終戦後、共産党幹部の釈放運動を開始した在日朝鮮人たち 驚くべき情報網と活動内容とは

終戦後、共産党幹部の釈放運動を開始した在日朝鮮人たち 驚くべき情報網と活動内容とは

GHQ本部となった第一生命ビル

 終戦後しばらくの間、日本人共産主義者たちは徳田球一や志賀義雄ら戦前の大物活動家がどの刑務所に収監されているかを知らなかった。それを突きとめ、いち早く釈放運動に乗り出したのは在日朝鮮人たちである。彼らの情報網と活動が思想犯釈放を実現させるのだ。

 ***

 1945年9月になると、府中刑務所に最初の面会人がやってきた。

「最初に来たのは朝鮮人です。(略)日本人はこわがって、治安維持法でやられた連中でさえこわがってなかなか来ないのです」(山辺健太郎『社会主義運動半生記』岩波新書)

 訪ねてきたのは、朝鮮人共産主義者だった。

「政治犯釈放運動委員会の代理でキン・セイコウとハイ・テツの二氏がわれわれをたずねてきた」(松本一三「出獄前後 十月十日の思ひ出・下」「アカハタ」1946年10月13日)

 この二人の朝鮮人――キン・セイコウは、当時、在日本朝鮮人連盟準備委員会の副委員長で財務部長だった金正洪、そしてハイ・テツは同じ朝鮮人連盟の、後の中央組織部長兼愛国闘士救護委員会財政責任者の裴哲と見られる。

「最初の連絡がついたのは、金さんという一人の朝鮮人の党員だった。従来のように、面会場でなく、直接監房まで入ってきてくれて、附近の農民からわれわれのために特に贈られたという持ちこみのふかしたてのさつまいもをかこんで、一同万歳を叫んだ」(志賀義雄『日本革命運動の群像』合同出版社)


■すぐには釈放されなかった思想犯たち


 9月2日、ミズーリ艦上で帝国政府が降伏文書に調印すると、新聞には米国の占領政策の初期方針「降伏後ニ於ケル米国初期ノ対日方針」が発表された。そこには政治犯の釈放が「政治的理由ニヨリ日本国当局ニヨリ不法ニ監禁セラレ居ル者ハ釈放セラルベシ」と明記されていた。

 しかしながら、徳田球一ら思想犯はすぐには釈放されなかった。共産主義者の椎野悦朗は9月中旬頃には府中刑務所の徳田を訪れ、徳田の部屋に寝泊まりして、予防拘禁所で一緒に生活している。

「徳田は一生懸命、出獄後の運動方針を書いているのだけれども、いっこうに出獄が決まらないのです。徳田らは、所長に何回も即時釈放するよう要求したのですが、ラチがあかず、そこで各自が釈放を求める要求書を書いて司法省に出すことにしたのです」(椎野悦朗「政治犯の釈放と日本共産党の労働運動方針」法政大学大原社会問題研究所編『証言 産別会議の誕生』総合労働研究所)


■マッカーサー宛ての手紙


 椎野は出獄後の共産党の活動方針を議論して一夜を明かすと、徳田より2通の手紙を託された。一通は連合国軍総司令官マッカーサーへの政治犯の即時釈放を求めた手紙、もう一通は収監されていた朝鮮人共産主義者の金天海から金斗鎔に宛てた手紙であった。

「徳田は『それじゃ、ソビエト軍が日本に来ているから連絡へ行ってくれ』と言うのです。マッカーサー宛の政治犯の即時釈放の嘆願書を志賀に英文で書いてもらうから、これをソビエト代表部のデレヴィアンコ中将を通じてマッカーサーに届けてくれ、ということでした」(椎野・同前)

 椎野はやっとの思いで、横浜のソビエト代表部を探し出し、志賀義雄が書いたマッカーサー宛の手紙を受付に渡した。だが3時間も待たされた上に、担当者は、「これはマッカーサー宛になっているから、東京の司令部に行って渡しなさい」と、受け取らない。


