貧困家庭育ちの42歳男性 “愛よりカネ”で上司の娘と結婚も、捨てた恋人からの告白にぼう然

貧困家庭育ちの42歳男性 “愛よりカネ”で上司の娘と結婚も、捨てた恋人からの告白にぼう然

なにをやってんだ、オレは。毎日そう思いながら生きているだけだと岳さんは言う

「自分の心に忠実に行動する」のはいいことだと思われているし、実際、そのほうが後悔せずにすむかもしれない。だが、相手のあることなら話は別だ。相手の気持ちを考えずに自分の欲望を優先すると、あとから大変な目にあう可能性は高い。【亀山早苗/フリーライター】

「40にして惑わずなんて嘘ですよね。40代になってからひたすら惑っています」

 そう言って苦笑するのは、若林岳さん(42歳・仮名=以下同)だ。彼は今、広い2LDKのマンションにひとりで暮らしているが、近いうち出ていくつもりだという。こうなったのも、自分の欲を優先させ「バチが当たった」と思っているそうだ。

 彼が結婚を意識したのは29歳のとき。相手は岳さんの勤務先から2軒隣のビルの薬局に勤めていたひとつ年下の彩菜さんだった。腰痛だの頭痛だのと体調不良に見舞われるたび、彼はその薬局で薬を買っていた。医者に行く時間などとれないほど多忙だったからだ。親身になって薬を選んでくれたのが薬剤師の彩菜さん。顔を合わせるうち、彼は彼女を意識するようになった。途中からは薬など必要ないのに薬局に通った。

「この前もこの薬、購入されましたよねと言われて、『どうしてもあなたに会いたくて』とアプローチし、デートにこぎつけました。それからつきあうようになったんですが、見た目がタイプだった上、つきあってみると性格もよくて心から惚れ込みました。結婚しようと言ったら彼女もすぐにうなずいてくれて。彼女とならいい家庭が作れるはずだと感じました。僕はいい家庭を作らなければいけなかったんです」

 彩菜さんが薬剤師というのも結婚の大きな決め手だった。もし自分に何かあっても薬剤師なら食べていくには困らないだろうという計算だ。というのも彼自身、貧困に近い家庭で育ったから。「貧乏は嫌だ」というのが彼のエネルギー源になっていた。

「オヤジがろくでなしの酒飲みでギャンブル依存。おふくろはそんなオヤジと別れることもできず、スナックで働いていました。夜中によく酔って帰ってきてオヤジに殴られていた。だけどそのうちふたりでいちゃいちゃし始める。共依存関係だったんだろうと今はわかりますが、最低の家庭環境だったと思う。オヤジがギャンブルでいないとき、おふくろは家に男を引っ張り込んだりもしていました。それを知ったオヤジがまたおふくろを殴る。殴られたおふくろがオヤジにしがみつき、そうこうしているうちにオヤジがおふくろにまたがる。僕がいる前で始めるわけですよ。ふたりとも人じゃない、動物なんだと思うようにしていました」


■母に対する反感で抱いた「家庭」へのあこがれ


 小学校4年生のとき、父親が交通事故にあった。ケガは足の骨折程度だったのだが、入院して寝ついたのが原因なのか、退院間際に脳溢血を起こして亡くなった。「交通事故と脳溢血との因果関係が証明できず、たいした賠償金は支払われなかった」と母が嘆いていたのを彼は記憶している。岳さんは母とともに、ひとり暮らしをしていた母方の祖母の家に身を寄せた。この祖母がしっかりした人で、幼い岳さんに「あなたはちゃんと大学まで行きなさい。お金はあるところに預けてある。もしおばあちゃんが死んだらここに連絡しなさい。おかあさんには見せてはダメだからね」と封筒を渡されていた。祖母は賠償金を貸金庫に保管し、弁護士に孫の後見人を依頼していたのだ。

「あとから知ったのですが、オヤジは酔ってはいたけどちゃんと青信号で道を渡っていた。そこへ免許取り立ての若者の車が突っ込んできたようです。先方の親が恐縮して自賠責保険プラスアルファを支払ってくれた。窓口になったのは祖母で、自分の娘である僕のおふくろは金があるとどうせ浪費するから僕のためにとっておこうと決めたらしい。祖母は母に賠償金はほとんどないと伝え、それに腹を立てたのか、おふくろはあまり家に帰ってこなくなりました。日常生活は祖母の年金だけだったから、相変わらず貧乏だった。僕が高校に入ったころ、ばあちゃんが亡くなったんです。弁護士に連絡したら200万円ほどのお金があるとわかりました」

