「万歳!」戦後、出獄した共産党員が受けた朝鮮語の歓迎 隠された党の歴史を紐解く

「万歳!」戦後、出獄した共産党員が受けた朝鮮語の歓迎 隠された党の歴史を紐解く

府中刑務所から出獄した共産党員と歓迎する群衆

 今年、結党100年を迎える日本共産党。日本で唯一名前を変えていない政党だが、その党史には書かれざる一幕がある。戦後、出獄した共産党員たちが、誰の力を借り、どう再建していったかが抜けているのだ。いま初めて明らかになる党復活の真実。

 ***

1945年10月10日、その日は朝から雨であった。午前10時、戦前の共産党の代表的活動家である徳田球一を先頭に、志賀義雄、金天海、そして黒木重徳や山辺健太郎ら16名の共産党員が、「天皇制打倒」を叫びながら、東京・府中の刑務所の獄門より出獄した。この時、府中刑務所前には、約400名の人々が「出獄革命志士歓迎」のプラカードを掲げ、赤旗や太極旗を振りながら待ち受けていた。

 驚くべきことに、そのほとんどが朝鮮人だった。日本人はわずかしかいない。彼らはここ府中に向かうトラックの上で、「インターナショナル」と「にくしみのるつぼ」をかわるがわるに歌い続けた。中野の豊多摩刑務所から出獄しトラックに乗った共産党幹部の寺尾五郎は、はじめて東京の空に革命歌が鳴り響くのを聞いた。そして「政治犯釈放運動促進連盟」の金斗鎔や朴恩哲ら朝鮮人の集団と府中刑務所に向かった。その時の様子を寺尾は「1945年10月に出獄して」(「季刊三千里」1978年15号)の中で次のように回想している。

「よくみると、半分ぐらいの朝鮮人は革命歌の歌詞も知らず、どう見てもマルクス主義も社会科学も知ってそうもない人たちであり、いまどこかの闇市から飛び出してきたと思われる朝鮮人なのである。私は感動した。なんの理論もしらないが、実生活の生の体験で、国家とは監獄であり、正義とは革命であることを無条件に知っている人達、この人々が革命的大衆というものだと思った。それは私が生まれて初めて接した革命的大衆であった」


■第一声に沸く朝鮮人の群衆


 府中刑務所正門前で開催された出獄式は、金斗鎔が司会進行し、徳田球一、志賀義雄、そして金天海が出獄者を代表して挨拶した。

「出獄する時間十時がきた。(中略)同志キントウヨウ(金斗鎔)の歓迎の辞にこたえて、同志トクダ(徳田)が、われわれ一同を代表してまず演壇へのぼった。(中略)最後に同志キン・テンカイ(金天海)が登壇した。こんどは朝鮮語の歓迎の嵐である」(松本一三「出獄前後 十月十日の思ひ出・下」「アカハタ」1946年10月13日)

 小雨の中で出迎えた400人を超える朝鮮人の群衆は、待ち望んでいた金天海の第一声に沸いた。

「同志キンが降壇すると、ただちにデモに移った。出迎者たちの胸にたぎりたつ興奮と感動はそのまま解散することをゆるさなかったのである。ワッショ ワッショ……ワッショ ワッショ……赤熱した熔岩の流れのようにぐるぐると広場を回るデモはいつ止まるともわからなかった」(松本・同前)


■日本人と朝鮮人の連帯を訴え…


 式に続いて府中刑務所前では、ぐるぐる回るデモが展開されたのだ。歓喜で収まらない群衆の興奮が伝わってくるようだ。

 日本人共産主義者の岩田英一は、この時に歓迎の辞を述べた金斗鎔を高く評価している。

「まことに知的な左翼でした。彼は絶叫などせずに、含むように『府中組』における18年余の獄中生活を慰労し、その不屈の闘争を称賛し、また新時代の到来における日朝人民の連帯を訴えていた。私が感動したのは、金斗鎔が『出獄戦士万歳!』『日本共産党万歳!』と言って歓迎の辞を結んだことです」(吉田健二「戦時抵抗と政治犯の釈放〈3・完〉――岩田英一氏に聞く」『証言 日本の社会運動』法政大学大原社会問題研究所)

 それは徳田球一の第一声が、

「今までは天皇がわれわれを裁いた。今度はわれわれが天皇をひっくくって裁くんだ。天皇の嬶(かかあ)なんぞは誰かがいってやっちまえといった調子のものであった」(寺尾・同前)

 と「天皇制打倒」を感情にまかせ、暴力的に訴えるのとは対照的だった。金斗鎔も金天海も、極めて理性的に同志の出獄を祝い、革命にむけて日本人と朝鮮人の連帯を訴えたのである。


