「あさま山荘事件」で人質に取られた夫妻の50年 別の保養所で定年まで管理人

「あさま山荘事件」で人質に取られた夫妻の50年 別の保養所で定年まで管理人

あさま山荘

 日本中がテレビ画面に釘付けとなった事件から、この2月で50年を迎える。あさま山荘に立てこもった連合赤軍メンバーは、当時の管理人だった牟田郁男さん(85)の妻・泰子さん(81)を人質に取り、警官隊と10日間に及ぶ攻防戦を繰り広げた。事件に巻き込まれた夫妻の半世紀に迫る。

 ***

「連合赤軍事件の全体像を残す会」のメンバーで、連合赤軍の前身に当たる革命左派の構成員として活動した雪野建作氏が振り返る。

「時代の荒波のなかで我々は機動隊と大立ち回りを演じ、武闘派路線へと傾いた末にあさま山荘事件が起きました。私はその前年に逮捕され、東京拘置所で事件を知りますが、山荘に立てこもったと聞いて“これは敗北だ”と感じました。民間人を人質に取るなんて言語道断です。牟田さんには大変な思いをさせてしまい、申し訳なく思っています」


■事件後の生活は


 事件の舞台となった長野県軽井沢町の「あさま山荘」は河合楽器の保養所だったが、80年代に売却され、現在は香港に本部を構える一般社団法人「正生会」が所有する。この団体は、麻薬中毒の青少年を更生させる活動を行っており、香港の少年を山荘に招くイベントも実施している。

 では、“渦中の人”となった牟田夫妻はこの50年をどう過ごしてきたのか。

 夫妻の知人が明かす。

「牟田さん夫妻は、あさま山荘が売却された後も、旧軽井沢にある大手建設会社の保養所で定年まで管理人をしていました。郁男さんは定年後、地元の放送関係の組合で事務員になってね。軽井沢には東京のテレビ局の電波が届かなかったので、観られるようにするために住民たちが立ち上げた組合です。そこを辞めたのが3年ほど前になります」


■日本舞踊が生きがい


 郁男さんはその後、旧軽井沢にある諏訪神社の役員になったという。

「毎日のように神社に足を運んで丁寧に時間をかけて御朱印を揮毫しています。ただ、最近はコロナ禍で参拝客の足も遠のいてしまったので、あまり神社に顔を出していません。郁男さんは、仲間内でも“事件”のことを話したがらない。事件当時、いろいろと嫌な思いをしたからでしょうね……」(同)

 218時間にわたって囚われの身となった泰子さんは好奇の目に晒される。そして、解放された彼女が犯人側に「大事にされていました」と語ったことなどが取り沙汰され、〈警察官が殉職しているのに不謹慎だ〉とバッシングを浴びてしまうのだ。そうした経緯もあり、事件直後を除いて夫妻はメディアの取材にほとんど応じていない。一方で、夫妻は毎年、殉職した警察官の顕彰碑に足を運んで追悼を続けているという。

 泰子さんの近況について先の知人は、

「日本舞踊が大好きで地域の人たちと一緒に楽しんでいる。日本舞踊が生きがいという感じでね。いまは趣味に生きているんです」

 夫妻の自宅を訪ねると、作務衣姿の泰子さんが穏やかな笑顔で応対してくれた。だが、

「すみません、取材はお受けしていないので……。先日もNHKからの依頼をお断りしたばかりなんです」

 50年の月日が経ったいまも、当時のままの姿を残すあさま山荘。同様に、夫妻の脳裏から事件の記憶が消え去ることはない。

「週刊新潮」2022年3月3日号 掲載

関連記事(外部サイト)