 以来、彼はアルバイトをしながら生活し、塾や予備校にも行かずに受験勉強をして現役で有名私大に合格した。だが学生時代もカツカツの生活で、後半は奨学金も借りた。年に数回、母親が顔を見せたが、彼はゆっくり話すこともなかった。祖母に自分を預けたまま帰ってこなくなった母を恨んでもいた。しかも時間があればアルバイトをしなければ暮らしていけないのだ。ようやく人心地ついたのは就職して初めての給料をもらったときだった。

「これでとりあえず生活できる。ホッとしたのもつかのま、僕が就職したことを知ったんでしょう、母親が急に自宅で暮らすからと入り込んできたんです。しかも『生活のめんどう見てよ、息子でしょ』と。今まで親らしいこともしないでなにを言ってるんだとしか思えなかった。それで僕は家を飛び出しました」

 会社の借り上げマンションがあったのでいくばくかの家賃を払いながら、そこで暮らすようになった。母には就職先も携帯電話の番号も知らせていなかったが、家にあった書類からばれ、会社に電話がかかってきたり待ち伏せされたりした。それでも彼が情に引きずられることはなかったという。

「自分で冷たい人間だと思いました。おふくろにはまったく共感も同情もできなかった。それだけに僕は結婚して完璧な家庭を作りたいと思っていたんです」

 そんなとき彩菜さんと知り合ったのだ。彼は結婚を急いた。


■出世欲が選んだ相手


 ところが彩菜さんの家に結婚の挨拶に行くと、親のことを聞かれた。父はすでに亡く、母はひとりで暮らしているが行き来はないと答えると、彩菜さんの両親の顔が曇った。

「実はすでにあなたのことは調査してある。苦労して育ったようだねと彩菜の父親に言われました。それが蔑むような目つきだったのでショックでした。育った家庭は僕が選んだわけではないから、どうしようもない」

 彩菜さんは「両親がなんと言おうと私はあなたと結婚する」と言ってくれたが、彼の気持ちは萎えつつあった。

「そんなとき、勤務先の専務から『私の娘と会ってみないか』と言われたんです。専務は僕が新卒で入ったときに直属の上司としてかわいがってくれた人。その後、出世して専務になったんですが、仕事もできるけど人格者でもあって尊敬していました。彩菜とのことはあきらめていたので、専務の言葉にすがってしまったんです」

 専務の娘と結婚すれば社内でも引き立ててもらえるという計算もあったと、彼は率直に言った。彩菜さんは薬剤師だった、今回は専務の娘。いずれにしても「お金に困るような生活だけは嫌だ」という彼の意図は明白だ。それが決していけないとは思えない。なにを優先させるかは人による。彼の場合は愛情と同じくらい、いや、それ以上に経済的なことが大事だったのだ。

「彩菜に黙って、専務の娘である由紀子と会いました。当時、30歳目前だったのですが、由紀子は2歳年上。専務も早く結婚させたかったんでしょう。ぽっちゃりした愛嬌のある人で、どことなく母性を感じました。オレにはこういう人が合っているのかもしれないと思ったので、3度くらい会って結婚を決めました。そして彩菜には一方的に別れを告げました」

 かつて直属の上司だったころ、岳さんは自分の身上を少し話したことがある。だが結婚をするにあたって、さらに詳細に話した。だからこそいい家庭を作りたいとも熱を込めて言った。義父となる専務は「きみには何の責任もない。これからが大事だ」と言ってくれた。

 その2ヶ月後には結婚することになった。結婚式の直前、彩菜さんからどうしても話したいことがあると言われたが、彼は「もういい」と電話を切った。


■ようやく見つけた「自分の居場所」だったが…


 結婚式には母も呼ばなかった。岳さんの親族側は招待客がない状態。それを考慮して、義父は一般的な結婚式とは違い、席を新郎側、新婦側に分けずアトランダムに作ればいいと提案してくれた。

「堅苦しいのは苦手だから、立食パーティだっていいさと笑っていました。結局、名札もテーブルに置かず、来た人たちが好きな席に座る形式にしました。実際には僕側は学生時代の数人の友人と同僚くらいしかいない。あとは妻側、というより義父の招待客がほとんど。でもその人たちはいずれ僕も仕事でお世話になるかもしれないから、テーブルを回ってお酌したりしました」