■新宿周辺で活動していた朝鮮人


 すごすご東京に戻ってきた椎野は、GHQ本部となった皇居前の第一生命ビルに揚がる星条旗を前に、「果たしてマッカーサーのところに行けるのだろうか?」と自信を失い、作戦を変更する。まずは金斗鎔を探しだし、金天海から彼に宛てた手紙を渡すことにした。

「当時、朝鮮人は新宿周辺で政治犯の釈放や、解放運動に参加するものは集まれ、というようなビラを電柱に張ったりして、活発に運動をしていました。私は、街頭でビラを貼っている人に金斗鎔のことを尋ねたら、たぶん知っているだろうという朝鮮人団体の幹部に案内され、彼の住所がわかりました。金斗鎔は、高田馬場駅近くの散髪屋の二階に、他の朝鮮人と一緒に、いわば梁山泊みたいな生活をしていたのです。私が用件を告げて金天海から金斗鎔宛の手紙を渡したら、彼は大変感激して、早速メシの用意をするやら歓迎されました」(椎野・同前)

 椎野はその後、朝鮮人青年の案内でGHQに赴き、マッカーサー宛の書簡も届けている。


■動き出した在日朝鮮人


 金斗鎔は、戦後の日本共産党の再建に大きな役割を果たした人物である。東京大学を中退し、『在日本朝鮮労働運動は如何に展開すべきか?』(1929年11月)を執筆、工場の日本人と朝鮮人労働者が連帯し、闘争すべきであると訴えた。そして産別労組の組織化と、大日本帝国の朝鮮統治への抵抗にむけ本格的な政治活動を始め、1930年に投獄された。4年後に出獄するが、その後何度も投獄されている。終戦時は転向していたものの、革命の志を変えることはなかった。そして日本の敗戦を機に、「朝鮮の大日本帝国からの完全な独立」と「人民共和国建設」の革命を成し遂げるため、共産党の政治運動の母体として、在日本朝鮮人連盟を組織する決意を固めたのである。

 椎野から朝鮮人指導者・金天海(本名・金鶴儀)の手紙を受け取った金斗鎔は、早速「政治犯釈放運動促進連盟」の活動に着手した。府中刑務所をはじめ、全国の刑務所に拘留されている約3千人の政治犯の釈放を求め、GHQや政府関係機関に陳情し、ビラ配りなどの行動を開始した。

 金斗鎔を委員長とする「政治犯釈放運動促進連盟」は、新宿角筈の朝鮮奨学会のビルに事務局をおいた。現在の住所では新宿区西新宿1-8-1、新宿駅に近く、戦前は朝鮮総督府が所有していた建物である。


■警察署の2階に事務所を開所


 朝鮮奨学会は、朝鮮に進出した野口遵(日窒コンツェルン)の私財500万円を原資に、朝鮮人留学生を支援するため設立された団体で、川岸文三郎陸軍中将が理事長を務めていた。終戦時、学生たちが宿泊をしていた同ビルの1階には、5月末に空襲で建物を焼失した淀橋警察署が入居していた(「警視庁史」)。つまり金斗鎔たちは淀橋警察署の2階で、「在日本朝鮮人連盟結成中央準備委員会」の事務所を開所し、ここを拠点に政治犯釈放運動や日本共産党再建運動を展開するのである。

 9月14日には、学生たちも金斗鎔の下で在日本朝鮮学生同盟(学同)を結成、政治犯釈放運動に参加し、急速に左傾化していった(高峻石『在日朝鮮人革命運動史』柘植書房。民団ホームページ「在日韓国学生運動の歴史」)。


■日本人共産主義者たち


 同じ頃、見渡す限り焼け野原と化した東京で、AFP通信のロベール・ギラン記者ら国際ジャーナリストたちは、徳田たち日本共産党幹部の居場所を探していた。

 占領軍の指令を受け10月15日に撤廃されるまでは、治安維持法が生きていた。朝鮮人共産主義者たちは、特高が解散する前から活動を開始したが、日本人共産主義者たちは取り締まりを恐れ、深く潜伏していた。