■「歓迎の群衆は、殆ど朝鮮人であった」と描写


 岩田と共に出獄式に参加した中西伊之助は、出獄式に参集したほとんどが朝鮮人で、日本人の出席者はわずか二、三十名であったと述べている。

「数台のトラックに赤旗をひるがえして出迎えた数百人の出迎え人は、殆ど朝鮮人連盟の諸君だった。その中に混ざっていた日本人はわずかに二三十人にすぎない心細さであった。(中略)だからその中にいた日本人で、朝鮮人諸君にたいして恥ずかしくもあり、肩身のせまい想いをしたのは、わたしばかりではなかったであろう」(中西伊之助「日本天皇制の打倒と東洋諸民族の民主的同盟」「民主朝鮮」1946年7月号)

 この時の光景を、収監されていた李康勲(光復会顧問、尹奉吉義士記念事業会会長、前独立運動史編纂委員会調査室長)も、『権逸回顧録』の中で次のように描写している。

「獄門を出た私は、怪奇な光景に唖然とならざるを得なかった。小雨が降っている獄門の前の広場には、数千名の群衆が『出獄革命志士歓迎』と書いたプラカードの下で赤旗を振りながら私たちを迎えた。釈放された政治犯十六名のなかで朝鮮人は私と金天海だけで、他はすべて日本人であった。しかし歓迎の群衆は、殆ど朝鮮人であった。日本人があるいは混ざっていたかもしれないが、全部同胞のようであった。その群衆の中から、ひとり、太極旗を高々揚げた人が“我が独立闘士、李康勲先生は何処にいますか、李先生は何処ですか!”と叫んでいた。彼は徐相漢で、群衆の中のただ一人の民族主義者であった。今も、あのときのことを考えると感謝の念が込み上げてくる」


■宮城刑務所でも


 では、その朝鮮人とはどんな人たちだったのか。続けてこんな記述がある。

「群衆はすぐ我々を取り巻き、トラック七台に分乗して田村町の飛行会館に準備された歓迎式場に向かった。赤旗を振りながら示威行進をしたが、中野駅近くで米軍憲兵に制止され解散になった。この群衆が朝連準備委に所属している左翼勢力であるということを後で知った」

 この10月10日前後には、日本全国の刑務所から続々と政治犯が釈放された。府中に限らず、全国の刑務所でも政治犯を温かく迎えたのは、朝鮮人の共産主義者たちであった。

 元日本共産党宮城県委員会事務局で朝鮮人部部長を務めた高橋正美と元日本共産党宮城県委員会委員長・遠藤忠夫の対談を、和光大学教授の篠原睦治が記録した文書にも、その事実が出てくる。ここで遠藤忠夫は、敗戦の年の10月10日の思い出を次のように語っている。

「この日私は、宮城刑務所の前の桜並木でボンヤリと立っていました。刑務所からは、一人ひとりポツン、ポツンとしばらくの間をおいて出てきましたが、彼らを出迎えていたのは、日本人ではなくて、朝鮮人だったのです。当時マツダ三輪トラックというのがありましたが、それに卵を山と積んで新聞紙にくるんで、日本人一人ひとりに『ご苦労さまでした。これで元気を出してください』と言って、渡しているのです」(遠藤忠夫「証言3 宮城県共産党と仙台の在日朝鮮人社会―高橋正美さんと遠藤忠夫さんのお話〈地域社会における在日朝鮮人とGHQ〉」「東西南北別冊01」2000年12月1日 和光大学リポジトリ)


■日本共産党の原点


 そこには戦時中の弾圧を乗り越えた強い絆と連帯があったのだろう。それがさらには、戦後の共産党再結成にも大きな役割を果たしていくのだが、意外にもこれら原点となる事実について、日本共産党はほとんど語ることがない。

 日本共産党中央委員会のまとめた共産党史(八十年史、七十年史、六十年史、五十年史)は、いずれも(1)政治犯の釈放、(2)党拡大強化促進委員会の発足、(3)「赤旗」の再刊、(4)第4回党大会の四つを、戦後、党の再建を代表する重要な出来事として挙げている。すなわち1945年10月10日の日本共産党幹部の府中刑務所出獄から12月の第4回党大会までを、党再建の起点としている。だが党史は、「いつ、どこで、誰の手によって、どのようにして、また何の財源で再建したのか」という疑問には答えていない。


■府中刑務所の「日本共産党第1世」たち


 日本共産党は、1922年7月、渋谷の民家で開かれた最初の党大会で産声をあげた。以来、一度も党名を変えていない日本で唯一の政党である。今年、結党100年を迎える。もっとも組織としては、結党2年後の1924年に解党を決議し、いったんは解散していた。

 大日本帝国が国家総動員体制で総力戦を闘った先の大戦で、政府は国内秩序の維持と安全のため、思想犯を厳しく弾圧した。戦時中、共産党員の政治活動はそのイデオロギーと反社会的な運動ゆえに、常に当局の監視の対象だった。