 社長ももちろんやってきた。気分屋でワンマンの社長を専務が支えているような会社だったのだが、その日の社長はご機嫌だった。岳さんもここからがんばって出世するぞと心に誓ったという。

「新居も専務が用意してくれました。リビングが20畳もある広い2LDKで、正直言って怖くなりました。そんな広い家に住んだことがなかったから」

 妻の由紀子さんは料理が上手だった。褒めるとうれしそうに笑顔を見せる。読書も好きで、よく読んだ本の話を聞かせてくれた。父親を見ているせいか、「ビジネスマンはこういう本が好きよ」と内容を要約したメモを渡してくれることもあった。そのおかげで彼は相手に認められ、商談を成功させたこともある。

「生活のパートナーであると同時に、由紀子はビジネスパートナーでもありました。さすがは専務の娘と感心するくらいよくできた女性だった。ここが自分の居場所なんだとようやく思える場所ができて、生まれて初めて安心して生活することができたんです」

 だがひとつ問題があった。彼は妻と夜の生活ができなかったのだ。あまりに安心しすぎたせいか、妻に“母”を感じてしまったせいなのかはわからない。ただ、そもそも彼は性的ポテンシャルの高いタイプではないらしい。そこへもってきて「安心できる場所」ができたのだから、私生活においては情熱やアグレッシブな感情が抜け落ちていった。それらは仕事で使い果たしているともいえる。

「このままでは子どもができない。僕の考える完璧な家庭には子どもがいなくてはいけない。でもがんばってもダメで……。由紀子は優しいからそのたびになにも言わずに背中を撫でて抱きしめてくれる。まるで母親みたいに。泌尿器科に行ってバイアグラを処方してもらいましたが、そもそも性的欲求がないからたまにしか役に立たない。焦らないでと由紀子に言われれば言われるほど負い目が強くなっていく」

 子どもができなかったらどうしよう。その不安から逃れるように彼は仕事に没頭した。妻との関係は性的なことを除いてはうまくいっていた。義父はどこまで知っているのかわからなかったが、子どもについて尋ねてくることはなかった。


■突然現れた彩菜さん


 5年ほど前のことだ。会社の受付から客が来ていると連絡があった。

「受付まで行くと、彩菜と彼女の妹がいました。彩菜は男の子の手を引いていた。あわてて会社を出て近くの喫茶店へ行くと、妹と子どもを別の席へ行かせてから、彩菜が『認知してほしいの』といきなり言ったんです。あの子はあなたの子だからと。そんなこと言ってなかったじゃないかと言ったら、『私が話そうとしてもあなたは逃げたでしょ』って。別れを告げたあと、彼女は妊娠に気づいた。僕に言おうとしても連絡がつかない。悩んだけれど産むことにし、実家近くの薬局で働きながら育ててきたと」

 もうじき小学生なのと彩菜さんは言った。盗み見るように子どもの顔を見ると、自分でも「似ている」と感じたという。念のためDNA鑑定をしてもらいたいというと、彩菜さんはもちろんと言った。そのとき彼は、当時、自分が岐路に立っていたこと、選択しなかったほうの道を選んだら、この子と彩菜さんと3人で暮らしていたのだと思い至った。その生活は今より楽しかったかもしれない。

「それよりいきなり別れを言い出されて、妊娠に気づいた彩菜の不安がどれほど大きかったかにすぐ気づきました。申し訳ない。テーブルに頭をこすりつけるようにして謝りました。すると彩菜が『謝罪ってそうやってするものなの?』と言ったんです。『本当に申し訳ないと思っているなら土下座くらいするんじゃないの』と低い声で脅すように言いました。彼女の怒りは言葉にできないくらい大きなものだった、とまた改めて気づいて。土下座しようとしたけど、社内の人間がいるのが見えたんですよ。土下座はできなかった。『わかった。DNA鑑定については、あとで弁護士から連絡してもらうから』と彩菜は言いました。3人が出ていくとき、子どもが僕のほうを振り返ったんです。ああ、息子なんだなと実感した。思わず追いかけていって抱きしめようとしたら、彩菜に手を振り払われました」

