筑附高を管轄する大塚警察署、女性署長が就任 人事の背景に紀子さまとの“因縁”?

筑波大附属高を管轄する大塚警察署に女性署長が就任 背景に紀子さまとの因縁か

記事まとめ

  • 筑波大附属高校の所在地を管轄する警察署の新署長に宮崎真由美警視が着任した
  • 紀子さまと大塚署との間には「因縁」があり、当局は相応しい人選で応えたという
  • 夫は先日まで警護課の課長を務めており、「警視庁一のパワーカップル」とも

筑附高を管轄する大塚警察署、女性署長が就任 人事の背景に紀子さまとの“因縁”?

筑附高を管轄する大塚警察署、女性署長が就任 人事の背景に紀子さまとの“因縁”?

紀子さま

 悠仁さま筑波大附属高校受験が報じられる折も折、警視庁で新たな人事が発令された。同校の所在地を管轄する警察署の新署長に女性警視が着任。注目の人事は果たして「紀子さま」対策か。

 ***

 今月14日付の人事で大塚警察署の新署長に任ぜられたのは、宮崎真由美警視である。

 警視庁管内にある100余りの警察署の中で、女性が署長を務めるのは、昨秋時点で五指に満たない。これをもってしても抜擢といえるが、今回の人事がより注目されるのは、その立地ゆえである。大塚署は文京区の西部を所管とする。ここには、現在、悠仁さまが通われるお茶の水女子大附属中や、先頃受験された筑附高も含まれる。宮崎新署長は、将来の天皇の安全を守る重責を背負ったわけである。


■女性初の機動隊副隊長


「宮崎さんは50代半ばでしょうか。うちに数多くいる女性幹部警察官の中でも“有名人”の一人ですよ」

 とは、さる警視庁関係者。

 彼女はいわゆる“ノンキャリ”警察官。交通部門を歩み、難関で知られる白バイ隊員を務めた他、警備部門でも皇族の護衛を4年ほど務めた経歴を持つ。

「8年前には、第5機動隊の副隊長になりましてね」

 と前出の関係者が続ける。

「女性で機動隊の副隊長に就任したのは初めて。この時は写真入りで新聞に取り上げられました」

 その後は警察庁に出向したり、四谷署の副署長を務めたりした後、一昨年9月に、皇族の警備を担当する「警衛課」のNo.2、警衛官に就任し、この度の抜擢と相成ったわけである。


■パワーカップル


「経歴を見ただけでも、極めて優秀なコースをたどっていることがわかります」

 と元警視庁刑事の吉川祐二氏も言う。

「それに加えて、過去に皇族の警備も担当し、皇室との接し方や警衛活動にも慣れている。今の皇室は、やわらかな護衛といいましょうか、ものものしくなく、ごくごく自然なものを強く望まれていると聞いています。その中で、女性でありかつ経験豊富な宮崎さんに、大塚署長の白羽の矢が立ったということは十分に考えられますね」

 そもそも紀子さまと大塚署との間には「因縁」がある……というのは、知る人ぞ知る話だ。

「悠仁さまがお茶の水女子大附属幼稚園に通われていた頃のこと。通園時のお姿が週刊誌のカメラマンに撮られ、紀子さまが警備当局に“将来の天皇に何かあったらどうするのですか”と強い懸念を示されたことがあります。そうした中、大塚署は人員の補充や警邏(けいら)の強化、動線の確立などに力を尽くした。その結果、9年前に、署として警視総監賞を受賞したという過去もあります」(宮内庁関係者)

 そうした“ご難場”の署だからこそ、当局はそれにふさわしい人選で応えたといったところだが、

「宮崎署長自身の経歴に加え、彼女の家族関係も後押しになったのでは」

 とささやくのは、別の警視庁関係者。

「宮崎さんのご主人は、勉さんといって、警視庁の警視正。つい先日まで警護課の課長を務めていました」

 警護課というのは、世に言う「SP」が所属する部署のこと。総理や大臣など要人警護の責任者であったわけだ。

「この14日の人事では、第一機動隊の隊長となりました。第一機動隊は、かつての近衛師団の拠点に本部があることから“近衛の一機”の異名を持つ。そのトップとなる要職です」(同)

 そんな二人であることから、夫婦には、「警視庁一のパワーカップル」との評も聞かれるほどだという。


■義父は伝説の公安警察官


 ちなみに、勉氏の父である宮崎忠氏もまた警察官。オウム事件など公安畑で数々の実績を上げ、「鬼のみやちゅう」といわれた。1994年、故・野村秋介氏の部下たちが朝日新聞社で人質をとって立て籠った事件では、現場で説得役も務めた伝説の公安警察官だ。

「宮崎署長は優秀ですが堅苦しい人ではない。四谷署の副署長時代にはタクシーの車内に警察手帳を落としてしまったことも。降りる際に運転手が気付き、事なきを得たというエピソードがありますが、その理由は“泥酔していたから”。ただ、警視庁内では、今回の着任を“悠仁さまシフトゆえの幸運人事”とやっかむ声があるのも事実。大役を無難にこなせれば『女性初の機動隊長』になるともいわれていますが、逆に事が起これば、キャリアに大きな傷がつく」(同)

 3年前、中学1年生だった悠仁さまの、校舎内の机にナイフが置かれた事件は記憶に新しい。

 一般に署長の任期は2年間といわれている。新女性署長は、紀子さまのお眼鏡にかなうことができるか。

「週刊新潮」2022年2月24日号 掲載

関連記事(外部サイト)