 朝鮮人青年の金より「徳田球一が府中刑務所にいる」との情報を入手したプロレタリア歌人の藤原春雄は、8月20日、アポなしで同盟通信社の山崎早市を訪問した。

 藤原はプロレタリア系の短歌会を主宰した左翼文化人で、「銀座三木ビル」を拠点に民主主義青年会議組織活動を行っていた(井上學「1945年10月10日『政治犯釈放』」「三田学会雑誌」慶應義塾経済学会)。

 同盟通信社の山崎らの関心事も、「日本共産党員が現在どこの刑務所に収容されているのか、また誰が、いつ、どこの刑務所で刑期満了となり釈放となったか、釈放された左翼人士は、現在どうしているのか消息を知りたい」(吉田健二「終戦の和平工作と政治犯釈放のころ――山崎早市氏に聞く〈2・完〉」『証言 日本の社会運動』大原社会問題研究所)というものだった。


■芸者置屋をアジトに


 山崎らは、日本共産党の同志だった梨木作次郎弁護士の、三菱21号館の事務所を訪れた。だが梨木も、徳田の居場所を確認できずにいた。その梨木は、

「私らは1945年9月下旬まで、徳田球一さんや志賀義雄さんなど日本共産党の幹部が府中刑務所にいることについて、所在を確認できずにおりました。だが当時、徳田さんたちがどうも府中刑務所にいるらしいという噂があって、これは朝鮮人の間で流れていて、藤原春雄さんがその噂をキャッチして泉盈之進さんに伝えられ、私も承知しておりました」(吉田健二「救援運動の再建と政治犯の釈放〈3・完〉――梨木作次郎氏に聞く」『証言 日本の社会運動』大原社会問題研究所)

 と語っている。

 山崎早市は、銀座裏通りの芸者置屋の2階1室を借り、アジトとして活動をしていた。9月27日、ギランは同盟通信社の安達鶴太郎の案内で山崎のアジトを訪れ、そこでプロレタリア歌人藤原と出会った。

「このゲイシャやまでたどりつき、これらの左翼の人たちとめぐり合うまでのことは、なま易しいことではなかった。私にとって、一番困ったことは、七カ年日本で暮しはしたが、その間、一度も社会主義者や、共産主義者に会ったことがないことだった。そんなことをすれば、すぐに特高につかまってしまったであろう。その次に困ったのは、一九四五年九月『民主主義』のスローガンがマッカーサーによって宣言されはしたが、左翼の連中で姿を現わしたものの数は、まだきわめて少なかったことである。彼らはまだ警察をおそれ、いまだに廃止されていなかった『思想取締』の法律をおそれていた」(ロベール・ギラン「徳球を釈放させたのは私だ」「文藝春秋」1955年10月号)


■「共産党員を処置しないのは危険」


『東久邇日記』(徳間書店)によれば、内閣総理大臣の東久邇稔彦は、9月29日土曜日の午後5時より第一相互ビルで、マッカーサー元帥とサーザーランド中将と会談している。マッカーサー元帥が「ソ連、中国から近く日本人の共産党員が帰って来るはずだが、政府はどうするか」と質問したのに対し、東久邇総理は「私は内閣組織と同時に、共産党員を含む政治犯人を全部釈放することを命じたが、官僚の仕事でぐずぐずして未だに実行されていない。(略)共産党員に対して、なんら特別の処置はとらない。また差別待遇もしない」と答えた。元帥は「それは考えものである」と言い、「また参謀長は、『共産党員を処置しないのは危険ではないか』と言った」という。

 マッカーサー元帥は共産主義者など思想犯釈放には大変慎重であった。


■「人権指令」発令


 ギランが訪れた山崎のアジトでは、どんなやりとりがあったのか。

「藤原春雄が立って、『徳田球一ら日本共産党の幹部十数人が、刑期満了となっても府中刑務所に拘禁されている。面接もはなはだ困難だ。なんとか救出したい。ギラン記者にも協力をお願いしたい』と話をむすび、ギラン記者と握手をした」(吉田・同前―山崎氏証言)

