「岩城滉一」タニマチの原資は医療法人からの「着服金」疑惑 振り込みの指示を書き残したメモ

「岩城滉一」タニマチの原資は医療法人からの「着服金」疑惑 振り込みの指示を書き残したメモ

神奈川大井射撃場HPより

■税務調査


 ドラマ「北の国から」の草太兄ちゃん役でお馴染み、岩城滉一が「神奈川大井射撃場」の「代表取締役会長」に就いたのは2020年2月のこと。老舗の射撃場の経営を引き継ぎ、改修などを済ませ、21年夏にリニューアルオープンした。その一方で、この射撃場を手掛ける会社の「代表取締役」に、ある疑惑が持ち上がっている。

 ***

 射撃場の代表取締役は、福岡が本拠地の医療法人「海邦会(かいほうかい)」の東俊男理事長。旧「維新の党」代表などを務めた松野頼久元衆院議員に秘書として長年仕えた経歴を持ち、岩城のタニマチ的存在でもある。

 この東理事長が、傘下に抱える病院の院長から、理事長職剥奪の民事訴訟を福岡地裁久留米支部に起こされていたのだ。傘下病院の幹部によると、18年2月に海邦会が受けた税務調査をきっかけに、東理事長による診療報酬の着服が発覚したという。

「それまで、着服のことを知っていたのは、財務部長ら経理担当の3人だけでした。海邦会が年間に得る診療報酬は16億円ほどです。診療報酬を管理するのは商工中金の那覇支店の口座で、東さんはそこから着服を繰り返していたのです」


■「すべて事実無根」


 その手口は財務部長らに直接指示し、診療報酬の口座から、個人的に経営する「LHD」なるコンサル会社などの口座に現金を振り込ませるというものだった。

「東さんからの指示を書き残したメモには、振り込みの理由として“医学部教授への付け届け代”とか“息子の学校の授業料”といったことが記されていました。さらに、株式投資の費用や馬券代などの肩代わりも度々行われていた。判明分だけで、総額14億6800万円超が東さんの手に渡っていました」

 海邦会が実施した聞き取り調査に対し、東理事長は頑なに着服の事実を否定した。

「一方で、罪に問われないようにするためか、東さんは海邦会から14億6800万円超を借金したことにする契約書を作成しました。その返済期日は、18年8月末。しかし、未だに1円たりとも返済されていません」

 これ以外にも、海邦会はLHDと「業務委託契約」を結び、09年1月から12年間、「経営指導料」名目で計10億2600万円超が支払われていたことも判明している。

 当の東理事長に訊くと、

「海邦会から神奈川大井射撃場には一切、資金は流れていません。先方の主張はすべて事実無根です」

「週刊新潮」2022年3月3日号「MONEY」欄の有料版では、東理事長のタニマチぶりと金の流れを詳報する。

「週刊新潮」2022年3月3日号 掲載

関連記事(外部サイト)