藤井聡太、A級昇級で名人奪取へ…恩師は「自活してしっかり将棋に取り組んでほしい」

「そんなアホな」――。神戸に住む筆者は、3月10日木曜日の毎日新聞朝刊を見て目を疑った。朝日新聞には「藤井竜王、A級昇級 来期、名人挑戦権争う」と、将棋の藤井聡太五冠(19)の対局結果の記事が大きく出ていた。産経新聞と神戸新聞にも、昇級の記事が出ていた(読売新聞は記事自体が載っていなかった)。【粟野仁雄/ジャーナリスト】

 ***

 名人戦順位戦は現在、毎日新聞と朝日新聞、さらに日本将棋連盟の共催である。ところが、主催社のはずの毎日新聞には、「藤井A級かけ対局」とのタイトルで《最終13回戦が9日午前、東京と大阪の将棋会館で一斉に始まった》などの4段組の記事が出ていただけ。9日の夕刊と間違えたかと思って見直したが、間違いなく10日の朝刊。神戸で見た限りだが、毎日新聞も朝日新聞も産経新聞も、ともに最終版の14版である。藤井の対局は9日の午後11時ごろには終わったが、毎日新聞は印刷が間に合わなかったのだろうか。

 同紙のベテラン観戦記者・山村英樹氏の勝敗結果を含めた記事は、ネット版で間髪入れず配信されている。毎日新聞の知人に訊くと、「大阪では勝負が決した記事が載っている。神戸は印刷所の場所などの関係で間に合わなかったのでは」と話していた。神戸はそんな不便な田舎じゃないんだけど……。ともあれ、1970年代から「名人戦は毎日新聞」と思ってきた古い将棋ファンとしては、やや寂しい気持ちになってしまった。

 将棋の名人戦は、毎日新聞の前身である東京日日新聞が江戸時代からの世襲制名人を廃止した「実力制名人」を提案して始まり、1937年に木村義雄(1905〜1986)が初代の実力制名人となった。対局料や賞金などをめぐり紆余曲折を経て、現在は朝日新聞と将棋連盟が共催として加わった。

■歴代2位の年少記録


 3月9日に千駄ヶ谷の将棋会館で行われた順位戦B級1組の最終リーグ戦で、藤井は佐々木勇気七段(27)を破り、10勝2敗としてA級に昇級した。既に『デイリー新潮』で報じたが、これは最年少記録ではない。最年少記録は加藤一二三九段(82)=引退=の18歳1カ月である。藤井は谷川浩司九段(59)=十七世名人資格=の19歳11カ月を抜いて歴代2位の年少記録となった。

 プロ入り後、C級2組からA級に上がるまで4期という「オール1期抜け」で駆け上がったのは、過去、加藤と中原誠十六世名人(74)=引退=の2人だけ。藤井はB級2組に上がる際に1期ダブり、5期かかった。谷川も5期だ。

 A級経験者やタイトル保持者がひしめき、「鬼の棲家」といわれるB級1組をあっさり1期抜けするのは、タイトルを取ること以上に難しい。リーグ終盤の頃から「A級入りは間違いなし」とは見られていたが、実はきわどかった。

 藤井は9勝2敗で一歩リードしていたが、8勝3敗で争っていた稲葉陽八段(33)と千田翔太七段(27)はともに最終戦に勝った。昇級枠は2人で、残りは序列の関係で稲葉と決まった。もし藤井が破れて9勝3敗で3人が並んだ場合、序列の関係から藤井の昇級はなかったのだ。

 最終戦の相手・佐々木は、かつて藤井のデビュー以来の30連勝を止めた強豪。佐々木の厳しい攻めに1時間半の大長考をする場面もあった藤井は、落ち着いて裁き、最後は「即詰み」に仕留めた。13時間の激戦を制した藤井は、「苦しくしてしまったかなと思って指していた。苦しい戦いだった。何とか昇級できてよかった。来期は(名人への)挑戦争いに絡めるように頑張りたい」と話した。

