女好きの義父に“洗脳”され…不倫にハマったアラフィフ男 待ち受けていた衝撃の真実

女好きの義父に“洗脳”され…不倫にハマったアラフィフ男 待ち受けていた衝撃の真実

結婚によって、邦和さんの価値観はひっくり返された――

 2020年代になっても、「嫁姑問題」はなくならない。今は「義実家、義父母」というのが定番だが、呼称は変わっても人の諍いの中身はそうは変わらないものだ。

 妻と夫の母親はうまくいかなくて当然だと思っていたほうがよさそうだ。一方、夫と妻の父親というのは、おしなべてそう問題がなさそうに見えるが、環境によっては夫に大きなストレスがかかることもある。【亀山早苗/フリーライター】

 ***

「こういう言い方をするのもよくないとわかってはいるんですが、僕の人生は妻の父親によって、僕が目指していたところとはまったく違う方向に進んでいるような気がします。最近では、『ここを飛び出したほうがいいんじゃないか』と思えてならない」

 中肉中背、「どこといって取り柄のない薄い顔」だと本人は言うが、めがねをかけたその姿はインテリの研究者といった風情。実際、ひとり静かにクラシック音楽を聴いたり読書をしたりするのが好きだという。それが富本邦和さん(44歳・仮名=以下同)だ。

 新卒で入った会社の取引先企業の社長に気に入られ、その娘である葉子さんと結婚したのは29歳のとき。葉子さんは26歳だった。

「僕の何を社長が気に入ったのかわからないんです。ただ、なぜかよく飲みに誘ってくれた。おもしろい人だなとは思っていました。あるとき飲みに行った帰りに家に連れていかれ、そこでふたり姉妹の長女である葉子に紹介されました。楚々とした美女でしたね。今どき、こんな人がいるんだと思ったくらい」

 しばらくすると、今度は家に遊びに来いと言われた。上司に相談すると「行け」と言う。葉子さんに会いたい気持ちもあって、手土産を片手に訪問した。

「下にも置かぬもてなしというんでしょうか、家族そろって歓迎してくれました。昼食をごちそうになると、葉子が『私の部屋を見ます?』と。広い家でしたね。僕は下町の生まれで、長屋みたいなところで育っていますから、洋館のような邸宅に驚きました」

 二階の葉子さんの部屋にはアップライトピアノが置かれていた。階下のリビングにはグランドピアノがあったはず。「あれ」と言うと気づいたのか、葉子さんが笑った。

「ここで練習して下で披露するんですよ。妹はバイオリンをやっているので、ときどきふたりで演奏会みたいなことをして遊んでいます」

 別世界だなあと心の中でつぶやいた。ピアノを聞いたり世間話をしたりしているうちに階下から呼ばれた。

「葉子の父である社長に、『素敵なお宅ですね』と言ったら、彼はがははと笑いました。『これは妻の父親が建てた家。オレにそんな才覚がないのはきみも知ってるだろう』って。なかなかにやり手の社長なんです。それはわかっているから、『社長ほどの方が何をおっしゃるやら』みたいなおべんちゃらを繰り出し、そろそろお暇をと腰を浮かしかけたとき、社長が口火を切ったんです。『うちの会社に来ないか。そしてオレの跡を継いでくれないかな。つまり葉子と一緒になってくれればいいんだ』と。いきなりいくつもの案件が入った仕事を言いつけられたような感じで、言葉が入ってこなかった。葉子を見ると、少しうつむきながら恥ずかしがっている。あんな仕草をする女性がいるということにも驚きました。社長と奥さんはうれしそうに微笑んでいるし」


■いきなり「営業次長」に


 葉子がきみに一目惚れらしい、と社長は言った。かなり前に、たまたま父親の会社に行ったとき、打ち合わせに来ていた邦和さんを見て心ときめかせていたようだ。その後、社長は邦和さんのことを調べた。当時は若かったが、会社でも誠実に仕事をしていること、先輩や後輩からも好かれていることなどを把握していると聞かされた。

「返事は急がない。今の会社よりうちのほうが規模は小さいし、どうしても来てくれとは言いづらい。きみが将来をどう考えているのかも聞かせてほしい。社長はそう言いました。ともかく今日はゆっくりしていってほしいと言われて、夕方帰ってきた妹さんも一緒に夕食をとったのを覚えています」