 このため日本人共産主義者の多くは、弾圧に耐えかねて転向するか、戦地に赴き、愛国者として闘うか、または思想犯として獄中にあった。そして府中刑務所の予防拘禁所には、日本共産党第1世と呼ばれる人たちが収監されていた。

 日本共産党の指導者で絶大な影響力をもつ不破哲三は、戦後の共産党について、

「一九四五年十月に獄中から解放されたひとびとが中心になって、党をつくり、活動を開始した」(不破哲三『日本共産党史を語る』新日本出版社)

 と、記している。


■党再建の中心となった府中組


 また日本共産党に代々木の党本部の土地と建物を寄贈した岩田英一は、府中組の出獄が戦後の共産党再建の起点となったことを次のように証言する。

「もちろん徳田、志田、黒木ら『府中組』だけでなく、前後して全国各地の刑務所で政治犯が釈放されましたけれども、やはり『府中組』の出獄を第一義的に考えなければならないでしょう。『府中組』の出獄は日本共産党が歴史上、初めて合法政党として存在し、戦後における日本政治を革新の方向で担う起点になっています。党の再建も『府中組』が中心となって担い、また日本社会運動も『府中組』のリーダーシップのもとに再出発しています」(吉田・同前――岩田氏証言)

 当時の日本共産党幹部が「天皇制打倒」を叫びながら府中刑務所より出獄し、党を再建したことは、党史にも深く刻まれている。

 その「府中組」が戦後の日本共産党再建を担ったのは間違いあるまい。しかしながら、その道筋はいかなるものだったのか。

 それを明らかにするために、ここから時間を終戦前夜に遡ってみる。


■終戦前夜の獄中で


 1945年8月14日、府中刑務所の共産党幹部らは終戦の日が近いことを察知していた。

「一四日の晩、明日正午にラジオの前に集まれというんです。空襲がどんどんあるのに、ラジオの前に集まれなんていうのはおかしい。これはもう無条件降伏だと分かりました。その夜中に、どんどんと兵隊の足音が聞こえるのです。東京から遠ざかる方へいくので、これはもう間違いないと思いました」(山辺健太郎『社会主義運動半生記』岩波新書)

「敗戦はもはや歴然で、役人たちの方でも、もはや私たちを取りしまる気力もうせていたようだった。新聞でもラジオでも、自由に見たり聞いたりすることができた。それでドイツの降伏のニュースも聞くし、むしろある意味では、一般の人よりも平静で、客観的に情勢を判断できて、無条件降伏の発表を待ちかまえているのだった」(志賀義雄『日本革命運動の群像』合同出版社)

「監獄の外を、軍隊が相当多数移動しているようすがわかった。それであちこちの高い塀に党員を立たせて外のようすをうかがわせたところ、一人が、たしかに指揮官らしい者の声で、『今晩はしっかりあるけ。あるくのも今日で最後だから』というのがきこえたという。これはもういよいよ降伏だと考えたが、とにかく明日を待て、今晩はゆっくり寝よう、というわけで、その夜は明けて八月一五日になった」(志賀・同前)


■府中刑務所内の空気は一変


 軍靴の音は遠ざかり、静けさの中で8月15日の陽は昇った。

「朕(ちん)深ク世界ノ大勢ト帝国ノ現状トニ鑑(かんが)ミ 非常ノ措置ヲ以テ時局ヲ収拾セムト欲シ 茲(ここ)ニ忠良ナル爾臣民(なんじしんみん)ニ告ク(ぐ) 朕ハ帝国政府ヲシテ米英支蘇四国ニ対シ 其ノ共同宣言ヲ受諾スル旨通告セシメタリ……」

 玉音放送が流れた時の様子を、志賀はこう書き記している。

「正午、所長の命令で全員集合して、マイクの前に立たされた。全員三十人位。朝鮮人が三人、天理教徒が二人いる。天皇の声がきこえてくる。放送に慣れない人がやるせいか、なんだかキンキン声でよく聞きとれない。が、前にいる所長が首をうなだれて、肩をふるわせている光景からも、すべてを直感した。隣りの徳田(球一)を見ると、天井を向いて平然としてうそぶいているような表情だった」(志賀・同前)

 天皇陛下が玉音放送で「終戦の詔書」を読み上げると、予防拘禁所の刑務官たちは深いショックを受け、気力が半ば失せたような様子になったという。

 もっとも獄中の徳田球一はこう戒めた。

「徳田君はあんまり調子にのらないようにというんです。(略)それだけ慎重だったのです」(山辺・同前)

 それでも徳田は「自分たちの解放も時間の問題である」と、自主管理を申し入れ、それが許可された。

 その日から府中刑務所内の空気は一変し、不自由さにも厳しさがなくなっていった。しかしながら、徳田たちはすぐに釈放されたわけではなかった。

(敬称略)

近現代史検証研究会 東郷一馬

「週刊新潮」2022年3月3日号 掲載

関連記事(外部サイト)