。第1局で副立会人を務めた神谷八段は35年前、公式戦28連勝という記録を打ち立てたが、5年前、やはり当時の藤井四段によって破られている。

「対局中の形相たるや鬼気迫るようで、ちょっと近寄り難いものを感じました。近所で大爆発があっても動じることのないような……。私のようなオジサンにとっては驚異です」

 と笑いながら続ける。

「対局後の感想戦では、二人とも駒を動かすのではなく、空中で戦いを繰り広げるんです。ものすごい勢いで言葉をまくし立て、まるで二人の世界に没入してしまっているようでした。ことに藤井さんは声が小さく、“銀取って、引いて、こう回って……”と早口言葉のように言うので、さっぱり聞き取れない。もう一度盤の中でやってくれよ、と注文を付けたくなりました。これまで数多(あまた)の感想戦に立ち会ってきましたが、今回のような経験は初めてでしたね……」

 プロも驚く集中力と、将棋の世界への尋常ならざる探究心こそが、藤井竜王の繰り出す最大の“鬼手”なのか。

 来年の今頃は果たして何冠……。

「週刊新潮」2022年2月24日号 掲載

関連記事(外部サイト)