 その後、DNA鑑定で父子関係は99パーセント以上と出た。黙って認知したあとで本籍地を移せば、新たな戸籍に認知の記載はついて回らない。そうしようかとも思ったが、それは専務である義父と妻を裏切ることになる。数ヶ月、悩み抜いた末、彼はまず義父に話をしようと決めた。

「話があると言ったら義父行きつけの小料理屋を指定されました。個室に入ると、義父がいきなり『岳くん、長かったけどよくがんばった。おめでとう』って。何の話かわからなくてあたふたしていると、『照れるなよ、きみもおとうさんになるんだから』と。彩菜のことがバレたのかと身の縮むような思いでした。『まだまだ不安定だから、由紀子のこと、頼むよ』というんですよ。どうやら由紀子が妊娠したらしい。だけど僕は由紀子とはしていないはず。バイアグラの力を借りてなんとかできたことはあったかもしれないけど、それがいつのことか僕自身も覚えていないくらいだった」

 義父は「きみの話というのもこのことだろ」と陽気にはしゃいでいる。別の子どもの認知についてとはとても言えなかった。

 帰宅して「お義父さんに聞いたよ」と言うと、由紀子さんは「ほら、2ヶ月前のこの日よ。あなた、ちょっと酔っていて、でも薬飲んでがんばってくれたじゃない」とこちらもはしゃいでいる。そんなはずはないと岳さんは心の中で思った。その週は出張で自宅にはいなかったからだ。仕事なら些細なことも忘れないという自負があった。だが、オレの子じゃないよねとはやはり言えなかった。岳さんは妻や義父に黙って彩菜さんの子の認知をし、本籍地をこっそり現住所に移した。それまで実家のあったところを本籍地にしたままだったのだ。


■「その子はオレの子じゃないんだろ」


 由紀子さんは40歳にして初産となった。流産、早産の危機を乗り越えて難産ながらもようやく産んだのが、これまた男の子。義父母はもとより親戚までもが大喜びしてくれた。自分には似ていないと思った。そして「彩菜の子はこんなふうに歓迎されたのだろうか」と岳さんは気持ちが沈んでいった。

 ちょうどそのころ義父が70歳を迎えて会社を勇退した。取締役だったから定年はないのだが、同い年の社長のワンマンぶりが加速し、ほとほと疲れたようだった。社長は自分のイエスマンを専務に引き上げた。それを機に社内では岳さんへの社長派からの風当たりが強くなった。岳さんは認知してから子どもの養育費を多めに彩菜さんに振り込んでいたのだが、給料の使い道に疑問を抱いた由紀子さんから問い詰められ、とうとう彩菜さんのことを白状してしまう。

「由紀子が泣いて怒ったので、思わず『その子はオレの子じゃないんだろ』と言ってしまいました。由紀子はその日のうちに実家に戻り、義父からはどういうことか説明してほしいと電話がかかってきて……。義父に会ってすべて打ち明けました。そして由紀子が産んだ子とDNA鑑定をしたのですが、なんと僕の子でした。僕が勘違いしていたらしい。ひたすら謝りましたが、他に認知した子がいること、由紀子が浮気したと思い込んだこと、そしてそれらをきちんと言わなかったことを、どうしても許せないと言われました。その結果、僕は広い2LDKでひとり暮らしているわけです」

 この1年、彩菜さんに「やり直そう」とすがりついたこともある。だが彩菜さんからは「産まれたことを歓迎もしてくれなかった人を、父親と呼ばせたくない」と言われた。由紀子さんももちろん「離婚する」の一辺倒。

「あと1ヶ月ほどで会社も辞めます。この先どうするかはまったく考えていません。母は生きているようですが没交渉ですから、今さら実家にも戻りたくない。再就職先を見つけなければと思ってはいます。ただ、今は活動する気力がなくて」

 なにをやってんだ、オレは。毎日そう思いながら生きているだけだと彼は言った。ふたりの女性とふたりの息子を傷つけ、のうのうと生きていたこの10数年をどう反省すればいいのかわからない。彩菜さんと出会う前に戻りたい。彼は絞り出すような声でそう言った。

亀山早苗(かめやま・さなえ)
フリーライター。男女関係、特に不倫について20年以上取材を続け、『不倫の恋で苦しむ男たち』『夫の不倫で苦しむ妻たち』『人はなぜ不倫をするのか』『復讐手帖─愛が狂気に変わるとき─』など著書多数。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)