 一同はギランに、徳田たちの釈放への協力を要請したのである。

 彼らの意向を受けてギランは、徳田の居所の糸口をつかむと、同僚のジャック・マルキュース記者(AFP通信極東支配人)、米「ニューズウイーク」誌の東京特派員ハロルド・アイザックス記者に声をかけ、アメリカ占領軍の将校用の軍服を身にまとって10月1日、軍用ジープで府中刑務所に乗り込んだ。ギランによれば、

「『新聞記者だと淵曲げて(ぶちまけて)はいけないよ』と私は友人たちにいった。『公用を持ってきた三人のアメリカ将校のように振舞うんだ』」(ギラン・同前)

 そして一行は、

「ひとつの廊下の端まできて、途方もない大きな閂をかけて閉ざされた、高い入口の前に立った。『これはなんだ』と私たちはどなった。看守はおそれ入って震えていた。『この扉を開け給え』と私たちは命令した」

 中に入ると、

「『僕たちは共産党員だ……僕は徳田だ。僕は徳田だ』朝鮮人の顔をした二人の男が、ベンチの上に立ちあがって、インターナショナルを歌っていた。痩せた顔付きをした、ひとりの囚人が英語で話しかけて来た。『やっと、きてくれましたねえ。何週間も待っていました』それが志賀だった。徳田は私に話しかけて、本当とは思えないような次の言葉をいった」(ギラン・同前)


■いよいよ出獄の時が


 かくしてギランらは共産党幹部との会見に成功した。そのスクープ記事は、世界中を駆け巡り、大きな波紋を広げた。GHQはギランの記事によって政治犯釈放の重要性を認識し、その3日後、方針を転換、釈放のため、日本政府に「人権指令」(政治犯の釈放、治安維持法・特高警察の廃止)を発するのだ。

 ギランはこう書く。

「一九四五年の十月、日本降伏後ほとんど二カ月を経ているのになお多数の共産党員が、かつての特高と憲兵隊とによって投じられた刑務所のなかに引続いて秘密裡に監禁されたまま生存していることを発見したのは私である。(略)その発見の結果として、マッカーサーは、彼らを釈放する命令を与えたのだ。徳田はその時、すでに十八年間、刑務所にいた。私の府中刑務所での冒険がなかったならば、おそらくは、彼らはいまだに、あそこにいたかも知れない」(ギラン・同前)

 10月4日、GHQは人権回復の指令を発令、10月10日10時に府中刑務所より、徳田球一、志賀義雄、そして朝鮮人共産主義者のリーダーで不屈の闘士金天海らの出獄が決定したのだった。日本共産党再建の中心的役割を担う共産党第1世代が府中刑務所からいよいよ出獄の時を迎えるのである。


■帝国政府の混乱


 人権回復の指令がでた10月4日以後、日本人の共産主義者たちにも動きが生まれた。地下のアジトに潜伏していた日本人共産主義者たちの間でも政治犯釈放の運動が10月6日以降、活発になるのだ。弁護士の梨木は、

「内野さんが私の事務所に机を持ち込み、正式に『解放運動犠牲者救援会本部』の看板を掲げたのは10月6日です」(吉田・同前―梨木氏証言)

 と回想する。

 一方、帝国政府は混乱したままだった。10月5日の朝日新聞の記事には、帝国政府が依然、政治犯の釈放には及び腰だった様子が書かれている。10月3日のロイター通信特派員ロバート・リュベンの訪問を受けた山崎巌内務大臣は「さらに共産党員である者については拘禁を続ける」と語り、岩田宙造司法大臣は中国中央通訊社特派員宗徳和の質問に「司法当局として政治犯人の釈放の如きは考慮していない」と答えている。

 だが10月10日、GHQの指示通り、朝鮮人たちの大歓迎を受けて、思想犯が出獄するのである。

(敬称略)

近現代史検証研究会 東郷一馬

「週刊新潮」2022年3月10日号 掲載

関連記事(外部サイト)