元公安警察官は見た ベーブ・ルースと共に来日した天才「大リーガースパイ」の極秘任務

 日本の公安警察は、アメリカのCIAやFBIのように華々しくドラマや映画に登場することもなく、その諜報活動は一般にはほとんど知られていない。警視庁に入庁以後、公安畑を17年勤め、数年前に退職。昨年9月に『警視庁公安部外事課』(光文社)を出版した勝丸円覚氏に、戦前、ベーブ・ルースと共に来日した“大リーガースパイ“について聞いた。

 ***

 戦前、大リーガーの中に、超大物スパイがいたことをご存じだろうか。ボストン・レッドソックスなどに所属したモー・バーグ捕手だ。彼のIQは200を超え、プリンストン大学で法律を専攻していたインテリである。

 1934(昭和9)年11月、ベーブ・ルース率いる大リーグオールスターチームが来日して日米親善野球を行った際、彼も(当時シカゴ・ホワイトソックス)も同行した。全米チームが皇居で天皇・皇后両陛下に拝謁した際、流暢な日本語で天皇陛下と会話したのがモーだった。

 2年前の1932年にも、野球のコーチとして来日している。わずか数カ月滞在しただけだが、この短期間で日本語をマスターしたと言われる。


■聖路加病院の屋上で


「モーは34年、駐日アメリカ外交関係者宛ての手紙を持って日米親善野球のために来日しました。そこにはハル国務長官の署名があり、モーに必要な援助と保護を与えるように書かれていました」

 と語るのは、勝丸氏。

 11月5日から始まった日米親善野球では、初戦から出場したものの、最後はほとんど試合に出なかったという。11月27日、駐日アメリカ大使の娘、ライアンさんが聖路加病院で女児を出産したことを知ると、その2日後、花束を買い聖路加病院へ向かった。この日は大宮球場で試合が行われていた、のにだ。

「受付でグルー大使の娘の友人だと日本語で話し、見舞いに来た旨を伝えています」

 ライアンさんの病室は7階だった。

「モーは病室へは行かず非常口へ向かいました。周りに誰もいないのを確認して非常口のドアを開け、屋上へのぼります。そして携帯していた16ミリカメラを取り出し、シャッターを切ったといいます。面識もないライアンさんのお見舞いを名目に病院へ行き、実際は写真撮影したというわけです」

 モーは、皇居をはじめ、東京湾に浮かぶ軍艦、鉄道などを撮影。都心だけでなく、横浜、千葉、埼玉、武蔵野方面にもカメラを向けた。

「この時撮影した写真は1942年4月18日、日本本土爆撃のために航空母艦ホーネット号から飛び立ったドーリットル中佐が重要な資料として使ったそうです」

 モーは1902年3月2日、ニューヨークで生まれた。父親はユダヤ系ロシア移民だった。高校時代に野球クラブに入り、注目を集めた。一方、語学に対する才能は抜きんでており、プリンストン大学では、ラテン語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ドイツ語と、主要な外国語を喋れるようになったという。

■我々は負ける


 プリンストン大学3年の時、野球チームは19戦全勝をあげ、チーム最高の3割8分6厘を記録した。大学卒業後、ブルックリン・ドジャースに入団した。

「大リーガーのかたわら、米当局の指示でスパイとしても活動しました。野球を辞めた後、彼はCIAの前身であるOSS(戦時業務局)の諜報員になっています」

 第二次世界大戦では、ドノヴァンOSS長官から、ドイツの原爆開発の調査を命じられた。モーは、情報収集のため、時にはドイツ将校に扮して、軍事工場に潜入したこともあったという。

 戦況が不利になったドイツは、重水(比重の大きい水、普通の水は軽水と呼ぶ)から原爆を製造することに望みをかけていた。重水は、ウラニウム原子の核分裂を制御するのに役立つ。当時、重水で世界最大の生産量をあげていたのは、ノルウェーのリューカン工場だった。

 ドイツ軍は1940年以来、ノルウェーを占領していた。重水をベルリンの研究所に送るため、リューカン工場の従業員に強制労働を強いていた。ところがノルウェー人による工場の破壊工作で、重水生産がストップ。ところが、1943年春、生産が再開したとの情報が流れた。

「モーはその年の10月、米軍機でノルウェーに潜入。リューカン工場の重水生産量は以前の半分以上であることを確認し、マンハッタン計画(アメリカの原爆製造計画)の責任者であるグローヴス少将に報告。ただちに米軍がリューカン工場を爆撃し、ドイツは重水生産ができなくなりました」

 さらにモーは、ドイツで原爆生産にかかわっていた博士にも接近した。

「ノーベル物理学受賞者のハイゼンベルグ博士です。彼に接近し、OSSからは場合によっては殺害してもいいという指令を受けていました」

 モーは、ハイゼンベルグがドイツのヘッヒンゲンに居ることを突き止めたが、ナチスが厳重警備を敷いていた。そこで、反ナチスでスイスのチューリッヒ工科大学のシェーラー教授がハイゼンベルグと親しいことを突き止め、今度はシェーラーに近づいたという。

「モーはシェーラー教授に頼んで、ハイゼンベルグに工科大学で講演してほしいと招待状を送らせます。そして1944年12月18日に講演が行われ、モーは学生に扮して講堂の最前列の席に座ったのです」

 講演後、モーはある物理学者と話しているハイゼンベルグに近づいた。モーは、「我々は負けますよ」とハイゼンベルグが言ったのを聞いてほっとしたという。原爆製造に成功していれば、こんな言葉は出てこないからだ。原爆開発はまだそれほど進んでいないと確信したという。

 その夜、シェーラー教授の家でハイゼンベルグを迎え晩餐会が開かれた。そこでもハイゼンベルグはドイツが戦争に勝てるとは思えないと漏らした。その直後、モーは、OSS本部にハイゼンベルグの話を暗号電報で知らせたそうだ。

「モーに関する資料を紐解いていくと、スパイになるべくしてなった男だったことがわかります。IQの高い人はスパイに適しているのです。ソ連のスパイで太平洋戦争中日本で諜報活動を行ったゾルゲをはるかに超えた存在ですよ。ましてや大リーガーであったわけですから、本当に凄い人物ですね」

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)