 社長宅を辞するとき、葉子さんが駅まで散歩がてら送っていくと言い出した。道々、「父が無理を言い出してごめんなさい。もしもその気があったら、可能性があったら考えてほしいんです」と葉子さんはおっとりと、だがはっきり自分の意志を告げた。

「お嬢さんだけどしっかりしてるとは思いました。ただ、駅まで送ってもらってそのままひとりで帰すわけにはいかない。今度は僕が送っていくと言って、今来た道をまたふたりで歩いて。彼女が笑いながら『50年後もこんなふうにあなたと歩けたら、私の人生は大成功ってことになる』と言ったんです。僕みたいな冴えない男にどうしてそんな思いを寄せてくれるのかわからなかったけど、素直にうれしかった」

 結局、駅と葉子さんの自宅を2往復したあと、葉子さんに物陰に引っ張り込まれてキスを交わしたと邦和さんは言った。

 それから1年後、邦和さんと葉子さんは結婚した。新卒で入社してからがんばってきた会社に辞表を提出するときは少し寂しかったという。だが葉子さんの父親の会社に入ると、いきなり「営業次長」の肩書きがついてきた。

「仕事ができなければ葉子が悲しむ。義父にも迷惑をかける。そう思って、結婚してから1年間は死に物狂いで働きました。義両親と同居ではなかったし、婿養子に入ったわけではなかったけど、かえってそれもプレッシャーになっていましたね。自分が“お試し期間”にいるのかな、と。本気で迎え入れる気なら、同居してほしい、婿養子になってほしいと言うのではないか……。だから怖くてとにかく仕事をしていました」

 誰よりも早く会社に行き、誰よりも遅く退社。家にまで仕事を持ち帰った。そんな彼を葉子さんは繊細に気遣ってくれた。

「31歳のとき長男が、3年後に長女が生まれました。そして初めて、葉子が実家に引っ越そうかと言い出したんです。あの洋館のような素敵な家は1年かけてリフォームし、立派な二世帯住宅になっていました。僕は3年以上、葉子の実家には足を運んでいなかったんです。社長とは会社で会うし、義母はときどき僕らの自宅に来ていましたから、家に行く必要もなかったんです。それに気づかないほど僕は仕事に忙殺されていた」

 当時は、仕事中心の生活だし、どこに住んでもかまわないと思っていた。むしろ葉子さんが安心できるから実家に住んだほうがいいとも感じていたと邦和さんは言う。


■やがて見えてきた義父の“正体”


 二世帯住宅は、玄関は別だったが、中はつながっていた。真ん中に大きなリビングがあり、邦和さんがいないときは、葉子さんと子どもたち、義母はほぼそこで過ごしていたようだ。

「引っ越すと同時に、義父である社長も僕を後継者と認めてくれたのか、いろいろな商談や取引先への訪問に連れていってくれるようになりました。義父は“いい人”ではあるんです。中小企業にありがちな暴君ではない。ただ、『古くからいてくれる社員たちに少しでも還元したい』という思いから、新しいものを取り入れるのが遅れることが多く、僕はそこが気になっていました。だからいろいろな提案をした。義父はその多くを他の幹部たちと一緒に検討してくれました」

 必然的に義父と過ごす時間が増えていった。そうなると義父の“趣味”もわかってくる。

「とにかく無類の女性好きだった。義父は義母とは仲がいいんです。週末などふたりでよく出かけている。だけどそれとこれとは別らしくて。あるとき、夜まで一緒に仕事をし、軽く食事でもして帰るかと言いながら連れていかれたのはキャバクラでした。僕はそれまで縁がなくて行ったことがなかったんですが、義父は行きつけの店をいくつももっていたようです。いい子ぶるわけじゃないけど、びっくりしましたね」

 その後はあちこちの風俗にも連れ回されるようになった。葉子さんへの思いもあって「遠慮したい」というと、「大丈夫、娘だってそのあたりはわきまえている」と強引に連れていかれた。

「わきまえているってどういうことなのか……。『男にはいろいろあるってことだよ。まあ、女にもいろいろあるかもしれないけど。邦和くん、そのへんはお互いに秘密をもっていたほうが夫婦仲っていうのはうまくいくんだ』と言っていました。当時はどういう意味なのかわからなかった」

 妻に対しては誠実でいたい。邦和さんはそう思っていた。だいぶ仕事にも慣れてきたし、なるべく早く家に帰って子どもたちとも接したかった。だが義父と一緒だとそれができない。妻に愚痴を言いたかったが、女性のいる店に頻繁に連れていかれるとは言いづらかった。

