実子1人殺害、3人が不審死… 凶行に及んだ母の「異様な小動物愛」

実子1人殺害、3人が不審死… 凶行に及んだ母の「異様な小動物愛」

大和市内の自宅アパート

「代理ミュンヒハウゼン症候群」という耳慣れない病名で注目を集めた今回の事件。だが、子どもたちが次々と不審死を遂げる一方、虐待の兆候は見られなかった。少女時代に経験した両親との死別、ペットに向ける異様な愛。凶行に及んだ母親の原風景に迫る――。
 ***

「やっと息子が帰ってきてくれるんです!」

 声を弾ませてそう語った上田綾乃(42)の笑顔を、元勤務先の上司はいまでも忘れられないという。

 2018年11月に、上田は念願だった次男との生活を取り戻した。だが、その約8カ月後、小学校に入学したばかりの息子は命を落とす。彼女がお腹を痛めて産んだ子どもを亡くすのは、これで“4度目”だった。

 そして、今年2月20日、次男・雄大君(7)=死亡当時=を殺害した容疑で、上田は神奈川県警に逮捕されたのである。

 社会部記者によれば、

「19年8月、上田は自宅から“テレビゲームをしていた息子が突然、胸の痛みを訴えて、動かなくなった”と119番通報をしています。雄大君は搬送先の病院で死亡が確認されました。上田は内縁の夫と雄大君と共に大和市内のアパートで暮らしていましたが、事件当時、家にいたのは母子ふたりだけでした。しかも、司法解剖の結果、窒息死の疑いが浮上し、後頭部には顔を強く押さえつけられたことを示唆する皮下出血も確認された。県警は、上田が息子の鼻と口を塞いで殺害したものと判断して逮捕に至ったのです」


■続く不審死


 上田は、前の夫との間にもうけた長男を02年に生後5カ月で亡くし、翌年に生まれた長女も生後1カ月で急死。長男は「ミルクの誤嚥による窒息」、長女は「乳幼児突然死症候群」が死因とされた。17年4月には雄大君の弟に当たる三男も、死因不明のまま1歳5カ月でこの世を去っている。雄大君と三男の父親は内縁の夫だ。

 ここまで不審死が続けば、県警が上田に疑いの目を向けるのは当然だろう。

 事実、彼女の半生には常に“死”の影が付きまとう。

 横浜市瀬谷区にあった彼女の実家近くの住民からは、こんな声が聞こえてくる。

「綾乃さんは両親と弟ふたりの5人家族でした。ただ、彼女が横浜市内の商業高校を中退した頃、お父さんが職場で倒れて、そのまま帰らぬ人に。お葬式に参列したら、明るい性格のお母さんが意気消沈していて……。それから2年ほど経って、今度はそのお母さんにがんが見つかったんです」


■きょうだい3人での生活


 上田は自宅で看病を続けたが、その甲斐なく母親は息を引き取ってしまう。待ち受けていたのはきょうだい3人での生活だった。

 上田の中学校の同級生は、「テニス部に所属していた綾乃ちゃんは、あまり目立つタイプではなかった。いつも幼い弟と一緒に散歩をしている、面倒見の良いお姉さんという印象」と振り返るが、その暮らしは苦労ばかりだった。

 先の近隣住民が続ける。

「下の弟さんは綾乃ちゃんより10歳近く年下で、よくうちの子と遊んでいましたけど、どこか陰がありました。家庭も経済的に裕福とは思えず、弟さんに“お昼ご飯食べたの?”と尋ねても、“ううん”と首を振ってトボトボ帰っていく。きょうだい3人で暮らしていたのは、親戚関係が悪かったからだと聞きます」


■大やけどした犬を放置し通報


 上田の実家と同じ横浜市内に住む、父方の従兄は、

「父親同士の仲が悪かったので、あの家とは本当に付き合いがない。綾乃たちがこっちに顔を出すのは亡くなった祖父にお年玉をもらいに来る正月くらい。祖父の相続のときも代理人を立てて進めたほどだからね」

 孤立無援の状態で弟たちを育てた上田。転機が訪れたのは20歳を過ぎた頃だ。

 別の近隣住民が言う。

「あの家に若い男性が出入りするようになって、そのうち表札の苗字が変わったので綾乃ちゃんと入籍したんだな、と。綾乃ちゃんは小動物が好きで、ハムスターやウサギ、犬のコーギーを飼っていました。ただ、その犬が大やけどを負って背中が酷くただれていたことがあってね。土砂降りのなか、庭に放置していたので保健所に通報されたんですよ」

 その後、上田は長男を出産するが、

「綾乃ちゃんは“子どもの心臓が悪いんです”と話していて、実際、何度も救急車を呼んでいました。ある日、綾乃ちゃんの家からお経が聞こえ、線香の匂いが漂ってきたので、ご不幸があったのを知ったんです。その翌年、綾乃ちゃんのお腹が大きくなったんですが、産後すぐに、また線香の匂いがしてね……」(同)


■児相が一時保護したが…


 子どもふたりを亡くした上田は大和市に移り住み、新たなパートナーとの生活を始めた。今度はハリネズミとモモンガを飼い、その写真を知人にも送っている。

 雄大君は12年6月に誕生したが、生後4カ月のときにチアノーゼを起こして救急搬送された。

「第1子と第2子が亡くなっていることを考慮し、一時保護に踏み切りました」

 そう語るのは、地元の児童相談所の所長である。

 雄大君はおよそ2年半後に親元に帰されたものの、弟が不審死を遂げたことで、児相は改めて彼を保護する。さらに児相は施設への入所措置を求めたが、上田は拒絶。横浜家裁への申し立ても却下され、雄大君は18年11月に自宅に戻った。

「雄大君に殴られた痕などはなく、近隣から虐待に関する通告もなかった。内縁の旦那さんもきちんと育児に参加していて、裁判所も承認する決め手に欠けたのだと思います」(同)

 市や児相は当時、上田が「代理ミュンヒハウゼン症候群」である可能性を疑っていた。親が子どもに危害を加える一方、熱心に看病することで周囲から同情と注目を集めようとしたりする精神疾患を指す。


■「過去に似た例がないほど珍しいケース」


「ただ、子どもが亡くなれば“一生懸命な母親を演じる”ことは一時的にしかできない。児相は雄大君が亡くなる4日前にも母親と面談しましたが、問題は見受けられなかった。過去に似た例が思い当たらないほど珍しいケースです」(同)

 冒頭に登場した元勤務先の上司はこう話す。

「上田さんは18年2月から、“旦那さん”と一緒にうちでマンションの清掃や植木の手入れの仕事をしていました。“子どもが3人いたけどみんな2歳まで生きられなかった”と話し、児相の面談に行くのに毎月1、2回は休みを取っていた。“旦那さん”と入籍しなかったのも、姓が変わって子どもが動揺しないよう配慮したからだと思います。“子どものため”が口癖でしたから」

 凶行に及んだのは何のためだったのだろうか――。

「週刊新潮」2022年3月10日号 掲載

関連記事(外部サイト)