宮内庁が懸念する「悠仁さまの東大進学プラン」以上の大きな問題とは?

秋篠宮家の悠仁さまに宮内庁が懸念 帝王学をどう身につけるのが何より大事と関係者

記事まとめ

  • 秋篠宮家の悠仁さまはお茶の水附属中を卒業され、筑波大附属高に進学される
  • 悠仁さまの進学を巡る報道には、一連の“小室圭さん問題”が影を落としていたという
  • 悠仁さまは他人と競争する必要ない方のため、国民と競争する道を選ばずとも良いとの声

宮内庁が懸念する「悠仁さまの東大進学プラン」以上の大きな問題とは?

■批判が出てくるのも致し方ない


 3月17日にお茶の水附属中を卒業され、4月から筑波大附属高(筑附高)に進学される秋篠宮家の長男・悠仁さま(15)。悠仁さまの成績についてはかねて様々に取り沙汰され、気の早い話ではあるが、すでに大学進学にまつわる懸念を宮内庁内で口にする者もいるという。しかし、それ以上に本質的な問題も浮上しているという。どういったものなのか。

 お茶の水女子大と筑波大は2016年9月に協定を結び、それぞれの附属小・中学校の生徒が一般入試とは別に進学できる制度を設けた。これが提携校制度と呼ばれるものだ。

 この制度を利用するにあたっては、「学業に秀でていること」と「第1志望であること」が条件となっている。

「提携校制度は悠仁さまが小学5年生の時に導入され、5年間の時限措置とされたことから、ちょうど高校入学までの時期をカバーしており、悠仁さまのための制度ではないかと物議を醸し続けてきました。制度の中身が不透明なだけに、“そのような批判が出てくるのも致し方ないのでは”という声が宮内庁内からも多いですね」

 と、宮内庁担当記者。


■一大プロジェクト


 この記者が続ける。

「この制度を利用した生徒はこれまで若干数いたようなので、悠仁さまのためのものだという指摘は当たらないのかもしれません。ただ、二つの条件を満たしているかどうかについてはなかなか判然としません。

 もっとも、たとえそうであっても、そうでなかったとしても、将来の天皇陛下である悠仁さまの進学というのは国家の一大プロジェクトであることに違いありません。だから学校側と宮内庁、そして秋篠宮家が連携したうえで、“そのように特別扱いをしています。当然のことです”くらい、堂々と言える状況になっているのが望ましかったたのかもしれませんが……」(同)

 要するに、そのように言える状況にはなかったというわけだが、そこには一連の「小室問題」が影を落としていたという。

■タイミングが悪かったのは


 先の記者によると、

小室圭さんと眞子さんとの結婚に際して露見した問題は皇室の品格に関わるレベルでもあり、皇室特権などといった物騒な言葉が用いられ、秋篠宮家は非難の矢面に立たされることになってしまいました。そういった批判的な声の影響が尾を引いているのは間違いないでしょう」

 国民全員が意見を同じくするという状況はあり得ないが、秋篠宮家に対して批判的な意見を持つ国民がもっと少ない状況なら、今回の筑附高入学に関してもここまで物議を醸すことはなかっただろうというわけだ。

「加えてタイミングが悪かったのは、合格発表の日に悠仁さまが佳作を受賞されたノンフィクション文学賞での作文で、盗用疑惑が報じられたことでした。宮内庁側は事実を認め、参考文献の記載が不十分だということで幕引きを図りましたが、後味の悪さが残ったのは事実です」(同)

 この作文はお茶の水附属中2年生時の課題でもあった。佳作を受賞したのだから、提携校制度利用の条件である「学業に秀でていること」の中に、この時のポイントが算入されていたとしても不思議ではないのかもしれない。

■受験システムに取り込まれて


 社会部デスクは、

「筑附高入学にせよ、3年後の東大進学プランにしろ、受験戦争と呼ぶほどではないかもしれませんが、日本の受験システムに取り込まれてしまっているように感じます。ここから勉学に励まれて学びたい分野のある大学へ進学を果たすのならそれはそれで立派だと思います。ただ、そもそも他人と競争する必要がない方なのですから、敢えて一般の国民と競争する道を選ばずとも良いのではないかといった声は宮内庁内で根強くありますね」

 と話し、こう続ける。

「関係者が口をそろえて言うのは、“大学の受験勉強で足を引っ張られるようなことがあってはならない。何よりも大事なのは、将来を見据えた教育、帝王学をどう身につけるのか”ということでした」

 帝王学とひとことで言っても内容は多岐にわたっており、上皇陛下や天皇陛下から直接学ぶことはもちろん、時代に即した皇室像を展望することも必要になってくるだろう。

 言えることは、いわゆる偏差値秀才を目指す必要はない、ということだろうか。宮内庁内からは「時間は限られている」との声もあがっているという。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)