「だからひとりで残業するふりをして義父の誘いを断ったりもしていました。でも義父は他の幹部を誘ったりはしない。標的は僕だけです。身内だから一緒に楽しもうという気持ちからだと思いますが、僕はどうしても楽しいと思えなかった。それなのに行かないとはっきりも言えなくて。本当に優柔不断でしたね」


■気になる女性ができ…


 それでも邦和さんは少しずつ、義父の“趣味”になじんでいってしまう。最初は行くのがつらかったが、だんだん女性たちと接するのも苦ではなくなり、数年たつうちには楽しいと思うようになっていった。

「仕事はきつかったけど、遊んでストレスを発散させて、また新たな気持ちで仕事に向かう。週末だけは家族との時間を過ごす。それがメリハリの効いた生活だと、義父に洗脳されていったんだと思います」

 5年ほど前、気になる女性・菜美さんができた。義父には内緒にしていたが、その道に詳しい義父に隠し通せるわけもない。「無駄金を使いすぎるなよ」と義父にアドバイスされた。

「同時に義父の愛人さんにも初めて会いました。10年来の関係だそうです。義父の援助のもと店を経営、今ではオレより儲けているんじゃないかと義父は笑っていました。なんと子どもまでいるんです。義母は知らないそうですが。義父が彼女のところに行くときは、僕も菜美と会う。そして義父と待ち合わせて帰るんです。男同士で徒党を組んで妻たちを騙している。そう思うと嫌な気分にもなったんですが、現実的にはアリバイがあるのはありがたい」

 葉子さんに不満があったわけではない。むしろ葉子さんは、母として妻として完璧だった。何時に帰っても起きてきて夜食を作ってくれる。朝もきちんと玄関まで送ってくれた。いつも笑顔を絶やさず、穏やかで「あなたのおかげで暮らしていける」と感謝の気持ちを言葉にした。

「完璧すぎるんですよ。僕のすべてを受け止め、受け入れる。だから僕は水商売で必死に売り上げを上げようとしている菜美に惹かれた。わがままなところもあるけど甘え上手で、僕がいないとダメなんじゃないかと思わせてくれる。僕にとっては40歳を前にして初めての恋だったのかもしれません」

 たとえバレても義父がかばってくれるだろうし、そもそも妻は気づこうとしないだろうとも思っていた。義母が義父の長年の浮気を見逃しているように。それが妻の家のやり方なのかとときおり不安と葛藤を感じながらも、「恋して浮かれる」日々を送っていた。


■暴走する自分


 菜美さんとの関係は1年ほどで終わってしまったが、彼には「恋をした」実感があった。

「家庭に迷惑をかけない範囲で恋をするのは決して悪いことではないかもしれないと思ったんです。ストレスを家に持ち込むよりはいいんじゃないかと」

 だからまた恋をした。今度は会社の部下で、15歳年下の真穂さんが相手だった。菜美さんのときより本気度が高かった。これを察した義父からは、「社内不倫はやめろ」と再三、注意された。ところが走り出した彼は自分でも自分を止められなくなっていた。

「彼女のひとり暮らしの家に泊まったこともあります。どうしてあれほど入れ込んでしまったのか自分でもわからない」

 そう言いながらも「暴走する自分」が嫌いではなかったとも言う。

「いけないと思いながら突っ走ってしまったり、恋じゃなくても何かに夢中になって何もかも振り捨ててしまったりという経験をしたことがないんです。何でもほどほどにうまくやってきた人生だった。与えられた場所でがんばれば、何かいいことがあると信じて。葉子と結婚したことも、それによって得た場所で誠実に仕事をがんばってきたことも、僕にとってはごく当たり前のことだった。だけど真穂と知り合って、まじめに生きてきたことがバカバカしくなったというか、枠にはまっている自分が嫌になったというか。義父からは『おまえは狂い咲きみたいなもんだ』とため息をつかれました。そしてとうとう、社内でも僕らの不倫が問題視され、真穂は辞表を出しました。僕は立場上、降格されたけどクビにはならなかった。その後も僕は真穂とつきあい続けました。いっそ駆け落ちしたいと思ったことも何度もあったけど、そのたびに子どもたちの顔を見て思いとどまった。勇気がなかったんだと思います」