 これでプロ入り以来の藤井の公式戦の勝敗は265勝52敗で、勝率は8割3分6厘。順位戦に関して言えば、49勝3敗で9割4分2厘と、考えられない勝率である。(3月10日現在)。


■最年少で名人獲得の谷川九段は……


 A級に上がっても、すぐに名人挑戦者になれるほど甘くはない。加藤一二三は最速でA級に駆け上がりながら、名人獲得は42歳だ。現在の名人・渡辺明二冠(37)は、2期連続で挑戦者となった若手の「イケメン棋士」斎藤慎太郎八段(28)の挑戦を受ける。

 仮に藤井が6月からのA級リーグ戦で首位となり、さらに来年夏にどちらかを破って新名人となれば、誕生日の違いから谷川の21歳2カ月を破る最年少記録で「二十歳名人」となる。

 昨年夏に筆者が取材した谷川は、「楽しみでもありますが、もう私の最年少記録はこれしか残っていないので、抜かれたらちょっと寂しい気持ちになるかもしれませんね」と正直に語っていた。今回の昇級については、「藤井さんは現時点で名人であってもおかしくない圧倒的実力を備えている。私の名人とは全く価値が違う」(毎日新聞3月11日付朝刊)と絶賛している。

 新聞の話に戻す。現在、朝日新聞は「藤井聡太竜王」との表記をしている。毎日新聞は「藤井聡太王将」である。藤井が獲得した五冠目の王将の主催が、毎日新聞と系列のスポーツニッポンだからだ。竜王戦を主催する読売新聞や協賛スポンサーが4320万円という最高額の優勝賞金を出したためかは知らないが、いつのまにか「将棋の最高峰は竜王」と称されるようになった。名人の賞金は非公表だが、3000万円強とみられる。

 人それぞれだろうが、筆者は賞金額が最高だからといって「最高峰」とは思わない。「最高峰」はやはり名人だと思っている。竜王戦は、1950年からの九段戦、1962年からの十段戦を引き継いだ形だが、竜王戦と銘打ってからの歴史は浅く、第1回は1987年だ。


■幼少期に学んだ将棋教室の恩師からのメッセージ


 藤井が名人になる日を望んでいるメディアは、毎日新聞以上に朝日新聞かもしれない。「将棋の藤井聡太名人」としたいだろうから。

 今後の藤井だが、ファンにとっては「名人は先の話なので、まずは王座や棋王の獲得で最年少六冠」と行きたいところ。とはいえ、それより前に、棋聖位、王位などの防衛戦がある。六冠を目指すにしても、これらを防衛した上でのこととなる。

 将棋会館は東京と大阪にしかなく、藤井にとって地元での対局はほとんどなかったが、名古屋には会館まではいかないものの対局場が設置される運びだという。若いとはいえ、凄まじい移動を余儀なくされていた藤井の勉強時間が増え、ますます強くなることだろう。一挙一投足、何でもニュースになってしまう異常人気の藤井も7月には20歳になり、これまでの魅力の一つでもあった「初々しさ」も必然、減じられてはゆく。

 子供の頃の藤井少年を指導した「ふみもと子供将棋教室」(愛知県瀬戸市)を主宰する文本力雄さんは、「順位戦は最重要棋戦。万全の準備とすごい気迫で向かってきた佐々木七段の気迫に押されて劣勢にもなったが、よく盛り返した。運もよかった。見ごたえのある将棋でした。とはいえA級は今まで以上に厳しい。二十歳になれば聡太はもう親元で暮らすのではなく、自活してしっかり将棋に取り組んでほしい」とエールを送る。
(一部敬称略)

粟野仁雄(あわの・まさお)
ジャーナリスト。1956年、兵庫県生まれ。大阪大学文学部を卒業。2001年まで共同通信記者。著書に「サハリンに残されて」「警察の犯罪」「検察に、殺される」「ルポ 原発難民」など。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)