 こんなとき大事なのは、勇気より親としての情だろう。勇気をもって駆け落ちしたところで誰も幸せにはなれない。

「真穂とは2年ほど続きましたが、何も進展しないので愛想を尽かされました。あちらはまだ20代ですからね。彼女の失業保険が切れたころから経済的に援助はしましたが、何もかも僕のせいにしてきて。結局、義父がまとまったお金を渡したらしく、彼女は『実家に帰る。さよなら』というメッセージだけ残して去っていきました。義父は『もっとうまく遊べないなら、もう遊ぶな』と。僕は遊んだわけじゃないのに……と不服でしたが、家庭を壊さずにすんだのは義父のおかげでもある。結局、何をやっても義父を越えることはできないのかと、今度は義父が恨めしくなって」


■夫が遊んでいれば妻だって…


 なにやら負のスパイラルに突入した邦和さん。そんなとき、妻の葉子さんが繁華街のオープンカフェで「若いイケメン」と手を取り合うようにして語り合っているのを目撃してしまった。

「僕が恋にうつつを抜かしていたら寝取られたのかと愕然としました。それとなく義父に言いつけたら、『だから大人になれと言ってるだろう』と言われた。娘の不倫を放っておいていいんですかと思わず責めるような口調になりました。義父は『夫が遊んでいれば妻だって遊ぶさ』って」

 何がなんだかわからなくなった邦和さんは、帰宅してから葉子さんに「先日、きみが若い男と……」と言ってみた。

「ああ、あれ。最近知り合ったテニスのコーチ。いい男だったでしょ。しゃべっていただけよ。何か問題ある?」

 まったく悪びれていないその言い方に「いや、何も」と言うしかなかった。すると葉子さんは、「私はあなたと違って、よその異性にはまったりしないから」とさらりと言った。

「『遊ぶならきれいに遊んでちょうだい。じたばたしたり自分で尻拭いができないようなら、何もしないほうがいいわよ』って。怒っているわけじゃないんです。本当にさらりと言う。それが不気味でたまらなかった。どうしてそんなふうに言えるのかと聞いたら、『夫婦はストレスをためずに外で発散、家庭内が穏やかにうまくいけばそれでいいじゃないの』と。あの義父にしてこの娘ありなんだとよくわかりました。聞けば、どうやら義母もホストクラブなどに行って適当に遊んでいるらしい。葉子も『ホストクラブ、楽しいのよ。私は母ほど熱心にはなれなかったけど』とこれまたさらりと言う。義母は家業を夫に継がせて、自分は新たに会社を興した凄腕の人。だから母は自分のお金を好きなように使って遊んでいたのよとも言っていました。義父にはそういうストレスもあって遊び始めたのかもしれない。いずれにしても、この家の価値観がわからなくなりました」

 本当にそれでいいと思っているのかと、彼は葉子さんに何度も聞いた。

「『言っておきますけど、私は不倫はしてないの、あなたと違って』と葉子は言うんです。不倫はダメだけど遊びならいいということなのか、性的交渉さえなければいいのかはよくわからない。今思えば、僕は自分がしたことが家庭のルールに違反すると反省しています。性交渉があるなしの問題でもないと感じている。だけど、葉子にはそういう価値観がないんです。そのほうが問題じゃないですか?」

 一夫一婦制で貞節を守るべきという民法に基づけば「不倫はいけない」のかもしれない。そして実際、性的交渉がない限り、判例上、不倫と認められないことも多い。だから葉子さんの「不倫はしていない」は法令上も認められるだろう。一方の邦和さんの行為は明らかに「不倫」である。ただ、人の価値観はそれぞれだ。葉子さんは夫の不倫をさして気にしていないが、邦和さんは妻が「性的交渉はともなわないが男と会っている」ことにショックを受けている。

「こんなふうに節操のない家庭にいていいのかと思います。それ以上に、家庭内には何ら波風が立っていないことがもっと怖い」

 それをあなたが言う? そんな疑問もわきながら、邦和さんの心のモヤモヤも少しだけ理解できるような気がした。彼自身、自分が持っていた価値観がひっくり返されたことで気持ちの整理がつかなくなっているのかもしれない。

亀山早苗(かめやま・さなえ)
フリーライター。男女関係、特に不倫について20年以上取材を続け、『不倫の恋で苦しむ男たち』『夫の不倫で苦しむ妻たち』『人はなぜ不倫をするのか』『復讐手帖─愛が狂気に変わるとき─』など著書多数。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)